死んだら神になりました

叉龍

47-三面六臂(笑)

「隠密行動を開始する。俺、コウ、レリックの三人が開門をする。
あとは狼煙に合わせ、上のゴブリンを撹乱させてくれ」

「了解」

そして潜入方法はというと、そこにかなりしなる木がある。結構曲がる。そして元に戻る力、弾性力がある。
その木は何本かあり、そのすべてが近くの別の木や岩に縄でむすばれていてかなりまがっている。
つまりだ、人間を跳ね飛ばすということだ。ちゃんと全員隠密はできるから奇襲にはもってこいだ。

【ヒュン!ヒュン!】

ヒュンヒュンと音を立てながらコウとレリックが要塞の中に入っていく。さて、俺も

【ヒュン】

「ヒョォォォ!楽しいぜぇ!よっと」

二人ともついていた

「作戦開始だ」

俺らは乗っていた屋根から石の床に…土?しかもここは…農村?この反応は!

「まずい!レリック!撹乱隊に連絡!今すぐ突入させろ!コウ!突入の指揮をとれ!そしてここの将は、『人間』だ!こいつらは登録されていない従魔だ、遠慮せず行動しろ!」

「「了解!」」

ものすごいスピードで去って行った。
さて、こっちは対人戦だ。しかし、なぜこんなことが。

聴力強化
サーチ
遠視

人間は1人…
なんだ?指示を出して…
ゴブリン将軍ジェネラルゴブリン!?

「ウオオオオオ!」

【カンカンカンカン!】

よし、攻めてきた。上も順調か…

グラビティ、引

要塞のを重力で引き込んで破壊した。恐らく門には罠があるだろう。外のゴブリンは紐を使って降りてきていたからだ。

「殴り込み隊!突入!」

「残りは壁外を制圧!」

始まった。

「刺突隊形!全てを粉砕せよ!」

ここの建物は簡素な木と藁を組み合わせたもので、簡単に壊れる。

「3人組で散開!コウ、こっちについてきてくれ!オルクスさんは指揮を!」

「「了解!」」

「よし、コウ、相手はジェネラルゴブリンと人間だ!中央の家だ」

「人間? 何故だ?」

そんなん知らんがな
配置としては、ハイゴブリン2体が戸の左右に、ゴブリンナイト、アーチャーが屋根に潜んでいる。
しかし俺たちには関係ない。

「コウ、ジェネラルとナイト、アーチャーをやれ。
あとは俺がやる」

「もうちょい獲物回せよなぁー」

「ジェネラルがいるだろ」

「しゃあねえなぁ…」

「行くぞ、『突風』!」

俺は風を生みだし粗末な木と藁の家を吹き飛ばした。

「なんだ!?おい!どうなってる!見張りはどこいった!」

俺が小屋に真空の層をまとわせて置いたから外の音が聞こえないでいたからこうなっている。

「貴様らかぁ!ガキがァ!」

たいそうご立腹なようだ。

「おいおいジン、こいつは――」

「ドブル、盗賊、従魔術師。なるほど、そういうことか。」

ドブルは盗賊で従魔術師だが、剣術もかなりうまい。
ゴブリンジェネラルを剣術で圧倒して従魔にしたんだろう。
ここ最近のウルフ討伐の失敗はこいつが要因か。

「ドブル、お前は今指名手配されている。
そしてお前の目的はゴブリン軍の王都侵略。
違うか?」

「ガキがよくわかったな」

「じゃあ、今日の依頼はお前の逮捕とここの完全破壊でいいかな。
行くぞ!」

「やってみろよ、複合オーガ!」

「オォォォォ!」

一言目、きもい
二言目、キチガイ?
三言目、足多くね?
ケルベロスのようについている3つの頭に
6本の腕…三面六臂…阿修羅像か!
ついでにいうと足4本

「なあ…これお前が作ったの?
なんつーか…その…とてもユニークな発想をしてますね」

相手に不快感を与えることなくきもいということを発する技、『ユニーク』!(言葉)注意、個人差アリ

「どういうことだ?まあいい。見よこれを!決して力負けしない太い6本の腕!死角を無くす3つの首!決して倒れることのない4本の足!これこそが!最強だ!」

その分重くなるけどな。

「行け!複合オーガ!邪魔者を排除せよ!」

「オォォォォ!」

ここであのオーガのやろうとすることを説明しよう。
それは簡単、あの手で殴るだけ
しかしそうはいかない。ついでに俺は何もしない。

「オォォォォオ?」

「な、どうしたというのだ!さっさとやれ!」

動かないのは腕があまり動かせないのだ!
腕の根元でぶつかり合い、腕が振れない。
今日が初出勤だったんだろうな。
そして次は突進。しかしそれも

【ズドォォォン】

ぶっ倒れた。重さに耐えられなかったのだ

「何故だァァァ、私の、私の傑作がァァァァ」

「はい、じゃあ大人しく捕まって」

こうして俺は、倒れている複合オーガを処理して、ドブルを捉えたのだった…つまらない…



今回も読んで下さりありがとうございます!
皆さんゲームをよくやりますか?僕はWorld of tanks BLITZという戦車ゲームをやってます。
なにかオススメのゲームあったら教えて下さい。あ、無課金でお願いします!
あとがき? にこんなこと書いてもいいですよね?

それでは、次回も楽しみに

「死んだら神になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ぱりす

    ドラゴンポーカー

    2
コメントを書く