死んだら神になりました

叉龍

77-支援

斥候の任務をコウに任せてレリックのもとへ向かう。

「レリック。状況は」

「ああ。すごいことになってる。見ろよ」

そう言って集落のほうを指す。
圧倒的だった。堀と柵で敵の進行を阻み、魔法でゴブリンを焼き払う。

「あいつらなにもんなんだ…」

「見ろよロードのお出ましだぜ」

剣で武装したゴブリンロードが出てきた。
いかにロードとはいえあの規模の魔法では焼き払われてしまうだろう。

「おい…おい待てあいつ…何をする気だ?」

「嘘だろ...おいおいおいおい!」

「「な、投げたぁぁぁぁ!?」」

初めて見た…ゴブリンロードがゴブリンたちを柵の内側に投げ込んでいる。
剣を持ったゴブリンソルジャーも何も持たないノーマルなゴブリンもとにかく手当たり次第に投げている。
対する集落側は一人一人が強力だが数が少なく、敵の物量に押され始めている。
まるでドイツと連合…

「まあでも…ある程度は対処できているな…」

集落側は集落側で陣形を組み替えたりなど対策をとってある程度は対処していた。
しかしそれでも物量には勝てない。マジで現代戦は物量だ…これは現代戦ではないな。
なら数の暴力といったところか?

「レリック。キングが出てきたぞ。まさかロードを投げる気か」

「まあさすがにそれはな――」

とっさに口をふさいだ。
言いやがった…

「お前それ完全にフラグだろ!」

「言い切ってないからノーカンってことで――」

ソシテ目の前ではロードが空を飛んでいた。

「フラグ回収…こっちに来なくてよかったな…」

あっバカこいつまたフラグ――

「フラグ回収がぁぁぁ!」

「迎撃! 爆裂射撃撃て!」

空中に投げられたゴブリンロードがなぜかこっちに飛んできた。
なぜかは知らない。うん絶対にフラグとかそんなんじゃないからな。

「危なかった…爆裂射撃機能をつけておいて正解だったな…」

「そうだな…っと。さすがにロードには対応しきれていないようだ」

「加勢に行くか? ジンなら速攻だろ?」

「まあ魔石も回収しておきたいし加勢するか。
それにあの人たちがなに者なのかも気になるしな。
中にいる敵を殲滅するぞ。俺はロードを。レリックは爆裂射撃でゴブリンの集団を狩ってくれ」

「了解」

「さっさと終わらせるぞ。っと、その前にHQに連絡だ。
ここに来るよう伝えとけ」

「そんくらい自分でやれよ…」

「さーてお仕事お仕事」

こういうのは適当にごまかして押し付けるのが一番いいのだ。
現に今、集落でゴブリンロードが暴れまわっているから早急な対応が必要なのだ。
よってロード討伐を優先すべし。以上。

「さて。狙撃を開始するか…距離およそ800。近いな…けど89式だと無理があるか…」

敵との距離は800m。しかし89式の有効射程は500mほど。全然足りない。
悩むことはない。狙撃…やめよう。うん、俺の身体能力ならMGと89式を同時に扱えるだろうし、89式だけでも十分に殲滅できるだろう。

「レリック、こっからだと届かないから突っ込むぞ。
適当に暴れまくるぞ」

「は!? 何言ってんだよ」

「俺たちは航空歩兵だぞ?
空からの強襲を主にする最強の歩兵だぞ?
アーマーなしでも飛べるだろう」

「…当たり前だ」

「さあ、行くぞ!」

いざ突撃! まあ上空からのロングレンジだけど。

「距離400! 撃て!」

最初の予定通り俺はロードを、レリックがゴブリンを攻撃し始める。

「中のロードを殲滅――」

「追加投入だな…」

「中を頼んだ。キングやってくる」

「了解」

中に投げ込まれていたゴブリンロードを殲滅したと思ったら新しい新鮮なゴブリンロードが投げ込まれた。
キングのゴブリン砲弾が放たれてどんどん敵が増してゆく。
敵の指揮官を優先してつぶすのは戦争において常識。
俺はそんなことも忘れていた。
早くキングをつぶせば中は殲滅すればいいし、外も士気が落ちる。

「こんにちはキングさん。
そしてさようなら」

一瞬で目の前にでて、何か叫ぼうとしていたが叫ぶ前に狩ってやった。

「敵将打ち取ったり!」

そして上空でキングの首を掲げてやった。
ついでにMGの全力射。
しかも爆裂射撃だからそこらじゅう爆炎だらけだ。
もう地面が煙で真っ黒に染まっている。

「レリック! 中の掃討は終わったか」

「終わった! あと少しで援軍も来る!」

「了解! 一体も逃すな! 殲滅だ」

逃げたゴブリンがいつ徒党を組んで奇襲してくるかわからない。
ゴブリンはかなり執念深いし狡猾だ。
殲滅したほうが安全だ。一個大隊規模の殲滅は相当めんどくさいけど。
このまま上空からMGの全力射でもいいがMGの銃身が焼け付きそうだから89式でコツコツやってくか。

「夜の襲撃よりはまだましだがこれも相当大変だな」

今は銃剣突撃と射撃を繰り返し、ついでに取ってきた魔石で弾丸を補填している。
結構…かなり…相当めんどくさい。一応攻撃魔法を禁止してやっているけど時間がかかるようであれば広範囲殲滅魔法。戦略魔法とも呼ばれる規模でやるのもいいな。ちなみに広範囲殲滅魔法は広島に落された原爆並で、天災級がの魔法ほとんどだ。戦略魔法はそれだけで小国ならば一国をつぶせるといわれている。まあ全部神級以上なので使われたことはあまりない。ゼロとは言わない

『こちらHQ。指定地点に到達』

どうやら援軍が来たようだ


とても悲しい出来事がありました。
スマホを親に1週間取られてました(´;ω;`)
金曜日に取られて、月曜日に返すと言われました(´;ω;`)
そしたら月曜日、火曜日に会社に忘れたと言われました(´;ω;`)
水曜日、木曜日は仕事なしだったようです(´;ω;`)
木曜日にクラス会の通達があったようです。ええ、自分知りませんでしたよ(´;ω;`)
以上報告終了(愚痴とも言う。すみませんでした)

それでは次回も楽しみに

「死んだら神になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ヒナキ

    ご愁傷さまです

    1
コメントを書く