死んだら神になりました

叉龍

27-1対数千

あー、しまった。
あのパイロットの名前聞いてなかった

まあ後で聞いとくか

えーと、敵の拠点はーっと

あ、真下だ

おーおー、集まってる集まってる。

おいおい、いつのまにこんなんになったんだよ…

はぁーコンクリートか…こっちにはなかったよなー

全部消さんとなー

めんどくせー

えーと、飛行場、兵舎、馬小屋、ガレージ、司令塔か
人数…分かんねーな
うーん、ここはドイツ要素が多いかなぁ

ティーガーとかパンターとかなー

あ、飛行機また来た。

透明化ステルス

よし、これで見えないな。

あれは哨戒機かな?

なるほど、対空防御を厚くしたと、

あ、ゼロもきた

うわあ、どんどん来るよ。

紫電改の軍団か、爆撃機はどこだ?
いねえな、対地は考慮してないのか?

【ブォォォォオオオオ】

うわ!っと

あ、見えないんだったなにしてもこの軍団とこの方向から見てやっぱりエルフ国だなぁ

俺を先に潰す気か?

んー?

あっ、地上動いてんじゃん!

はいはい戦力はーっと

パンター、ティーガー、エレファント、うわあポルシェもかよ。

お?おお!?

マウスとE100いるじゃん!
いいねいいねりがいあるよ!

にしてもやっぱ地上はドイツ兵装だなー第二次の日本だときついか。

さーて、戦車1両貰うかなー。

標的はやっぱマウス!

最後尾か、
楽だな

動いてないから乗ってないのか?

よーし、作戦開始

分身出してと

「行くぞ!」

【ススッ】

「車長席確保」

「砲手席確保」

「操縦席確保」

「装填席確保」

「副操縦席確保」

「よし、操縦士、動かせるか?」

「いつでも」

「砲手と装填手は?」

「「いつでも打てる」」

「装填時間は?」

「1秒未満」

「砲身が壊れるから1秒は掛かれ」

「了解」

「旋回速度が遅い」

「わかった、軽量化を付ける」

「了解」

「あとは全員いいな?」

「「「「準備完了」」」」

「よし、正面の戦車を撃ったら前進開始」

「その後の目標は?」

「うーん、各自判断。
硬化もつけるからガンガン行け。
ショットトラップには気をつけろ」

「了解」

「照準よし」

「次弾装填用意!撃て!」

【ドオオォォン】

「どんどん撃て!弾が尽きたら白兵戦だ!」

「敵車輌撃破確認!ティーガーだ!」

「ワンショットキルを狙え!」

「了解!装填手!HEに硬化かけてくれ!」

「了解!HE残弾20だぞ!」

「了解!なくなったらAPに爆発つけてくれ!」

ちなみに言っておくと、この会話は1回の装填中に行われている。

つまり1秒だ。

我ながら素晴らしい!

「敵残り2000!」

「多くね!?連隊かよ!」

「予知夢とちょっと違うな」

「まあまあ、方針は変えずに」

【ドンッ】

「敵車輛撃破確認!」

ちなみに言っておくと、この間も1回の(以下略

多いなー歩兵が邪魔だな…AK出すか

「武器創造『AK47』」

「通信手!弾どんどん創ってくれ!」

「了解!HEか!?」

「HEだ!」

「車長!多めに作るから投擲してくれ!」

「了解!」

【ドンッ】

「敵車両撃破確認!」

ちなみに言っておく(以下略


「ほらほら〜どんどん削ってくよ〜」

「歩兵多すぎ!」

「戦車あと300!」

「E100が来た!砲手!抜けるか!?」

「操縦手!後ろか側面に回ってくれ!正面は抜けない!」

「魔法で抜け!」

「別動隊に使っちまってる!」

「乗っ取れ!」

「了解!本体車長!いけるか!?」

「いける!分身6体を向かわせる!」

「車体は汚すなよ」

「「「「「行ってくる!」」」」」

-分身(E100)-

「気絶させろ!」

「車長席確保」

「砲手席確保」

「操縦席確保」

「装填席確保」

「副操縦席確保」

「よし!前進!」

「本体!敵は!?」

『戦車260!歩兵1800!歩兵を狙え!』

「了解!歩兵だ!いいな!?」

「了解!」

『敵が100を切った!歩兵は1000!』

「速くね!?」

『別動隊だよ!』

「マジかよ…」

「後1分で倒しきれる!そっちはどうだ!?」

『こっちも行ける!』

「包囲網はどうなった!?」

『全部終わってる!兵器類は全部消した!』

「よーし、後30秒だ!」

-ヤマト皇国 司令-

「司令!緊急です!第2師団の包囲網が崩されてます!」

「何!?」

【ピーピピーピーピー】

『こちら第2師団!応答願う!応答願う!』

「何があった!?」

『神王を名乗るガキが…片っ端から包囲網を破壊!
現在、我々201中隊のみが残っています!』

「他はどうした!?」

『他はつい先程全一うわああぁぁ!』

【ピーーーーーーーー】

「クソっ何が起こっているんだ!」



連続更新します
それでは次をどうぞ

「死んだら神になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く