話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕の声を聞いてください!!!

蒼夜 碧姫

そもそも 1



 「ほんと つむぎは意見言うの苦手だよなー…」


 『う…それ言われたら終わりだよ』


幼馴染の 星野から言われた一言

これは 長年僕が気にしてることであり

まあ…いわゆるコンプレックスというやつだ


小学校の時だって

給食当番でもなんでもないのに

温食から何まで 全部一人で運ばさせた時もあるし



中学になってもそう

適当な理由で 言いくるめられて

日直を10回は 必要以上にやった



高校に なったら変われるとかなんとか
思ってたけど 

所詮は そこまで変わっていない


それに______



 「おい 星野!!!

暇なら カラオケでも行かないか?」


 「お、いいな!!

…つむぎは 来る??」


 『いや 楽しんできて…』


僕に 申し訳なさそうに 友達と教室から出ていく星野

カラオケなんて
 家族と指で数える程しか言ったことがないし 

友達とだなんて もちろん行ったことない


…最も 友達と呼べるのが星野しかいないが…


僕は何故かいたたまれなくなって

早足で 教室から出た

「僕の声を聞いてください!!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く