話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

恩を売ろう

元々ステータスは高かったのだが、今ではフレアを捕まえた時の二倍くらいになっているので(もちろんマリンも)どんな魔物でも数秒で片付く
フレアに関してはステータスを奪ったりは出来ないのだがレベルが上がる毎のステータス上昇率は圧倒的に高いためこちらもものすごく強くなっている
そんな、敵無し状態でどんどん森を進んでいったアキ達は今目の前の人物に感謝されていた


時は遡り数時間前
アキ達は水場で休憩していた
アキが料理の準備をしていた、ちなみにアキは料理がほとんど出来ない、しかし異世界の知識による調味料を使うことでこちらの世界では絶品になるのだ

実際に作ったのは調味料は定番のマヨネーズ、ケチャップだけだ
例えば肉を焼くとする、そこにマヨネーズをかけると美味しくなる
ケチャップに関してはジャガイモを薄く切って油で揚げるそこにかければいい追加でマヨネーズも使いオーロラソースにしてもいいのだ

作り方はやはり異世界転移に憧れた者なら覚えようとしたんじゃないだろうか?
俺は覚えておいたので本当に助かっている
そのため、今ではマリンとフレアは調味料の虜になっている

まぁそんなことは置いておき、話を戻そう
飯を食べた俺達は少し休んでから出発した
そこから三十分くらい歩いた頃悲鳴が聞こえた

「キャーーー!」

ここから左の方向だろうか?とりあえず確認するために近づくことにした
近づいてみると、重そうな防具?鎧?みたいなのを着けた人物が複数のトロールと戦っていた
この中に一匹だけデカイのがいる
上位種だろうか?そのせいなのかトロールの数が十五匹くらいいる

戦っていた人達は四人がやられていて今は一人しか残っていない
後ろに馬車がある、あれを守っているのか
まぁ経験値の糧にもなるし倒すことにした

「俺達が引き受けるので下がっていて下さい」
「本当かっ!?ならお嬢様を逃がすまで時間を稼いどいてくれ!頼む」

ラッキー!離れてくれるならありがたい、能力がバレないからな

「わかった、ここは任せて早くするんだ」
「恩に着る」

その後木の裏の方まで行ったのでトロールに近づいてはステータスを吸収し、それを後ろのマリンとフレアで倒して貰った
デカイのがいたが関係ない、この能力の前では先手さえ取られなければ勝てるんだから
しかし、トロールのデカイのが取った行動が意外だったせいで集中が途切れた
なにせ、トロールを投げて来たのだまぁ一刀両断にしてその後危なげなく奪えたのだが
無事デカイのも倒したタイミングで護衛の人が走って戻って来た

「ご助力します!…あれ?トロールは?」
「あぁ全部倒しました」
「へ?」

すごい、初めて見たこんなにマヌケな顔をしてる人は
鳩が豆鉄砲食らってもこんなにはならないだろう

「失礼、しかしこんな短時間でよくあの数を倒せたな、それに上位種もいたはずなのだが」

少しブツブツと独り言を言った後にハッとした顔になって

「お嬢様を連れて来ますので少々お待ちを」

と言って全力で先程までいた方角に走って行った
数分経って(どこまで逃げていたんだよ)馬車ごと戻ってくると中から金髪の女がいた
地球では見たことの無いくらい可愛かった
しかし、恋愛オンチの俺は一目惚れをすることが出来なかった
目の前の女の子はスカートの端を摘まんで少し持ち上げ丁寧な挨拶をした

「この度は助けていただき有難うございます」

と感謝されたのだった

「あなたは、冒険者なのでしょうか?」
「ん?そうだよ」
「失礼ですがランクを教えてもらっても?」
「Bランクだ」

すると、ガタッという音とともに俺に接近してきた人物がいた
まぁ護衛の人なんだけどね、ちなみにこの人女だから少し緊張している名前はローナさんだ

「ありえないSSランクでも妥当なレベルの強さなのに」
「え?そうなんですか?けど、王都のギルドに行けばAランクにはなれますよ」
「それでも低いくらいだ」
「それでしたら私の口から進言しておきます」

そういったのは金髪の女の子で名前は確かリオナ・スレッドと言っていた

「有難うございますリオナさん」
「いえ、こちらこそ命を救っていただいて本当にありがとうございます」

ここで、教えておくがスレッド家は侯爵家でものすごい格が高い家だと、ローナさんが言っていた
しかし、気にしないで気楽に話しかけて欲しいとも言われた、そのためまぁいつも通り話すことにした

「それで、お願いがあるのですが私達の護衛を引き受けて貰えないでしょうか」
「いいですよ、残りもあと少なんで」
「ありがとうございます」
「ありがとう感謝します」

といった感じで俺達はリオナとローナさんを護衛することになった





今回はここまでです
戦闘部分をもっと書くようにします!
感想や指摘等のコメントありましたらお願いします

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー310507

    マヨネーズってそんなすぐ出来ないぞ、分量とかキッチリ調整して一つ一つの工程を忘れず、冷やしたり、常温に戻したりとなにかと大変だ…異世界でそんなすぐには作れないと思う。作れたのはスバル君ぐらいかな

    0
  • ペンギン

    名前の自己紹介ってありましたっけ...?w

    1
コメントを書く