話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

ギルドって凄いな

修正 状態以上無効→状態異常無効に変更しました




俺は今現在ギルドにいる
理由としては、昨日プレゼントを渡した後普段休暇がほとんどないことに気がついたので従魔の皆に羽を伸ばしてもらおうとしたのだ
そこで俺は前から気になっていたギルドの閲覧制限本を見ようと思ったためだった

ギルドの閲覧制限本は規則として
・ギルドマスターの認めた者と三名以上のギルド職員の許可
・Sランク以上の冒険者
・一人以上の貴族の承認
・持ち出し不可(持ち出した場合冒険者資格剥奪、犯罪者として牢屋行き)
・複製も不可

といった条件がある

まず最初の条件はエリーナさんとルミアさん、他にルミアさんがいない時に対応した職員の方と普段話さないが挨拶をする職員の三名でクリア
次のももちろんクリア
SSランクだからね
次のはスレッド家の承認でクリア
まぁ最後の方は一番目がクリアしていれば問題ないだろう
そんな人物に許可しないだろうし

閲覧制限本を読もうとしたのには理由がある
なんとその本にはSランク以上の魔物のスキルとユニークスキルが載っているのだ
それと生息地域も書いてある
戦い方や群れか単体か等も載っているがそこは興味があまりない

この本のおかげで欲しいスキルなどを見つけることが出来る
隠蔽も持っている敵がいたら奪おう
鑑定極で見れるからね

そして昼頃に読み終わった
色々と収穫があった、今からそのスキルを紹介しよう
・状態異常無効
・魔法威力減少大
・死霊魔法
・物理攻撃減少大
・影魔法
・治癒魔法
・隠蔽

この六つだ
このギルドの本にはドラゴンが載っていたがスキル欄が不明となっていたため、まだ書かれていない魔物も沢山いるのだろう
だが、上の六つを知れたのはとても助かる
今日は休暇を取っているため一人で行くことにした
マリンにはアイテムボックスに入れた状態で持ってくればスキルを吸収出来るしな!

てなわけで今から出発することにした
まずは上の三つのスキルだ
正確には二つのユニークスキルと普通のスキルだ
これはリッチーと言われるファンタジー世界ならお馴染みのアンデットの高位魔法使いだ
正直、状態異常無効だけでも良かったのだがあるなら貰っておこう
場所はここから遥か西に行ったところだ
今からだと俺の足で二時間かかるため昼御飯を食べてから行くことにした
近くの露天で串焼きとホットドッグを食べた
日本の方が正直美味しい、理由としてはケチャップの酸味が強すぎだからだ
それにマスタードもないため少し残念だった
口直しにフルーツジュースを飲んでから行くことにした
ちなみにこれは日本以上かもしれないくらいに美味しい

門を出て離れた所に転移してから本気状態で走ることにした
途中何か轢いたり踏み潰したりした気がしたが気のせいだろう
リッチーのいる所から一番近い街に行きギルドへと向かった
中には五、六名ほどしか人がいなかった
まぁ都合がいいので受付に行った

「こんにちは」
「え、あっこんにちはご用件はなんでしょうか?」
「依頼を受けに来ました、リッチーの討伐依頼はありませんか?」
「へ?リッチーですか…申し訳ありませんがランクをお聞きしてもいいですか?冒険者の方々には死んでほしくないので」
「分かりました」

そこでSSランクのギルドカードを渡すと
少し固まりその後、

「もしかして、黒剣の召喚士様ですか!?」
「声が大きいですよ」
「あっ、すみません…あのー握手とサインお願いします!」

ここにも俺の痛々しい二つ名が浸透いているようだ
握手とサインはしてあげたがその職員は凄い嬉しそうな顔をしていた
すると、その近くにいた職員の人達にも握手とサインを求められた
した後に最初の職員と同じ顔をしていた

「あのー、ところでリッチーを討伐したいんですが」
「は、はいっランクも足りていますしこちらとしても嬉しいのでお願いします、報酬は討伐報酬で大金貨一枚でいいでしょうか?」
「ん、そんなにいらないぞ」
「え、少ないくらいなんですが…」
「なら、金貨五枚でいいぞ騙した訳でもなさそうだしお金が無いんだろう」
「ありがとうございます!!」

やはりお金が無いのか、多分だが先程の冒険者の数や掲示板の依頼数をみてあまり景気がいいわけではないのだろう
どうせだしリッチーのところまでの魔物を寄付してあげようではないか
身体強化極だけ纏って周囲の魔物をあらかた倒した

奥まで行くと明らかに魔女の家といった屋敷があった
中に行こうとすると人間の死体が至るところに転がっていた
もしもいい奴なら仲間にしようと思っていたが悪い奴なので心置きなく倒せる

途中スケルトンやグール、ゾンビ等アンデット系の魔物が沢山いた
蹴散らしてから奥の部屋に入るとそこにはリッチーがいた
すぐにリッチーは炎魔法を放ってきた
黒焔を振って消した後後ろに転移してから首を切り落とした

かなり呆気なかったが転移魔法でギルドまで戻った

「依頼が終わったので帰って来ました」
「早すぎないですか!?」
「これが証拠だよ」

そう言って死体を見せると驚きながらも納得していた

「この死体は渡せないが他の死体なら渡すよ、ちなみにこれに対してはお金いらないからな」

そう言って出した魔物の数は五十体程いた

「いいんですか?ありがとうございます」

まぁギルドには世話になってるしそこまで苦じゃなかったのでいいんだが
その後王都に転移して家に帰った
残りのスキルはまた今度取りに行くつもりだ

あれ?これって休暇じゃなくね??




今回はここまでです!
残りも近い内に取りにいくかも!?
感想や指摘等ありましたらコメントお願いします!




「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く