ダンジョンライフ〜僕のダンジョンはランダムで〜

感想待ち!

1話

「どこだここは?」

僕は目を開けるとそこは見たこともない光景が目に入ってきた。

目を開けた先に広がっていた光景は真っ白な空間だった。

「あれ?僕は誰だ?」

僕はなんでこんなところにいるのかを考えようとしてこれまでの記憶を思い出そうとしたが何も思い出すことが出来なかった。自分の名前すらも思い出すことはできなかった。

「あぁ、思い出した、僕はダンジョンマスターになったんだった」

僕は先ほど神と呼ばれる存在からダンジョンマスターに任命しますと言われて僕はダンジョンマスターになったのだ。ちなみに拒否権はなかったので無理矢理だった。ちなみに記憶は先ほどあった神と出会った時の記憶は思い出したが神と出会う前の記憶は思い出すことが出来なかった。もしかしたらそんな記憶はないのかもしれないけどね。

「まぁ何にも記憶がないのと変わらないけどな」

今の僕は何にも記憶がないのと変わらない。ただ知能はあるようなので考えたり話したりすることは出来るようだ。

「それよりこれからどうしたらいいんだ?」

僕はこんな真っ白な空間でどうしたらいいのかわからないでいた。

『それではこれからダンジョンマスターの設定を行います』

僕がどうしたらいいのか悩んでいると頭の中に誰かの声が聞こえてきた。辺りを見渡しても誰もいないので直接頭に言葉を伝えてきているのだろう。

『それでは最初に名前を決めて下さい』

どうやらこれから僕はダンジョンマスターの設定を行わなければならないのだろう。特にやることもないのでこの声に従うことにした。そして最初に自分の名前を決めなければならないらしい。

「名前か~どんな名前にしようかな~」

なんとなく名前というのは大切な気がする。だから安直に決めるのではなくしっかりと考えてから決めることにする。

「レイン、僕の名前はレインにするよ」

僕がどんな名前にしようかと悩んでいると、ふっと頭の中に虹が浮かんできた。虹はレインボーとも言うのでレインボーだと名前ではないのでレインを取って自分の名前をレインに決めた。

『かしこまりました、名前を登録しました』

これで僕の名前はレインに決まった。

『それでは次に属性を決めたいと思います』

名前を決めた後に属性を決めることになった。なんの属性を決めるのかわからないが、聞いても返答がないのでこのまま進めていくしかないのだろう。

『それではあなたの属性を選んで下さい』

僕の頭の中にたくさんの属性が浮かんできた。

「たくさんあるんだな~」

・火
・水
・風
・土
・光
・闇
・鉄
・犬
・猫
・狼
・人
・悪魔
・天使
などなど

「どれにしたらいいのかな?」

このたくさんある属性の中でどの属性を選んだらいいのか、逆にどの属性を選んではいけないのかなんの知識もない僕にはどれを選んだらいいのかわからなかった。

「よし!これに決めた!」

僕はたくさんある属性の中からある1つの属性に決めた。その属性はこのたくさんある属性の中でも特に目立っていた。その属性とは『ランダム』属性だ。なんで僕が『ランダム』属性にした理由とはどの属性にしたらいいのかわからなかったからだ。何にしたらいいのかわからないのでこの属性の中で一番よくわからない属性にしたのだ。

『かしこまりました、属性を登録しました』

これでなんの属性から分からないが属性が決まり次に進むことができる。

『それでは次に固有スキルを決めたいと思います』

属性を選んだ次に決めることは固有スキルらしい。

『それでは固有スキルを選んで下さい』

僕の頭の中にたくさんの固有スキルが浮かんできた。

・火魔法
・水魔法
・風魔法
・土魔法
・召喚魔法
・回復魔法
・強化魔法
・幻影
・魔眼
・電撃
などなど

「これもたくさんあるのか~」

僕はたくさんある固有スキルを1つ1つ見ていくには大変なので大まかに気になるものがないか流して見ていく。

「あ、いいの見つけた!」

僕は固有スキルを見ていくと気になるものを見つけた。なんとなくだけどそのスキルが僕にあっているような気がしたので僕は迷うことなく即決でそのスキルに決めることにした。

「固有スキルはこれでお願いします!」

『かしこまりました、固有スキルを登録しました』

僕は固有スキルを決めた。

『それではこれにてダンジョンマスターの設定を終了いたします』

どうやら固有スキルを決めた後には何かを決めることはなく、これでダンジョンマスターの設定は終わりらしい。

『それではこれからあなたは異世界に転生します』

それだけを言うと謎の声はそれ以降聞こえてくることはなく、次第に僕の意識が朦朧としてきた。

『それではあなたのご活躍を期待しております』

「ダンジョンライフ〜僕のダンジョンはランダムで〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く