ダンジョンライフ〜僕のダンジョンはランダムで〜

感想待ち!

2話

「いててっ、ここは?」

僕は目を覚ました。

「そうだ、僕はダンジョンマスターの設定をしていたんだった」

僕は先ほど真っ白な空間でダンジョンマスターの設定を行なっていたんだ。それでダンジョンマスターの設定が終わったと思ったら突然意識が朦朧としていきしまいに意識を失っていたんだ。

「ん?これは?」

僕はふっとそばに置いてあった本が気になった。気になってその本を見てみるとその本にはダンジョンマスターと書かれていた。僕はこの本のことが気になって手にとってみることに...すると僕が手にとった瞬間に本が目が開けていられないほどの眩しい光を放ち始めた。

「う、うぅ、うぅぅぅぅ」

突然頭に痛みが生じた。無理矢理頭の中に何かを詰め込んでいるような、感じたことのないものすごく強烈な痛みだ。

「あぁぁぁぁぁぁーーーー!」

あまりの痛みに僕は頭を抱えながら地面に倒れ込んだ。

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ~痛かった~」

しばらくすると頭に感じた痛みも治まった。あまりの痛さだったので若干目に涙が溢れていた。

「あの本はダンジョンマスターのための本だったのか」

さっきほど僕が見つけたあの本はダンジョンマスターになった者に送られるダンジョンマスターのための本だった。あの本はダンジョンマスターとしての知識を無理矢理頭に詰め込ませるアイテムのようなものだった。無理矢理やるもんだから頭にダンジョンマスターの知識を詰め込ませている間は痛みが生じたんだ。この知識もあの本に詰め込ませられた知識の1つだ。

本来ダンジョンマスターがダンジョンマスターの知識を身につけるには2つのパターンがあった。その2つはダンジョンマスターの属性によって決められる。本のままダンジョンマスターが勉強してダンジョンマスターとしての知識を身につけて行くパターンともう1つ人工知能が搭載された喋る本がダンジョンマスターに知識を教えて行くパターンがあったのだが僕の属性がランダムだったのでその2つのどちらでもない無理矢理知識を詰め込ませるパターンになってしまったと言うことだ。

「まぁ今はダンジョンを作らないとな!」

ダンジョンマスターはダンジョンから力を得て生きていくことが出来るのだ。そのためダンジョンがないダンジョンマスターは力を得ることができず死んでしまうのだ。そのためダンジョンマスターはすぐにダンジョンを作らなければならないのだ。

「《ダンジョンクリエイト》」

ダンジョンマスターが何かを作るときにはクリエイトと唱える必要がある。今回はダンジョンを作りたいので《ダンジョンクリエイト》と唱える必要があった。

「こんなもんかな?」

僕の目の前にはあまりにも不自然な洞窟が出来ていた。そしてこの洞窟こそが僕のダンジョンである。

「それじゃ入ってみるか」

僕は出来たばかりのダンジョンの中へと入る。見た目では一人一人ぐらいしか入れないように見えるがダンジョンとは異次元に存在するものでこの洞窟はダンジョンの入り口となっているだけで外から見た見た目がそのダンジョンの大きさになるわけではない。

「意外と広いな~」

ダンジョンに入ってみると、ダンジョンの中は人が50人は入れそうなほど広く、周りは石で出来ていた。

「あれがダンジョンコアだな」

ダンジョンの真ん中にはポツンと水晶が宙に浮いていた。

ダンジョンコアとはダンジョンマスターの力の源になるものである。あれを壊されてしまうとダンジョンマスターは力を失ってしまう。

「それじゃどうしようかな?」

ダンジョンコアはこの世界ではとても貴重な物として扱われている。そのためダンジョンコアを狙う者がいる。その者たちからダンジョンコアを奪われないようにするためにダンジョンマスターは2つの力を備えている。

1つが《モンスタークリエイト》だ。《モンスタークリエイト》はモンスターと呼ばれる存在を召喚することができる力なのだ。この《モンスタークリエイト》によって召喚されたモンスターはダンジョンマスターに危害を加えることができず、そして召喚されたモンスターをダンジョンマスターは命令をすることができる。

2つ目が《アイテムクリエイト》だ。《アイテムクリエイト》はアイテムを召喚することができる力だ。この《アイテムクリエイト》によってダンジョンの浸入してくる者からダンジョンコアを防衛するために罠を召喚したり、侵入者を撃退するための武器を召喚したりすることができるのだ。

この2つが主にダンジョンマスターとしての力だ。

この2つの力を元にダンジョンマスターはダンジョンを大きくしていくのだ。

「ダンジョンライフ〜僕のダンジョンはランダムで〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く