死んだら神になりました

叉龍

38-出現

「コウ!行ったぞ!」

「了解!」

「盾隊!押し返せ!」

ふむ。なかなかいい連携だな

コウとレリックは息が合うな

「!レリック!後ろだ!」

どうやら、一体後ろに回っていたようだ。
うん、ちゃんと対処出来ているな
あの一体で最後だったか

「全員無事か ︎」

「はい!」

【ドォォォォォン】

「!なんだ ︎」

…あれは…炎狼ファイヤーウルフだ…普通ここまでは来るはずないが…
奴はCランクの魔物だ。火球の上位魔法の炎球を打ってくる。炎球はさっきのように大規模な爆発を起こす。

低ランクの魔物を掃討するのには有効だが、今のようにアーマーを着込んでいれば大した痛手にはならない。

ただ、炎狼は複数体で襲って来るため、爆発に紛れて後ろから奇襲するためCランクに指定されている

武器創造『バレット』

【タァーン】

俺の撃った三発の・・・銃弾は的確に炎狼の頭部を貫く。
三体の炎狼が、そこにいる小隊に襲いかかっていたのだ。
そして俺らの小隊にも——

「部長!「カールでいいぞ」ではカールさん!前方より炎狼五体接近中!撤退してください!
奥に虎狼がいます!」

「なっ、虎狼だと!?総員撤退!目標地点に集合せよ!」

カールさん、この混乱する戦場で、どうやって遠くの味方に指示を出すのかと思ったら風魔法に声をのせていた。なかなかうまいな。
ちなみに虎狼とは、虎のようにでっかい、一応狼種の上位種だ。
おそらくここの狼種の長だろう

ただ当然、混沌の森には多種も多くいて、

「ハイオークだ!突っ込んでくるぞ!」

「うらぁぁ!突撃は俺らの専門だぁぁぁ!」

といって、ハイオークに向かって、命知らずの攻撃型アタッカーが突っ込んでいき単騎で屠り、

「馬車にゴブリンの大群が接近中!」

ときたら、

「弧状防壁組め!おしかえせぇぇ!」

と言って、防御型ディフェンダーが陣形組んでシールドバッシュで押し返す光景が…
え?なにこれ、この学園強すぎん?

「撤退!撤退!戦闘訓練を終了せよ!」

カールさんは、すばらしい指揮官だな

さてさて、俺は虎狼でもやってるか

いやー、最近対戦車ライフルで敵を打ち抜くのが好きなんだけど、普通の魔物だとすべて肉片に代わるので、バレットばっか使ってるけど、虎狼だったらいいよね?というわけで、
武器創造『シモノフ対戦車ライフル』

シモノフ対戦車ライフル 14.5m弾使用、3cmの鉄板を貫ける
第二次世界大戦時にソ連軍が量産。

これだよこれえ!くくく、こいつで打ち抜いてやる

ま、とりあえず、
武器創造『110mm個人携帯対戦車弾パンツァーファウスト3
こいつは700mの鉄板(板?)を貫ける。
これをどうするかというと、

『飛翔』
「ひゃっはぁぁぁ!出てきやがれ虎狼ぉぉぉぉ!」

創造、発射、創造、発射を繰り返す。あ、ちゃんと撤退中の味方には当たらないようにしているよ?
そしてどんどん森が抉られていく…

「うらはよでてこいやぁぁぁ!」

森が燃える…

【ガァァァァ!】

あ、出てきた。うん、ずいぶんとご立腹のようだ。
あ、こっち見た。さあどうする?こちらは上空にいるぞ?

【ガァァァ!】

飛んだぁ!どんどん高度があがる!上がるぅ!って、もうすぐそこやん!
おっと!?失速し始めた!空中で静止した!っと!落ちていく落ちていく!
俺シモノフ構える!スコープに落下していく虎狼をとらえたぁ!
「じゃあな」
【タァァァン】
…反動強いなあ

さてさて、まずは魔物の回収をして、火を消して、
『植林』
名前の通りだ。俺が破壊した森を修正していく…よし、これでいいかな?

さーて、俺も帰る…ん?急に森が静かに…

【ガァァァァァァァ!】

「な!あれはまさか!」

狭間の遺物。通称、ヘリャル。
奴には名前がない。そして、姿も様々
一見普通の虎などと見間違えるが、その独特の雰囲気で判断出来る
さまざまな姿に変化し、さまざまな色に代わる。
現れる姿は、毎度異なり、その後も姿を変化させる
そして今回は、大型の虎
数百年前にはゴ〇ラがでてきて、スーデリアの総戦力と、パトレックの総戦力で迎撃して、終焉の森にまで追い詰めたそうだ。
まあそいつは俺が数年前に倒したが。
しかし、なぜ今現れた…



今回も読んで下さりありがとうございます。
できれば、「クラス戦争」のほうも読んで下さるとうれしいです。
投稿ペースが下がったので暇つぶしにでもお願いします。
それでは、次回も楽しみに


「死んだら神になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 咲

    めっちゃ続きが気になります
    応援しています。
    ファイト〜!
    発想が豊か過ぎる

    2
コメントを書く