話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

決着

所々大きな傷があったが致命傷には程遠いダメージしか与えられていないことはすぐに分かった

「危なかったよ、正直最初に纏っていた防御壁の全てが吹っ飛ぶ程だったからね、貼り直すには時間が掛かるから2度目は耐えられなさそうだしこっから本気を出していくよ」

「今のを耐えられるとは思っていなかったのでキツイですね」

まだ龍魔法は使うことが出来るが本気を出すと言っていた以上隙が出来る龍魔法を使うことは出来ない、相手に隙が出来た一瞬に使わなければ多分こちらがやられるだろう

俺は三つ目の手札を切ることにした
そのスキル名は【蜃気楼】というもので、簡単に説明すると幻覚を見せることが出来るというものだ
このスキルはレベルが低いと気配察知のレベルが高ければ意味が無くなるが魔王になったことでこちらの蜃気楼のレベルはMAXになっている
つまりは気配察知がレベルMAXだろう関係なく幻覚を見せられる
他にも欠点があり使うとインターバルが出来ることだ、すぐには使えないため大切な場面で使わなければならない

俺は再び魔法が放たれた瞬間に危険察知が反応したためいつもよりも大幅に回避した
その瞬間そこを起点に十メートル程が爆発した、しかも魔法1発1発が爆発するため相当キツくなる、だがここで爆発の煙に紛れて俺は蜃気楼を発動した

俺のダミーを狙って再び攻撃をした瞬間に転移魔法で俺本体は遠くまで逃げた
その後新たなスキルである【身体強化・改】を使いステータスを大幅に上げることにした
このスキルは身体強化極や他のスキルと併用出来るが魔力を込めただけ上昇し、その魔力量によって時間が掛かるため最初は使えなかった

それからダミーが壊されるまで身体強化・改を使い続けた
ダミーが壊されると一気に敵がこちらまで来た、多分気配察知で蜃気楼を消した瞬間に感知されたのだろう

「まさか、幻覚を見せられるとはな、相当レベルが高いのだろう?何故今まで使わなかった、それにお主が攻撃せずに逃げては意味ないだろう?」

「これには使うと一定時間使えないというものですからね、まぁ逃げていたのには理由がありますよ、では行きます」

その後速度を上げるスキルを全使用して相手に攻撃を始めた
だが、スピードは勝っていても先詠みのせいで中々破れなかったが威力も上がっているため相手は俺の攻撃を両手で止めなければならなくなっていた
この瞬間に空いている手で猛毒魔法を使用して腕を溶かせる毒を放った
だが、ここで予想外のことが起きた
俺の攻撃が吸収されてしまったのだ
猛毒魔法を吸収出来るとは思っていなかったためそこそこ動揺してしまった
龍魔法を使うには隙が出来るため埒が明かなくなり一旦下がることにした

「猛毒魔法も使えるのか…、もしも使えていなかったら勝負あったな、だが使えることによって形勢逆転だよ」

「それでも俺が有利な状況は変わらないのでは?」

すると笑みを浮かべて言葉を紡いだ

「食らえ【ディスペル】」

すると俺が今まで使っていたスキルが使えなくなった、一瞬だけかと思っていたが使用不能になってしまった

「この魔法は相手の力量で発動までに時間がかかるからな、使うのに大量の時間を要してしまったよ、このスキルの効果は私との戦闘で使用した魔法の効果を無効にして使用不能にするものだ、効果は1日だから今の勝負では使えないよ」

「凶悪な魔法だな、これは一気に形勢逆転といったところか、一本取られたな」

ここまで来たら腹を括ろう、俺が手に入れたスキルの中で最強であり最弱であるとも言えるスキルその名も

「【原始回帰】」

これを使うのは本当にきつい、その理由は簡単だ戦いで使ったスキルだけでなく全てのスキルが1日使用不能になる、ただしそれは俺に敵意を向けてきた全ての敵にも当てはまる
他にもこのスキルを使用すると10日使用不能になったり使用後しばらくすると、1日は起きることすら出来なくなる

つまりはステータスのみの勝負に出来る反面数で押されると何も出来ずに負けてしまうという事だ
今回はこの勝負が終わればおしまいでいいが人間と戦争することになると使えないだろう

「何、私までスキルが使えなくなっているだと…どうなっている」

「俺の取っておきですよ、使うつもりは無かったんですがね、スキルお互いに一切使えませんよ、ステータスのみのバトルになるってことです」

その声と共に切りかかった、ステータスの合計は誤差程度しかなさそうだが、相手はそれぞれの値だとMPが高く他の値が少し低いという感じになっているためスキルなしなら俺が勝つことは明白だ
結局寸止めしたことにより降参してくれたので俺の勝ちとなった

「参ったよ、初めて本気を出して初めて負けるとはね、最後のスキルが無ければ次回は勝てる可能性は見えるね、でもあのスキルがある限り勝つことは難しいかな…ディスペルも意味なくなるしステータスで負けてるからね、それに私も君に力を貸すよ、君といると退屈しなさそうだしこれからよろしくね」

「こちらこそよろしく頼む、あのスキルを使わなければならない相手が出てくるとは正直想定外だったよ、それにこれにも欠点があるんだ使ってしばらくするとこんな風に倒れてしまうから…ね…」

そこで意識が途切れた




今回はここまでです
久し振りの投稿となってしまいすみません
忙しくなってきて投稿頻度が下がってきてしまっています
これからは1週間に2回投稿出来るようにはします、今までと同じように2日投稿出来ず申し訳ありません

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く