話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

25話 エルフの国その二


「わざわざ森を通るのめんどくさいですから山の頂上までドラゴに乗っていきましょ!」


「申し訳ない、我が乗せて飛べるのは5人が限界でございます」


「それはワイバーンを使えばなんとかなるな」


ということでワイバーンを6体召喚して、残る3人がドラゴに乗る。
空の旅は順調に進んでわずか一時間で山の頂上に着いた。

そこから見えたのはファンタジーゲームでよくあるちょっと古い街並みだった。


「あれがフェニラクスか」


「そうね、この街で一旦宿取ってギルド登録しましょ」


「ですね、でもここは親魔派の領土だから大丈夫だとは思うんですけど...逆に七つの大罪が来たということで騒ぎになりそうです」


「そいえば何も考えてなかったけど王都を出てから6日目だからもう捜索隊が出されてると思うから....」


「唯一大丈夫なのは俺だけか....」


A:勝手に失礼します、変装魔法使えばいいんじゃないですか?燃費もいいですし...


なるほど!変装魔法があったか


「変装魔法使えばいいんじゃないかな?キリッ」


「なるほど!その手がありました」


「さすが主君殿です」


「そ、そうか?」


A:....はぁ


ということでみんなで変装魔法を使う(俺ものりで使う)


結論から言うとみんな金髪になった。どことなく変装前の雰囲気があるが、確認しなければいけないほどではある。特にダフネちゃんたちとかはほとんど見分けがつかなかった。


「かずとさん.....カッコイイです!」


「そ、そうか?ありがとな!」


(そのキラキラした目は反則だよダフネちゃん)

「金髪で目もどっちも青だけど、何気なくかずとさん独特の雰囲気があって....おかずにできそうです」


(ん?今おかずって言わなかったん?何か目が変じゃないか?)


「ん?なんのおかずかなぁ〜あはははは...」


「もちろんPーーーのです」


「どこで覚えたのそれ!?」


「か・ず・と〜女の子にそんなこと言わせちゃダメでしょうが!」


「グハッ」


強烈なキックが男の象徴にヒットし、そのまま轟沈する。


「モテる男は大変ですなぁ〜主君殿」


ドラゴがこちらをニヤニヤしながら見ている。


そのなんですかね、子供のああゆう本みて自分の思春期を思い出しちゃってる風の顔はお辛いっす。


「若い時は我もたくさんの雌龍としたからのぉ、力あるものには女はついて来るもんであるぞ主君殿。
主君の実力なら何人も囲いに加わると存じますぞ」


本当に自分の思春期時代思い出していたよ...というかこの場のほとんどが女性なのにこの話題は如何なものかと思う。
ハーレムしてるのに今更だって?いやまぁそんなんだけど、常識というかモラルと言いますかそんな様な物があるからでして...────あっ、モラルと常識って一緒だった....


「ちなみに...それは何年前?」


「我が封印されたのが千年前だから...そうですのぉ、我が盛んだった時期はだいたい2000年前でございますな!」


「スケールがデカすぎてよく分からなかったけど結構前だってことは分かった」


「いやいや、主君殿。我は人間の年齢で言うとまだ30代後半でございますぞ。封印前だと30前半と言った感じでこざいます。ドラゴンにとっては千年など5年ぐらいのようなものですぞ主君」

 
「スケールデカすぎてよく分からなかったけどドラゴがまだ30代後半だってことは分かった」


「でも最下級竜の野良ワイバーンですら倒されない限り一万年は生きるとされてるのよ、属性龍だったら数千万年の寿命だって短いはずよ」


「その通りでございますぞダークエルフの奥様、我が寿命は半永遠、火の神、そして龍の王としてその命は永遠に尽きることはないのですぞ」


「誰がこいつの奥様よ!!」


『はい!』

と素直に返事をする少女たち、そしてイラッときたリアスはギロっと俺を睨む。
飛んだトバッチリに俺は溜息をつく。


「にしても魔族や魔物同様に半永遠の寿命か...羨ましいなぁ...」


予想はしていたが種族によって寿命は違うのだろう。


A:そうですね、魔族以外はかずとさんのいた世界と寿命は変わりませんよ


まて...魔族の寿命が永遠?もしかして...


俺の推測が正しければ....こんなのは受け入れられない。多分ダフネちゃんたちもそんなのは受け入れたくないはずだ。


「それにしてもダフネ奥様方はこんなに若いうちから継いでいらっしゃったのか、我が見た限りだとどんなに若くとも100歳を超えてから継ぐケースでございます。さぞかし苦労したでしょうな」


ダフネたちちゃんたちは下を俯きながら話す。


「私たちの母は魔族の差別撤廃を本気で目指していたんです...」


「なるほど...勇敢な方々だったのですな」


「ドラゴ...あんまりその話題には触れないで上げてくれ、その...最近親を失くしたばかりだから」


「それは大変失礼した」


と可愛くお辞儀するドラゴ、この長生きのドラゴンはたくさんの死をまさに死ぬほど見てきたのだろう...そんな感じが読み取れた。


「そろそろ着くわよ!」


気付けばもう街に着いていた。みな金髪ばっかりでたまに見かけるぐらいだ。


「わぁ...見分けがつかねぇえええ」


「他の種族からはよく言われるものよ、でも魔族は全員銀髪だし、獣人はまぁいろいろあるね、人間族なんかは茶髪って感じで他の種族にとってはどの種族も見分けがつかないものなのよ」


なるほど...これは俺が居た世界でも似たようなのがあったような気もする。


このフェニラクスという街、まさにファンタジーゲームの街並みだ。


「んでリアスさんや、なにか宛はあるのか?」


「もっちろーん!この街のギルド職員で私が王女様だってこと内緒で匿ってくれる親友がいるんだよ!」ドヤッ

まぁ...その親友とやらが裏切ったりマークしなきゃいいんだけどな...


