話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界賢者は世界を弄ぶ

神無乃愛

稔憲の「ちょっと」お出かけ


「ちょっと冥界に行ってくる」
「……思い立ったが吉日みたいに言わないでもらえるかな、稔憲」
 手土産を作っていないという隆文に、稔憲はこれで十分だと弁当を手に取った。
「だーめ。冥界神に迷惑かけてんだから、好物の甘味ぐらい持っていかないと」
「たしかリーチェ木いちごの実が食べごろだったはずだな。摘んで持っていくか」
「マテ。そのまま持っていこうとするな。それをシロップで煮込むからまず摘んで来い」
 こういう時の力関係は、確実に隆文が上である。稔憲は大人しくリーチェ摘みをせざるを得ない。

「……ったく」
 ちなみにこのリーチェ、植えたのは一番弟子である。大の甘い物好きだった一番弟子は、研究の合間に摘まむものとして栽培を開始。甘味に飢えた弟子たちに大いに受けた。
 それを現在は隆文がジャムの材料として使用している。その作り方は、たった数年で大陸全土に広まっていった。それまでは砂糖や地球でいうところの「メープルシロップ(ヘブンズではプーメラシロップ)」をかけて食していた。ジャムの方が保存しやすいこともあり、今では下火である。
「……これぐらい……いや、この間はこれで少ないようだったな」
 ブツブツと呟きながらも、摘んでいく。弟子や孫弟子、果てはその弟子たちもそんな稔憲を温かく見守っていた。

 かくしてできたのは、ジャムサンドクッキーである。抜型がないということで、絞り出しで作るあたり、芸が細かい。こういった作業すら稔憲は魔力を使ってやってしまうため、隆文のように美味しくできない。
「でもさ、均一に作ってもらうには最高なんだけど」
 食材をこねる時などに無意識で魔力を注いでしまうので、無理だが。稔憲が出来るのは、均一にできるような魔道具を作るくらい、、、である。
「……御師様。その常識のズレ直していただけませんか?」
 地球に転生して以来、そのズレに磨きのかかった稔憲は、フラウに呆れられるようになっていた。

「では、行ってくる」
「稔憲、時間かかると悪いから弁当も少しもってけ」
 本当に気の利きすぎる親友である。冥界でとれる石、冥石めいせきを使った新しい魔道具あたりでもお礼として作るか、と考えつつ移転門へと足を踏み入れた。

「異世界賢者は世界を弄ぶ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く