死んだら神になりました

叉龍

25-夢とか

《スキル『予知夢』が発動しました》

「爺、地球の神とメディスの神から報告」

「緊急だよ、爺」

「なんだ?」

「世界に変動があるって」

「世界がくっついちゃうかもって」

「何!?急いで対処するんだ!
一体化だけは避けろ!」


「なんとか一体化だけは避けれた」

「けど何人かの魂がメディスに行っちゃった」

「そう…か…一体化を避けれたことを喜ぼう…」

「ただ、その人達の能力が高過ぎて何が起こるか…」

--推定1時間後です


《スキル『予知夢』が発動しました》

「我々は!ここにヤマト皇国を作る!」

[うおぉぉぉぉ!]

「この国力を持ってして!エルフの国を落す!」

[うおぉぉぉぉ!]

「臆すことはない!我々には!現代兵器というものがある!
相手はたかだか中世レベルだ!
進め!兵士よ!我らにあるは勝利のみ!」

[うおぉぉぉぉ!
ヤマト皇国バンザーイ!]

「包囲網を張れ!エルフを逃すな!
爆撃編隊!強襲を仕掛ける!
直掩機!飛龍に注意せよ!
陸戦隊!包囲網はまだか!」

「司令!第2師団より報告!
エルフ包囲網が完成致しまし!」

「よし、第1師団出撃用意!
第25から41飛行小隊は絨毯爆撃を開始せよ!」

[はっ!]

「発進完了!
10分後に到達予定!」

「点呼完了!戦車大隊全員乗車!」

「歩兵大隊点呼完了!」

「砲兵大隊点呼完了!」

「騎兵隊点呼完了!全員乗馬!」

「第1師団出撃用意完了!」

「司令!直掩隊より報告!
効果あり、敵軍の士気及び兵力の絶大な定価を確認
しかし、魔法により早くも立て直しを始めている
とのこと!」

「第1師団出撃!
歯向かうものはすべて殺せ!
ヤマト皇国に勝利を!」

[ヤマト皇国に勝利を!]

「砲兵隊!砲撃開始!」

「撃て!」

「弾ちゃーく!」

【どぉぉぉぉん】

「次弾撃てえ!」

「弾ちゃーく!」

【どぉぉぉぉん】

「城壁上に敵兵!」

「歩兵隊!撃てえ!」

【パパパパパパパ】

「戦車隊!城門を破壊!撃てえ!」

【ずどおおん】

「突入!突入!」

「投降せよ!貴国はもう囲まれている!」

「進め!目標、王城!」

「戦車前進!」

「戦車隊に続けー!」

「裏門制圧!」

「正門制圧!」

「戦車隊!王城を包囲!敵将を探せ!」

「第1中隊正門より突入!
第2中隊裏門より突入!
ほかは戦車隊と共に包囲だ!
進めー!」

「第1中隊続けー!」

「第2中隊続けー!」

「裏門誰もいません!
創作に移ります!」

「正門も誰もいません!」

「どういうことだ!探せ!探せ!」

「司令!死体がありません!」

「何言ってる!確かに殺したぞ!見ろ!辺り一帯死体の--な、何故だ!?
第2師団!逃げた者はいないか!」

「第2師団!応答せよ!応答せよ!」

『ザザッ…て…しゅう…歩…かい…や…何…無い…で…き…ガッ…ザザッザーーー』

「第2師団!応答せよ!応答せよ!
司令!第2師団が奇襲を受け壊滅!」

「何!?門を直せ!ここを陣にするぞ!」

--推定5日後です



まずい…ネタがヤバい…この話題終わったらどうしよう…

それでは、次回も楽しみに

ちなみにツイッターなどはやっていません

「死んだら神になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く