話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

身内武道大会③

リアンとスノーの戦いから1日経ち次の試合をする時間になった
今回戦うのはマリンとレミアだ
レミアの戦いが見れていないのがマリンに不利だと思う人がいるかもしれないが、レミアはマリンとフレアの戦いだけ見せていないから安心してほしい
終わった時には治癒魔法をかけてもらったが

マリンは、体力が全回復しているようで準備万端と言った所だ
レミアも準備は出来ているようなので始めようと思う

「では、始め!」

その合図でまずはレミアが地面に手をついた
すると、その手の先からスケルトンやグール、スケルトンの騎士等三十を越える数を出した
しかし、マリンには脅威に感じられてないのか特に何もしていなかった
だが、何もしないマリンを見て微笑んだレミアは今度は天に向かって手を上げた
すると、先程召喚した魔物達が巨大化した
これは多分ユニークスキル月魔法の効果だろう

これを見てマリンも動き出した
蒼魔法を使い氷の槍を大量の放ちまくった
それによりスケルトン達は7割近くが倒れたが、ここから驚くことが起きた
そう、復活したのだ時間が巻き戻るように
そして、そのスケルトン達は動いていないが黒い粉末のようなものを体から発している
マリンは危険察知にその黒い粉末が反応したため炎魔法で吹き払おうとした

しかし、それをしてから後悔することになる
何故なら炎魔法が黒い粉末に触れた瞬間大爆発が起きたからだ
もちろん巨大スケルトンもその大爆発に巻き込まれて半数近くが倒れたがまた復活していた
それに対しマリンはそこそこダメージを受けたようだ

その頃レミアは何をしていたのかというと、新たなスケルトン達を召喚していた
配列は
     ス     ス
マ    ケ     ケ   レ 
リ    ル     ル   ミ
ン    ト     ト   ア
     ン     ン
という感じだ
さらに、後ろのスケルトンも巨大化させていた
魔力が足りるのかという疑問はあったが、召喚した魔物の維持はしなくても従うため必要ないようだ
使っているのも雑魚主のスケルトン六十とその六十体に対する月魔法のみだ
まだ魔力には余裕もありそうだ

マリンは逆に追い詰められていた
蒼魔法と炎魔法では足りないと気づくと蒼聖魔法を放った
ほとんどの巨大スケルトンへ壊滅出来たが、それは最初の巨大スケルトンであった
二つ目の巨大スケルトンが耐えている間に既に最初の巨大スケルトンは復活していた
ちなみにこの際レミアは三つ目の巨大スケルトンを作っていた

マリンは攻撃を何度もするが、三つ目の巨大スケルトンまでたどり着けない状況であった
工夫して岩魔法を使い地面を崩して上から行こうとしたが、今まで動いていなかった巨大スケルトンがマリンをはたき落としていた
不意討ちにより地面に落ちたマリンは黒い粉末を多量に浴びてしまった

すぐに後退したが、その動きはとても鈍っていた
マリンのステータスを見ると状態異常「衰退」とあったのであの黒い粉末は衰退のバッドステータスを付与するものなのだろう

その後はマリンもレミアの巨大スケルトン軍団を倒せず逆にどんどん弱っていき倒れた
そのため、今回の勝者はレミアとなった

正直レミアは強い
レミアが死霊魔法と月魔法を使える時間さえ稼げれば勝ちのようなものだろう
今回のマリンの敗因は最初に舐めて攻撃をしなかったことだ
後は、蒼聖魔法を連発する判断をすぐに行えなかったことだろう
魔力が切れてもあそこで突撃するべきだった

ちなみに衰退のバッドステータスはレミアの治癒魔法で治した、体力の方もその際に回復させてもらった

少しして、マリンが目を覚ました
すると、

「悔しいの~、全く歯が立たなかったの~」
「そうだな、今回はダメだった、でも次回時までの課題も出来たんじゃないか?」
「そうなの~!まだ戦えるし頑張るの~」

その後、レミアとも話した

「お疲れ」
「ありがと!でもあなたに挑戦したいから負けられないわ」
「それは楽しみだ!」

てな感じでレミアは俺と戦う権利が欲しいといった感じだった
今日も、もしマリンが油断してなくても何かしらの策があったようだ
それについては聞かないでおくことにした
何でかって?俺はネタバレ嫌い派だからだ!

これで一応全員が戦った訳だが戦績は

マリン 一勝一敗
フレア 一敗
リアン 一引き分け
スノー 一引き分け
レミア 一勝

という感じでレミアが一歩リードだ
さて、これからどうなるのかが楽しみだ!




今回はここまでです!
感想や指摘等ありましたらコメントお願いします!

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く