死んだら神になりました

叉龍

60-皇都

『現在第4砦上空。まもなく囮部隊消滅地点』

「時間短縮だ。絨毯爆撃用意!砦ごと粉砕する!皇都まで進めるぞ!」

現在俺達はトランスポーターⅡに乗っている。
編隊はトランスポーターⅡが3機、戦闘ヘリ2機、百式が6機、直援の零戦8機の計19機の編成になっている。トランスポーターⅡには、第一、二中隊、特戦隊の3個中隊。百式のうち一機は第3中隊が乗っている。その他は爆撃用だ。
ちなみに戦闘機は全てジェットにしてある。

「作戦開始!」

俺達の乗るトランスポーターⅡ3機と第3中隊の乗る百式、戦闘ヘリが上昇して行き、戦闘機は爆撃を開始する。
降下部隊は速度も上げて皇都へ向かう。

『第五砦壊滅!』

『第六砦壊滅確認!』

『第七砦壊滅確認!』

『第八砦に生存者確認!
十名以下の模様!』

戦果確認に向かった零戦から報告が続く。

『了解。次の観測地点へ向かえ。残党は放っとくぞ』

『了解! 第九砦へ向かいます!』

第八砦が10人以下か…まあ目視圏外からの攻撃を想定していないからそうなるかなぁ

『第3中隊降下用意』

窓の外を見ると第3中隊の乗る百式がどんどんと降下していく

『10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、降下開始!』

もう雲の下に行っていてわからないが、今頃パラシュートを開いて落下中だろう。

『報告!  第九砦及び第十砦にて、爆撃の爆発とは思えない大規模な爆発を確認!』

戦果確認に向かった零戦から、異常を伝える報告がある

『魔力反応がなかったので魔法によるものではありません』

大規模な爆発…火薬庫に誘爆?
しかし、ここには大砲の技術すらも無いはずだが…

『降下地点に到達!』

皇都上空。俺達はここから降下し、皇都を占領する。それが任務だ。

『降下開始!』

曇天。今にも雨の降りそうな雲が眼下にある。その分厚い雲の層を突き破って第3中隊の百式が上がってくる。爆弾を装填しながら百式の編隊の方へ戻っていく。
ゴオオオオという風の流れる音と近づく雲の壁。黒っぽい塊がパラパラと雲に突っ込んでいく。

雲の中。視界不良。しかし航空機の存在しないこの世界の空ではどうでもいい。

雲を抜ける。

『陣形を取れ!  勧告を行う!』

「我々はスーデリア王国黒竜騎士団!
皇都は完全に包囲した!
最後の通告だ、降伏せよ!」

…反応無しか…突然上空に人が現れて叫んでいたら慌てるだろうなぁ

『総員攻城戦用意!   第3中隊!  目標、皇城!  撃てェ!』

『弾着3秒前!  2!  1!  今!』

【ドォォォォン】

『命中!』

6発の榴弾が爆発する。
城の脆い天井部分を吹っ飛ばす。

『第二射!  弾着!』

【ドォォォォン】

次は天井から侵入した弾が内部で爆発する。

『突入!』

天井に空いた穴から一気に侵入していく。

「各隊散開!  皇帝、皇妃、皇太子、皇女!  皇族は逃すな!」

俺の班はまっすぐ皇室へ向かう。
俺の班が隣合う皇帝と皇妃の部屋、中隊長の2人の班が皇太子と皇女の部屋へ向かう。

「誰も…いない?」

皇室には誰もいなかった。
いや、それどころか道中も敵がいなかった。使用人すらも…

…魔力反応?

「障壁展開!!」

直後、爆発。後ろにいるコウとレリックにも被せて展開した。

今の魔力反応は小さな爆発の術式。しかし規模が段違い。加えてこの匂い…

『報告!  第十砦が、第九砦と同じように爆発を!』

異常な規模の爆発。魔力反応はなし。隠蔽術式?  いや…この匂いは…

「まさか…火薬!?」

それならば第九砦の爆発も火薬庫への誘爆。敵は…科学者か…

ファンタジーの世界だからそんなものは存在しないと信じきっていたか…確かにここは地球で言うならば中世のヨーロッパ火縄銃も元はヨーロッパの技術から。
いつ現れても不思議ではないか…

「はっ、おい!  例の兵器は!?」

『誰か例の兵器らしきものは!?』

『ありません!』

『こちらにも!』

『ありません!』

色々な無線からないという返答が来る。

『こちらもありませ…なっ北方の山脈!
迫撃砲のようなものが複数・・こちらを向いて!
高魔力反応!  この反応…おそらく例の!』

「障壁!」

すかさず俺は障壁を展開し、皇都全域を守る。直後、これまでにないほどの衝撃。咄嗟だったからあまりいい質の障壁ではないから不安だ。

障害物のない北方の山脈。さらに複数が連続して撃ってくる。
くそっ、慢心だった!  敵は1個じゃないんだ!

砲撃も魔法による遠距離攻撃も俺の貼っている障壁に阻まれる。障壁をとけば敵の攻撃が命中する。
くそっ!  どうする…


話が早いとよく言われるけどどうしても早くなってしまう…まあこのペースでもこのあとの展開まだまだありますけどね…最終手段は閑話を大量にぶち込む。しかし閑話も普通に出したい!
つまり最終手段では無いと…
まあ100話位までは普通に行けそうです。
本当に最終手段は宇宙戦争やればいいですよね、できればしたくないけど…

それでは次回も楽しみに

「死んだら神になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く