インフルエンザに囚われたラノベ作家のパパを助けに

御社 欅

第四章 出発

狩の館から出発した一行は、まず王様を城にお送りした。

そして、「頼んだぞ。」

という王様の言葉を背に受け城門の外へと旅立った。

街道は、やがて終わり、そこからは先は道が無かった。

一面の草原が、どこまでも広がっている。

馬車から、馬を外し、馬に鞍をつけ荷物を乗せ換え、二匹のコボルトも一頭の馬に乗せた。

私も、馬に跨った。

「ご武運を!」

セバスチャンが、胸に握った拳を当て、立ち姿の敬礼の姿勢のまま、皆を見送った。

この後、セバスチャンは馬車と馬一頭を連れて城に帰るのだ。

セバスチャンが見えなくなると、先頭のエバンズは、馬のスピードを上げた。

走る。走る。

風が耳元でビュンビュン音を立てる。

途中、巨大植物や恐竜並みにでかいオオトカゲが、行く手を阻む。

魔法と剣を駆使し、それらを打ちはらい、先に進む。

「でも、あまり強い敵、いないね。」

この三人が強すぎるという事もあるが、あまりピンチに陥ることが無い。

二匹のコボルトも、小柄なわりに良い動きをしている。

主に相手の撹乱だが。

エバンズが説明する。

「本当に強い、意志を持った者達は、皆、ウィルスとの戦いに参戦しています。この世の良きものも、悪しきものも。」

「そうなんだ。」

「征服する世界が無くなってしまっては、世界征服も出来ませんからね。」

「そうだねえ。」

でも、やっぱり、悪しきものは世界征服したいのね。

パパらしいと思い、くすっと笑った。

「何か嫌なものが、近づいてくる。」

サラが、眉をひそめて呟く。

私にもわかる。

それは、今までのような、危ないというより、もっとおぞましいというのが相応しいもの。

そして、それは現れた。

黒い球体に赤い目が輝き、空中から、こちらを見下ろしている。

しかも、それが100体ほど。

「あれは?」

「ウィルスの斥候でしょうね。」

「え、こんなとこにも、いるの?」

「あの程度の規模なら、もう、どこにいても遭遇する可能性はあります。」とエバンズ。

黒い球体は、ジロジロと五騎に視線を這わせると、急に全体が螺旋状に回転を始めた。

風が起こる。竜巻のようだ。

周りの草が舞いあがる。

「あれは、何?」

風の鎧を纏った所です。

これで、魔法は通りにくくなりました。

剣も迂闊に斬り込むと弾き飛ばされます。

「えーじゃあ、どうすれば。」

「われわれが、キッカケを作ります。あかりさんは、そこに、焔と水の魔法を叩き込んで下さい。」

「サラ、ロドリゴ、行くぞ。」

エバンズが、声をかける。

「下がって!」

サラが叫ぶ。

馬に乗っていて急には、下がれない。

出来るだけ後方に、馬から飛び降りる。

その瞬間、黒曜石の鏃を大きくしたような、先の尖った石のようなものが、黒い球体の方から飛んできた。

エバンズが、身を翻し私の前に立ち剣で、それを叩き落とす。

ロドリゴは、地面に仁王立ちになり、淡々とそれを盾で防いでいた。

サラは?

彼女は、馬のところにいない。

見上げると、空中に逃れたサラは、既に詠唱を始めていた。

「風の精霊、ガ・オーよ、我の前に現れ、ヤ・オー・ガーを開放されんことを、風を凍らせ、時を止めんことを。ここに、乞い願う。」

サラの前に灰色の空間が現れる。

冷気が急速にそこに集まってゆく。

大きな白い熊のような光の印章がその灰色の空間に浮き出て、そこから、黒い球体が作る竜巻に向かって冷気が放たれる。

冷気が竜巻を包み込み、湖を凍らせるようにビシっビシッと音を立てて、凍らせてゆく。

エバンズが、背中に背負っていた大刀を引き抜くと、上空へ飛び上がった。

「一刀両断」

体全体を使って振り上げた大剣が、その柱のてっぺんから付け根まで一気に振り下ろされる。

ロドリゴは、間髪入れず、氷柱に駆けつけると、エバンズが作った凍った柱の隙間に手をいれ、力を込める。

「うおおおおおお。」

なんだ、ちゃんと大きな声も出せるんだ。

サラが口を挟む。

「あかり、今よ。」

「うん、わかった」

「バースト、タイダルウエーブ」

焔が、氷柱に隙間から入り込み中で大爆発。

オレンジ色の光があたり照らす。

怒涛の水が、全てを包み込み、
そして、流し去る。

後には、湿った草原が残るだけ。

やっぱり、この三人半端無く強い。

なのに、私の助けがいるわけ?

多分、最後の魔法も、私が唱えなくても、この程度の効果なら、サラは、自分でカバー出来ていたに違いない。

私の魔法レベルを上げるために、敢えて私に撃たせた気がする。

「あの斥候程度の規模であれば、私達でも充分に対応出来るのですが。」

エバンズが、納得出来なさそうにしていた私を見ながら、話しかける。

「本体は、あまりに...」

その先の言葉が続かなかった。普段、冗舌なエバンズなのに。

今回のこちらの犠牲は、敵の攻撃を避けられなかったコボルト二匹と馬五頭。

蘇生、回復呪文をしっかりかけて、元気になってもらい、出発することにする。

そう言えば、私たちどこに向かっているの?

「もう着きますが、ペガサスの村です。」

馬をまた、走らせる。少し走ると何か見えてきた。

その何かは、緑のもさもさになり、はるか遠くに見えていた緑のもさもさは、森となった。

「インフルエンザに囚われたラノベ作家のパパを助けに」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く