ダンジョンライフ〜僕のダンジョンはランダムで〜

感想待ち!

5話

しばらくしてスカーレットはダンジョンに戻ってきた。スカーレットの手には行く時と違って緑色の何かを持っていた。

「お疲れ様!」

「はい!マスター!」

スカーレットは無事に怪我をすることもなく魔力を持つモノを狩ってきてくれた。スカーレットが狩ってきた魔力を持つモノはゴブリンというモンスターだった。ゴブリンは最弱モンスターとの名高いモンスターの一種である。そのためゴブリンは基本単独で行きて行くことはせず集団で生活をするモンスターだ。そしてゴブリンの特徴は人型で子どもを産むことができるメスなら異種族でも産ますことが出来ることがゴブリンの最大の特徴である。他にもゴブリンは多種多様な種族であるのもゴブリンの特徴であるが、一番目立つ特徴が人型のメスなら異種族でも産ますことが出来るといったところだろう。

「それじゃさっそく吸収させてもらうね!」

「はい!吸収して下さい!マスター!」

ダンジョンに入れは自然と吸収されて行くのだが意識して相手の魔力を吸収することもできる。本来なら抵抗されることもあるのだが今回スカーレットが狩ってきてくれたゴブリンは息していないので抵抗することはなくあっという間にゴブリンから全ての魔力を吸収することができた。

「ゴブリンではあんまり貯まらないな~」

「そうですね、ゴブリンは最弱のモンスターですからね」

ゴブリンの魔力を吸収してもスカーレットを《モンスタークリエイト》で召喚した時の1割にも満たなかった。

「任してください!どんどん狩って来ますから!マスター!」

「うん!頼りにしてるよ!」

実際に僕ではゴブリンに負けるとまでは言わないがそれでも無傷で勝つことなんて出来ないし、勝つことができてもスカーレットの何倍もの時間が掛かってしまうので魔力を持つモノを狩ってもらうのはスカーレットを頼りにすることになるだろう。

「それじゃまた行ってきます!」

「気をつけてな!」

スカーレットはまた魔力を持つモノを狩にダンジョンの外へと出て行った。

「ふぅ~さすがBランクのモンスターは頼りになるな」

さすがBランクのモンスターだと感心した。僕がスカーレットがゴブリンを狩っているときにダンジョンマスターの知識を整理しているときにモンスターのランクについて分かったことがあった。

モンスターのランクがSに近いほど知能や特殊性に成長見込みがとても高いのだ。つまりBランクのスカーレットは今もゴブリンを簡単に倒せるほど強いがこれからもどんどん強くなって行くことだ。

「それにしてもゴブリン一体の魔力を吸収しても何も出来ないんだな〜」

僕はダンジョンコアを見る。ダンジョンコアにはほんの僅かな量の魔力しか溜まってはいない。そしてその僅かな量の魔力では僕にできることは一つもなかった。これは僕の属性ゆえかそれとも全部のダンジョンマスターがそうかはわからないが、ともかく今の僕には本当にやること、出来ることはなかった。戦闘をするにしても素の戦闘力では最弱と言われているモンスターのゴブリンにも勝つことも厳しい僕だ。そのためゴブリンに圧勝して勝つことが出来るスカーレット1人に魔力を持つモノを狩ってきてもらうのをお願いするしかなかった。

「僕は魔力が溜まった後のことを考えておくか」

僕はこれからスカーレットが狩ってくる魔力を持つモノから吸収した魔力で出来ること、やりたいことを決めておくことにした。

「今は《アイテムクリエイト》より《モンスタークリエイト》を優先だな」

今は《アイテムクリエイト》より《モンスタークリエイト》を優先したかった。《アイテムクリエイト》で何かアイテムを入手するより、今1人で戦ってくれているスカーレットの負担を減らすためにもう1モンスタークリエイトでモンスターを召喚したかったのだ。

「やっぱ選べないのは少し不便だな」

ここで《モンスタークリエイト》で召喚するモンスターが選べないのが少し不便だと感じた。もし次の《モンスタークリエイト》で戦うことができないモンスターが召喚されればスカーレットの負担を減らすことは出来ないのだ。《モンスタークリエイト》をするにもタダってわけじゃなくすごい量の魔力が必要になるのだ、そのため絶対に戦闘が出来るモンスターを召喚したかった。

「ダンジョンライフ〜僕のダンジョンはランダムで〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く