話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

vs白狼 そして進化

報告

申し訳ありません
本来なら40話でステータス情報を投稿するつもりだったんですが、投稿することができませんでした
今回の分も含めて50話の時にステータス情報を公開します
本当にすみませんでした




白狼と戦うことになり、準備をすることにした
武器はもちろん黒焔でいく、だがスキルは最初は使わない
従魔に関してはもちろん使わない、理由は俺の強さを示さなければならないからだ
鑑定も使わずに戦うつもりだ
準備が終わり待っていると、白狼は人間の姿から真っ白の狼に変身した

「こちらも準備が終わりました、では始めましょう」

そうして戦いが始まった
まず、白狼が氷の塊を沢山降らしてきた
俺はそれを全て斬った
普通なら出来ないのだが、黒焔の切れ味と剣術レベルがMAXなおかげだろう
斬り終えた瞬間に白狼が猛スピードで距離を詰めてきた、そしてそのまま爪で切り裂こうとしてきた
来るのが分かっていたので白狼の下に入り思い切り蹴り上げた
少し跳んで着地した

「やはりお強いですね、なのでこちらも本気で行かせていただきます」
「望むところだ」

その後氷の壁を俺との間に作った
そして何やら力を溜めていたので炎魔法フレイムインフィニティーを発動して氷の壁を破壊してその余波を白狼にぶつけた
しかし、氷の壁によって火力が思っていたより足りなかったのか力を溜め終えたようだ

「では行きます」

その後ものすごい吹雪が迫ってきた
多分くらえば俺でも危ないかもしれない
そのため、黒焔のスキルを両方解放することにした
転移魔法はさすがに鬼畜なので使わないよ!
フレイムアブソーブで剣に炎を魔力吸収でステータスを強化し、身体強化極も追加して剣を上から下に振り下ろした
すると白狼の吹雪が完全に散った、他にも散ったが気にしない…

「なっ…」

白狼は散らされるとは思っていなかったのか呆然としている
少し待っていると

「私の敗けです、あれ以上の力はありませんから」
「そうか」

何て言えば良いのか分からない…
てか勝った奴に何か言われるとイラッとするからなぁここはどうするべきなんだ、なんて思っていると

「妾の言った通りであっただろう?アキはとんでもなく強いのじゃ」
「そうですね、戦ってみてアキさんの本気を引き出せていない事に気づきましたから」
「白狼よ、お主は結局仲間になるつもりなのか?」
「はい、もしよろしければお願いします!」

おぉ、リアンのお陰で助かった
後で何か美味しいものでもあげよう

「もちろん歓迎するよ、じゃあ名前を考えないとな」
「名前…ですか?そんなに簡単に付けられるものではないですよ」
「多分大丈夫なのじゃ、現に妾達は付けてもらったからのぉ」

召喚魔法を使い白狼を従魔にした
若干疑っていたが、まぁ出来なければ仕方ないだけなのですることにした
そこで名前を付けるのでどうしようか考えることにした
白い狼→雪のような狼→雪→スノー

「よし、お前の名前はスノーだ!」

安直な気もするがしっくりきたのでこれにする
その声の後白狼もといスノーが光だした
そうして光が収まると白銀の体毛に変わっていた

種族名は銀狼になっていた
最初のステータスは見ていないが高い
ユニークスキルには氷界と連続魔法があった
氷界は指定した場所に先程の氷の壁(先程よりも威力が高いだろう)を作れるものだ
連続魔法は同系統の魔法を連続で使うことが出来るものだ
スキルには人化があった
鑑定極になってから色んな事が知れるなぁ

名前を付けてから一時間程経ったあと、スノーが目を覚ました

「あれ?私は一体…あ!、名前を付けて貰う所だったですね」
「あぁ、そしてもう名前は付けたぞ」
「えっ」

その後何故か泣いてしまった

「あっ、えーっと、どうしたんだ?」
「だっ、だって、名前が付いています」
「もしかして嫌だったのか、なら本当にすまなかった」
「いえ、その逆です、とても嬉しいんです!」

つまり、フレアやリアンのように名前を付けてもらって嬉しいってことだったのか
焦ったぞ、嫌だったのなら取り返しつかないからな

「よかった、あとついでに進化もしてるぞ」
「えっ」

先程と同じ反応をして

「まさか、ありがとうございます!名前だけではなく進化もだなんて、これはまるで…」

なんだ?何か気になるのだが
リアンは急に焦ったのかスノーを連れて奥まで行ってしまった
一体何なのだろう?

その後色々と話してから王都に戻ってきた
スノーには色々と問題があるので人化してもらっている、髪が白から銀に変わっていた
ギルドに行くとちょうどルミアさんがいたので声を掛けた

「ルミアさん依頼のことなんですけど」
「はい、ってアキさん!!やっぱり止めるとかですか…」
「あっ違いますよ、終わったので報告に」
「へ?もう終わったんですか?あと二日ぐらいかかると思ってたんですが…やはり規格外(ぼそっ」

ん?最後が聞き取れなかった
ルミアは少々お待ちくださいと言ってから奥に行った、多分エリーナさんを呼びに行ったのだろう
しばらくして戻ってきた
エリーナさんには事情を話して起きたかったので個室に通してもらった

「依頼お疲れ様いつの間に女の子増やしたの?、まぁそれはいいとしてそれで話したいことって?」

いいんかい!
いかん、話が逸れてしまいそうだった

「はい、白狼いえ、銀狼のことなんですが今ここにいます」

するとガタッと席を立ち

「どこにいるの?イタズラなら止めてよね、心臓が止まるかたと思った」
「いえ、本当ですよスノー頼む」
「分かりました」

そして人化を解いてもらうとエリーナさんは固まってしまった
数秒経って

「な、な、なんで白狼がここに!」
「ですから銀狼ですって、俺の従魔になって貰ったので、エリーナさんには伝えておかないとダメだと思ったので伝えただけです」
「はぁ、分かったわ、アキは本当に何をしでかすか分からないな…」

何その問題児相手してるみたいな反応は
まぁ依頼は達成できたので帰りにスレッド家の皆にアクセサリーでも買って行くことにした




今回はここまでです!
上にも書いてありますが50話でステータス情報を書くことにします
楽しみにしてくださった皆様本当に申し訳ありませんでした

ついに四人目の仲間が出来ましたね、一体アキは今後どうなっていくのか!
感想や指摘等ありましたらコメントお願いします!













「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • リムル

    最強に最高

    0
コメントを書く