ダンジョンライフ〜僕のダンジョンはランダムで〜

感想待ち!

7話

バレットラビットとスカーレットがダンジョンに帰ってきた。

「ただいまです!マスター!かけっこの途中で見つけたゴブリンを持って帰ってきました!」

「きゅー!」

スカーレットとバレットラビットは数体のゴブリンを持ってダンジョンに帰ってきたのだ。

「あれ?今回はいつもより魔力の吸収量が多いな」

今回スカーレットが持ってきたゴブリン達を吸収したんだけど、いつもより一体一体のゴブリンの魔力を吸収する量が多いことに気がついた。魔力を吸収する量は均一ではなく吸収する個体によって異なるのだ。それでも誤差程度なのだが、今回はあまりにも普通のゴブリンより多くの魔力を吸収することができた。

「今回はゴブリン以外にも狩ってきたのか?」

「あ、そう言えばゴブリンはゴブリンなのですがいつもと違うゴブリンを倒しました!」

「あぁ、それでか、ありがとうな!これからもそのゴブリンを見かけたら狩ってきてくれるか?」

「分かりました!マスター!」

ダンジョンマスターの能力の一つに魔力を持つモノを吸収した時に、吸収した魔力を持つモノを詳しく知ることができる能力がある。その力を使い調べてみたら『ファイターゴブリン』と言う名前のゴブリンだった。

「今回スカーレットが狩ってきたのは『ファイターゴブリン』と言う名前のモンスターで、特徴は格闘術を覚えているようだ。」

「はい!覚えておきますね!」

僕はスカーレットに今回狩ってきたモンスターが普通のゴブリンではない『ファイターゴブリン』だと言う名前の種族で特徴が格闘術に覚えがあるモンスターだと伝えておいた。スカーレットは『ファイターゴブリン』相手でも怪我一つもなく勝つことができるようで大した差もないので知らなくてもいいことだが一応分かったことなので伝えておくことにした。ゴブリンを倒す時に普通のゴブリンより『ファイターゴブリン』を狙って倒して欲しいと言う考えもあった。

「あぁ、それとバレットラビットに名前をつけたいと思うんだけどいいか?」

「きゅー!」

そして2人がかけっこに出ている際に僕はバレットラビットの名前をどうしようかも考えていたのだ。そしてバレットラビットに名前をつけていいか聞いてみると、コクコクと何度も頷いてくれているので名前をつけてもいいと言うことなので僕は考えていた名前候補を挙げてみた。ある程度はどんな名前にしようか決めていたんだが決めきれずに悩んでいると、2人が帰ってきたので最終決定は本人にしてもらうことにした。

「この中から選んでくれ!」

「きゅ~」

僕はバレットラビットに『テン』『マル』『シロ』『モチ』の四つの名前を挙げてみた。この四つの名前を聞いたバレットラビットは悩むような声をあげた。その悩みがどれにしようか悩んでいるのか、それともどれも嫌だけどその中でもどれが一番マシか悩んでいるのかは分からないが。

「きゅー!」

「決めたのか?」

「きゅ!」

悩みに悩んだ末にバレットラビットは四つの中から自分の名前を決めたようだ。

「『シロ』」

「きゅ〜」

僕は最初に自分の中でこれかな?と思っていた名前を言ってみたがどうやら違うようで首を振っている。

「それじゃ〜『モチ』」

「きゅ〜」

次にいいなと思っていた名前をバレットラビットの中では違っていたようで首を振っている。

「ん〜『マル』」

「きゅ〜」

そして次に思っていた名前をどうやら違っていたようだ。

「それじゃ『テン』だな!」

「きゅ!」

最後にバレットラビットは首を縦に振った。これでバレットラビットの名前は『テン』に決まった。これからは呼ぶときは『テン』と呼ぶことになる。

「それじゃ、テン改めてこれからよろしくな!」

「私からもよろしくお願いします!テンちゃん!」

「きゅー!」

僕は改めて仲間になったバレットラビット改め『テン』を迎え入れた。

「ダンジョンライフ〜僕のダンジョンはランダムで〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く