死んだら神になりました

叉龍

81-戦術

「こちらドラッヘ01。敵部隊は壊滅したと判断する。
これより残敵掃討を行う。ホルン大隊は別名あるまで待機せよ」

『ホルン01了解。待機する』

砲弾を撃つこと数分。あらかた数は減らせたであろうというタイミングで砲撃をやめさせ、残敵掃討に移る。

「大隊続け! 残敵掃討に移行する!」

たった9人の大隊と30人×2で二個大隊。
計69名を率いて地上に突撃する。対地攻撃は爆裂術式を撃ちこむのと単純に擲弾を落とすのの二つを組み合わせてやっている。

「右上方より敵飛行部隊接近! ワイバーン18!」

「ドラッヘ大隊迎撃! 爆裂術式用意! 距離300までひきつけろ」

ワイバーンごとき敵ではない。こちらには分間650発の爆発する弾がある。
近接信管だから近づくこともままならないだろう。

「距離300! 撃ち方初め!」

たかが18体9丁の銃を横なぎに撃てば爆発と実弾で撃ち落とせる。
弾が直撃したものは体が吹き飛び、運よく直撃を免れたものは爆風で翼をもがれ落ちて行った。

「敵影なし。地上掃討任務に復帰する」

18体を撃墜し、敵に後続がいないことを確認した後敵の残党狩りを始める。
砲撃によりだいぶ吹き飛んだがここは森林地帯。まだまだ木が残っていて上空からの攻撃に限界を感じていた。

「ゲリラ戦に入ったか。残念ながら上空にいる俺たちには攻撃できないがな。
しかしまあ…木が邪魔だな。爆撃支援でも要請するか」

ここであまり時間をかけたくはないため早々に爆撃を要請する。
さっきから倒した敵の数がやけに少ない。普通に考えればとても多いが元の数を考えると半分いったか行っていないかくらいだ。
オークの指揮官クラスはやったと思うがそれでも妙に統制が取れた動きをしている。指揮官が別にいるか、もしくは軍隊のような階級と指揮系統が成り立っているかだな。
ここの魔物の知能は高いな。そのうち会話ができたりとか魔物の国とかでも出来上がるのかと思うほどだ。

『ヘルン01よりドラッヘ01! 両翼に敵集団発見! 至急援護を!』

やはり別働隊がいた。今は正面に全力投入していたため側面はあいている。

「ドラッヘ01了解。ティーガーは右側面、パンターは左側面に展開し敵を殲滅!
ドラッヘ大隊は正面の前線維持!」

もっとも広い正面の前線をたった9人で維持するのはどうかと思うが、森から出てきた敵を撃つだけなのだ。
さらにこちらは見通しのいい上空。意外と楽だと思う。
それにしても奇襲までするとは。何ともまあ知能の高いことで。
まあいくら知能が高かろうと、2次元の戦略では3次元空間にいて3次元の戦略を使う俺たちに勝つことはできない。

「ドラッヘ01よりホルン01。貴隊はティーガー大隊を支援せよ」

さっさと殲滅して敵を一掃したいのでパンター側にも空軍による支援を要請する。
さて、こっちは適当に爆破しつつ出てくる敵を撃てばいいからのんびりやって行こう。
今回のような森林での戦闘だとやはりある程度の人数が必要になってくる。
空軍は必要。初めは戦闘機部隊がメインになってくるから
輸送手段は基本なし。今後増やしていく兵科は歩兵だから移動がきついな。輸送機を作って送るにしても基地はここだけしかないしな。
航空科でヘリを飛ばしてもいいけどそうすると配属先が空軍、航空科、歩兵と三つになるからな。
まあ仕方なしか。人員とその輸送は釣り合っていたほうがいいわけだしな。
よし、空軍はだいたい三分の一。残りのだいたい15分の一くらいを航空科。残りを歩兵にしよう。
そうすればちょうど輸送機との割合もいいだろう。

「前方ワイバーン10」

「焼き払え!」

巨神へ――じゃなくて航空歩兵の火力はとても高い。戦車砲にも匹敵するレベルだ。
障壁も訓練すれば相当な防御力になるしな。空中の戦車といったところか。
それでも航空歩兵は人数が絞られてくるので地上の戦車兵はなくさないのだが。
戦車兵はしばらくの間は航空歩兵で補う。敵の上陸予想地点は確か山地のほうだったっけな。
山地では戦車は運用しづらい。
陣地防衛ならばトーチカに歩兵を置いておいたり、機動防御ならば航空歩兵を投入すればいい。
現時点では戦車は必要ないということだ。
歩兵たちを臨時採用するためにもギルドで兵士募集をしたり、王都だけではなく町はずれの村にも回って募集をしよう。特に街外れでは魔法や剣術ができず騎士団に入ることができなかったりして村に戻っている人とかいるだろうし。冒険者は自由がいいという人もいるのでちょっと微妙だけどなりたての新人とかだったら希望はある。
とにかく募集規模と訓練内容を決めて、航空歩兵選抜の基準などの見直しもやっておくか。
今から始めればまあ一年近くはあるだろうし、来年の訓練内容もまあ立てれるだろう。
なんにせよ、兵員の募集・育成を急がなければ


ゴールデンウィークですね。
え?  ゴールデンウィーク中なにやるかって?
斧振って薪割ってます…
ええ、遊ぶ友達なんていませんよ…(ただしボッチとは言わない)
あ、明日も投稿します。

それでは次回も楽しみに。

「死んだら神になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く