月影の夢

美扇

第五話「入隊試験(下)」

はいどうも。美扇です。

前回は、狂華に喧嘩を振った隊士と真剣勝負をすることになって

そいつが人間じゃなくなったって所まででしたね。

さぁさぁどうなることやら楽しみです

では、ごゆっくり〜




ヴァ”ァ”ァ”ァ”ァ”!!!!


「これは!あやかしか!トシ!結界は!」

近藤が土方へ結界について聞く。

「もう張ってあるよ。」

サラッと返す土方。

「分かってたんですか?こうなること。」

総司が眺めながら聞いた。

「あぁ、あいつの影が他よりおかしかった。」

土方は妖になった隊士を見て答えた。

「なるほど、流石良く見える人は違うね。」

茶化すように総司は言う。

「まぁ、お手並み拝見と行きましょうか。ね?狂華ちゃん♪」

最後の一言はとても暗い声に聞こえた。

ヴァ”ァ”ァ”!

「ワカッタゾ…オマエ…ヒ…ダ…」

何かを呟きながら狂華を見る。

「はぁ〜真剣勝負なんだから剣使えよ…」

狂華はため息をこぼす。

(さぁて、どうしたもんか、変化するのは別に構わないが、説明させられるんだろうな。面倒臭い。まぁ、いいか、テキトーに言っとけば。)

狂華は刀を下ろし、立ち尽くす。

「…出来ることならこれはしたく無かった…」

狂華が悲しい声で呟く。

「…解…」

フワッ!

すると、狂華の足元から花弁が舞う。紅い華 牡丹一華ぼたんいちげの花びらが武道場全体を舞う。

花が舞うと、武道場が少し暗くなり狂華の目は紅く光る。

ヴァ”ァ”ァ”ァ”ァ”!!!!

妖は狂華目掛けて走ってくる。

「狂華!」

原田が狂華の名を呼ぶ。

妖が狂華に近づいた時狂華の周りを花弁が覆う。

花弁が無くなると、そこには右側は折れた赤黒い角

右手は人とは思えない禍々しい紋様を描いた腕。

髪は解かれ腰まである。

暗い中の目立つのは鶴月の光と狂華の紅い目。

ヴァ”ァ”ァ”ァ”ァ”ァ”ァ”ァ”ァ”ァ”!!!!

シャリン!

近づいてくる妖を狂華は横真っ二つに斬る

斬った音はまるで鈴の音のよう。

ヴァ”ァ”!!

バタッ!

妖は倒れ花弁となり、中から隊士が出てくる。

・・・

静けさが武道場を覆う。

「…しょ、勝者、狂華。」

勝負のことが頭に残っていた人は狂華以外他にはいなかった。

「…近藤さん、悪いがそこに寝転がっているバカを運んでくれねぇか。」

土方が厳しい声で呟く。

「沖田と斎藤は近藤さんとそいつの治療だ。」

沖田&斎藤「了解。(です)」

「ほか幹部はここの片付けたあと、仕事に戻れ。」

「了解。」

幹部達に手際よく命令をしていく様は、本当に上の立場にいる人なのだと狂華は実感した。

淡々と狂華の方へ向かってくる土方は、気を荒立てた鬼ではなく。状況を考えて相手を視る、冷徹な鬼の目をしていた。

「狂華。お前は俺と来い。」

はなたれた言葉に狂華は息を飲んだ。

今まで、どんなに厳ついやつに脅されても、ビクリともしなかった狂華が、土方の声がとてつもなく重く感じたのだ。

「分かった。」







はい。どうも皆さんこんにちは?こんばんわ?

おはようございます? 

美扇です。

さぁて、入隊試験が終わったと思ったら、鬼の副長がキレましたね。

土方が狂華へ聞くこととは?それに狂華はなんと答えるのか!

乞うご期待

では、また次回。(^_^)/~~

「月影の夢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く