あくまで推測なのだがフェニラクスという街名恐らくドラゴの本名『フェニックスドラゴン』から来ているのだろう。


そいえばステータスの説明のところに

『説明:半伝説の属性龍、千年前にエルフの森を壊滅寸前まで追い込んだほどの強さ。世界中の冒険者、勇者、騎士によってドラゴニアダンジョンに封印された。』
と書いてあったような気がするきっと関係があるに違いないだろう。


「そいえばドラゴってなんでエルフの森を襲ったの?別に答えたくなかったらいいんだけど...」


「それなら昔言い伝えがあるわ、昔魔族の血を引いているという理由でダークエルフは酷い差別を受けていたの、ある日差別から逃げてきたダークエルフの少女が傷つついて、眠っている赤いドラゴンと出会った。少女とドラゴンはすぐに仲良くなった。ちなみにその場所がドラゴニア平原だとされているのよ。
少女とドラゴンは様々なことをして遊んだ。ドラゴンの背中に乗って空を飛んだり、花を積んだりした。お腹が空けばドラゴンが木の実をとったり、川の水を一緒に飲んだりした。
そんな日が続いたがある日少女が出かけていると純血のエルフとばったり会ってしまう。
そこで彼女は殺されてしまい、その遺体はドラゴンの前に置かれた。
赤きドラゴンは激怒した。かつての温厚なドラゴンの面影は全くなかった。
怒りのオーラで草原は一瞬で炎の海に変わる、エルフは一瞬で灰になり塵となった。
それがエルフ史上最大の過ちとされている

『バーニングデスパーティ』


炎龍フェニックスドラゴンの憤怒だね。

そして最初に炎龍の被害にあったのがこれから向かう街フェニラクスってわけ、その後もドラゴンの進撃は続き王都までも陥落させた。
炎龍が通った道は草木一本生えていなかったそうだ。

結局炎龍は世界中のありとあらゆる勇者、騎士、冒険者総勢3000万人をも越え、やっと押し返すことができ今のドラゴニアダンジョンに封印されたそうです。

その後その少女の墓がドラゴニア平原に建てられ、禁忌目録という絶対法律ができて、そこにある五条目に他の種族とのハーフを差別してはいけないと定められましたとさ。

まぁ、正直1000年以上経つとほぼほぼ伝説で事実があってるか微妙だけど...


なるほど...そりゃブチギレるわ。俺も魔族ってだけでダフネちゃんたちを殺されたら世界間違いなく即効で滅ぼしてるだろうね。


「んで、本人としてはこの言い伝えはあってるの?」


「ああ、言い伝えとしては珍しいぐらいに合っています。我としてはなによりも差別がなくなったことが一番の嬉しさですな」


俺の肩に乗っているドラゴは達成感と悲しさが混じったような表情をしていた。


「それでもやっぱり本人じゃないと分かんないこともあるんでしょ?」


「それもそうだが、ダフネ奥様方のように私もこの話題はあまり触れられて欲しくないのと、ここで万が一聞かれてしまうと大騒ぎになりかねないので今は遠慮させていただくますゆえ」


「それもそうだな、気が向いたら話してくれ」


「承知したぞ主君殿、また今夜誰も聞いてないところでお話いたそう」


結構早いな...(笑)


「それじゃみんなギルドに向かうよー!」


現在時刻:3:40

宿に着いたら休憩したいなと思いいつつ俺はリアスに続く。


_____________________________________________________

アンケートの結果

ちょっと短いと感じた方がちょっと多かったのかな?
一日一話のペースでエピソードを公開するのが習慣でいつも時間ギリギリなのであまり増やすことは出来ませんが3500文字以上は絶対、出来れば4000文字以上書きたいと思ってます。

アンケートに答えてくれた皆様本当にありがとうございました!!m(*_ _)m


いやぁ...明日から学校か...……(o_ _)o パタッ


~朝~

アラーム「おはよー!!!起きてー!!!カンカンカンカン!!!カンカンカンカンカン!!!!朝だよ!!!外明るいよ!!!!ねえねえ!!」
(※実際にこうゆう音はなりません)


作者「((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア」

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゼルディーニ・O・J

    自分の場合は
    ピリリリ!ピリリリ! バン!(目覚ましを叩く音)
    「やべー起きねぇーと………………zzz」
    「ハッ!今何時?!昼やんけー!!」
    てのが最近あったことですねはい。

    6
コメントを書く