話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

帰還と昇格

スキル練習をしていたところ、スキルレベルが少しだけ上がった
ユニークスキルの龍魔法は普通の魔法と違いどの属性にも属さず全ての属性に有効打を与えられるというものだった
つまり、水魔法に火魔法は相性が悪いというようなものがなく、逆に水魔法が火魔法を攻撃するような効果が出るということだ
威力も高く使い勝手もいいため今後はこれを使っていくことにした

もうギルドに帰っても良さそうなので、転移魔法を使うことにした
転移魔法はレベルが無いが、行きたい場所には一度行かないといけない
ただし、短距離の転移は視界内ならどこへでも行ける
とりあえず帰るため二人を呼ぶことにした

「マリン、フレアそろそろ帰るぞ~」
「今行くの~」
「これが終わったら行くのよ」

この数日、俺達は魔物を狩りまくっていた
多分一人辺り100を余裕で越えただろう
レベルもそこそこ上がった
っと、考えてる間にフレアも倒し終わったようた

「今から転移するから近くに来てくれ」

皆集まったので、転移魔法を発動した
光った後目の前に王都の近くに着いた
事前に何度か試していたので特に不安はなかった

「それにしても主様はどんどん化け物じみてきてるのよ」
「ひどいなぁ」

と、言いつつドラゴン倒したんだし化け物というのもあながち間違ってないのかもしれない
けど、さすがにフレアに言われるとへこむなぁ

その後、王都に入りギルドまで行った
ちなみにギルドの依頼を受けた冒険者や商人は並ばずに入ることができる
ギルドに入ると最初に話しかけた受付の人と目があった
とりあえずその人のところまで行くと

「お疲れ様ですアキさん、ギルドマスターの所へご案内します」
「お願いします、えーっと…すみませんお名前を聞いてもいいですか?」

名前聞いてなかったな

「ルミアです、前に言ってなかったので仕方ないですよ」

と言ってくれた、その後ルミアさんに着いて行くと着いたのは前に入った部屋と同じ場所だった

「こちらです、私は戻りますね」
「ありがとうございました!」

ルミアさんがそういい来た道を戻って行ったのでドアをノックすると

「どうぞ」

と言われたので失礼しますと言いながら入った
エリーナさんは俺の顔を見ると今までやっていた仕事を止めて真剣な顔になった

「まずは、結果を聞こう」
「はい幻獣は無事倒しました、これがその幻獣の証明部位です」
「少し拝見する」

そういい数秒角度を変えながら見て 

「確かに幻獣の物だ、一人でよく倒せたなどう倒したのか聞きたいな」
「手の内は明かさないのが原則だとは思うんですが…まぁ普通に切って倒したとしか言い様がないですね」
「まぁこの断面を見れば確かにそうだが、この幻獣は聞けばSランク冒険者が切っても刺さらなかったそうだが」
「まぁ現に出来てるんですから…」

色々と詮索されているようだ
だが、特に嘘はついていない幻獣の方は数秒で切ってしまったからなぁ

「まぁこれ以上は詮索しないさ、討伐は完了とするSSランクへの昇格おめでとうこれがそのギルドカードだ」

そう言って出されたのはSSの所だけ妙にキラキラしている物だった、後は触り心地が少しだけよくなったぐらいの物だった
それを見ているとエリーナさんがもう一つと言って尋ねてきた

「ダンジョンを突破した際のアイテムなどは売らないか?」
「すみません魔導書だったので使ってしまいました」

言って後悔するハメになった

「ほほう、魔導書があったのか?あれー確か魔導書が出るのは幻獣よりも強いダンジョンなんだけどなぁー、何かしら嘘をついてるのかなぁ?」

凄い後悔している、知らなかったこととはいえ無用心すぎた
まぁ何となくバレてそうなので本当のことを言うことにした

「他の人には内密にしてくださいね」
「わかった、約束しよう」
「では、あそこは全四階層あって最初はゴブリン、オーク、トロールの集団次にサイクロプスその次に幻獣だったんですよ」
「最後は…まさか!ドラゴンか!?」
「そうです」
「それを倒したと…、ドラゴンを倒したなんて片手で数えるくらいしかないぞ」
「だからこそ内密にしてください、自由にいられるせっかくの冒険者という職業を続けていきたいですから」

その後、ドラゴンの素材を見せると驚きながらも「それならこのギルドで頑張ってもらえるしこちらとしてもありがたいか…」と建前を作って納得してくれた

試験が無事合格して、その分の討伐報酬も貰えるらしい
その額は少々おかしかった桁を数え間違えたとおもえるくらいには
その後、幻獣の防具を作るための皮以外を全て売ったらさらにおかしい額をもらうことになった
ギルドでの依頼は終わったので今日は帰ることにした




今回はここまでです!
感想や指摘等ありましたらコメントお願いします!

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く