ダンジョンライフ〜僕のダンジョンはランダムで〜

感想待ち!

4話

「見た目によらず強いんだな~」

モンスターの強さは見た目で決まるわけではない。確かに大きいモンスターになればなるほど強いモンスターはいるが小さいからといって小さいモンスターが弱いというわけではない。

「どうでしたか?私のステータスどうだったでしょうか?」

目をウルウルとさせて僕を見上げるようにして見てきた。この子は不安なんだろう、もしかしたらステータスが低かって捨てられるかもしれないと思っているのだろう。だけど僕は召喚したモンスターのステータスが弱かっても捨てるなんてことはしない。ダンジョンマスターから召喚されたモンスターはダンジョンマスターの魔力がないとすぐに死んでしまう危険性があるのだ。

「うん!強いと思うよ!これからよろしくね!」

「はい!マスターのために頑張ります!」

この子のステータスは若干脳筋寄りな気もするがモンスターランクもBであることからこれからの成長に期待ができる。

「それじゃこれから一緒に過ごして行く仲間だから、よかったら名前をつけてもいいかな?」

「はい!お願いします!マスター!」

この子に名前をつけることにした。これから一緒にダンジョンで過ごして行く仲間なので名前がなければ呼んだりする時とかに不便だし、何よりも仲良くなりたいので名前をつけてあげることにした。

「そうだな、スカーレット、スカーレットはどうかな?」

「ありがとうございます!スカーレット気に入りました!マスター!」

僕はこの子にスカーレットっと名前をつけてあげることにした。スカーレットと名前をつけた理由はこの子の髪の色が赤色、いや、何色かが混ざったような赤ではなく単純で光り輝くような赤、緋色のような髪をしていたから僕はこの子にスカーレットと名前をつけた。

「それじゃこれからやって欲しいことを言うね」

「はい!マスター!」

名前をつけ終えるとさっそくスカーレットにやって欲しいことをお願いすることにした。

「スカーレットにはダンジョンを出て魔力を持ったモノを狩ってきて欲しいんだ!」

スカーレットを召喚したことによって僕が持っている魔力はすっからかんになってしまっていた。そのためスカーレットにはダンジョンの外に出て魔力を持つモノを狩ってもらい魔力を貯める手伝いをして欲しかったのだ。僕もスカーレットについて魔力を持つモノを狩についていきたんだけどダンジョンマスターは基本的に戦闘能力を持たないんだ。あくまで基本的になので戦闘能力を持つダンジョンマスターもいる。それでもダンジョンマスターが戦わなければならない状況になった時には魔力を使って戦うことができる。だけど僕は今魔力がすっからかんになっているので本当に何もすることができずスカーレットの足手まといになることが見えているのでダンジョンに残ることにしたのだ。

「わかりました!マスター!それじゃ行ってきます!」

「頼んだよ!気をつけてな!」

僕はスカーレットにもし勝てないような存在がいたらすぐに逃げるように言っておいた。

「それじゃ僕は僕の出来ることをするか!」

スカーレットが戻ってくるまで僕は僕にしかできないダンジョンマスターの情報を整理しておくことにした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【スカーレットside】

私の名前はスカーレットです。ついさっき名前をつけて貰いました。

私はダンジョンマスターに魔力を持つモノを狩ってきて欲しいと頼まれたのでダンジョンを出て魔力を持つモノを探しています。

「あ、見つけました!」

私は魔力を持つモノを見つけました。私が見つけた魔力を持つモノは肌が緑色の小人、ゴブリンと言われるモンスターでした。

「相手は1人ですね!それじゃ行きます!」

ゴブリンは最弱モンスターと言われているモンスターの中の一種だ。そのため鬼人族の私からしたらゴブリンは難なく倒すことができる。そしてマスターが魔力を持つモノを狩ってきて欲しいと言っていたので私は魔力を持つモノであるゴブリンを狩ってダンジョンにいるマスターの元へ持って帰ることにした。

「はぁぁぁぁー!」

私はゴブリンに向かって力いっぱいに飛び出した。

私が思いっきり力を入れて地面を蹴ったので、ドンと音がおきてしまった。そのせいでゴブリンは私が向かってきていることに気がついた。

「おりゃぁぁぁー!」

飛び出してくる私に気がついたゴブリンは腰にかけてあった棍棒を取り出して迎え撃とうと棍棒を大きく振り上げた。

ゴブリンが私に気がついたことに私も気がついたが全速力で走っているので止まることはできずそのまま突っ込んで行く。

そして私とゴブリンが衝突した。私はゴブリンに向かって拳を突き出し、ゴブリンは私に棍棒を振り下ろした。そして拳と棍棒がぶつかり合い...私の拳が棍棒を貫き、そのままゴブリンの顔を捉えた。

「やった!」

私の拳はくらったゴブリンはボールのように跳ねて数十メートル先にまで飛んで行った。

「それじゃマスターのものに帰ろう!」

私はゴブリンを拾い、マスターがいるダンジョンに帰るのだった。

「ダンジョンライフ〜僕のダンジョンはランダムで〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く