死んだら神になりました

叉龍

6-テンプレからのテンプレ

「ねえ受付嬢さんこの人ぶっ飛ばしていいかな?」
「えっ、でもこの人Cランク冒険者よ?
問題は無いけど。」
「じゃあ《手加減》」
ズドーン
[え?]
[えぇぇぇぇ!?]
やりすぎたw
「ははは」
「ありがとうございますでは書類の確認を
はい、え?えぇぇぇぇ!?えっあ、あの剣聖と魔帝の
あの領主のご子息!?」
「はいそうですが」
「武器は…刀?
なんですかこれ?」
「ああ、兄さんが作ってくれた武器ですよ」
「ではCランク冒険者を倒したのでCランクからのスタートです。」
「ありがとうございます。今1番難易度の高い依頼は?」
「え?ああSランククエストのゴブリンロードの討伐ですね」
「それ受けます」
「はい…って、え?ほんとに?」
「はいゴブリンロードはどこにいるんですか?」
「この街の東にあるゴブリンの森の中心に恐らく集落を作ってるわ。」
「はいじゃあ行ってきます」
「あ、ちょっと待ってギルドの簡単なせつめいとギルドカード渡すわ。
ランクはEからSSSまであって自分のランクの1個上のランクのクエストまでにするのがいいわ。はいCランクのギルドカードは鉄製のよ。
SSSは行けないと思うけど一応オリハルコン製よ
行ってらっしゃい。死なないでよ?」
「では行ってきます。」
さてと門通んねえといけねーかま、門まではのんびり行くか。一応装備は刀はあれでコートは



神王のコート
超越級
スキル
破壊不能
衝撃無効
魔法無効
魔素操作




これも結構エグいw
魔素っていうのは空気中にあって魔力の元になる物質らしい。体内で魔力に変換される。
もし魔法の中の魔素が操作されたら魔法は消える…が、俺なら魔法の構成を変化させ相手に返したりできる。
例えば一般的な・・・・下級魔法の火球だったら



1,1,1,1,5,10


になる




魔法の属性






空間


魔法の階級
初級<中級<上級<超級<天災級<神級<超越級

魔法の構成
属性,階級,形状,大きさ,速度,魔力量

属性
1=火
2=水
3=風
4=土
5=闇
6=光
7=空間
8=無

階級
1=初級
2=中級
3=上級
4=超級
5=天災級
6=神級
7=超越級

形状
1=球体
2=液体
3=壁
4=槍
5=気体
6=精神
7=無形
8=無分類

大きさ
M単位
1=1M

速度=時速

魔力量=込めた魔力(MP)
威力などが上下する
基本は1Mに10MP
魔力を込めすぎると霧散する
魔力精密操作を持っていたら多すぎても霧散せず強度、速度、威力が上がる





こんな風になってはいるが知っている人は俺しかいない
詠唱はこれの設定のためだ
これ書き換えて魔力を0にしたら魔法は消える俺のコートは魔力を0にさせる優れものだ。
製作者は誰だって?
俺しか無理だよ…

「死んだら神になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く