話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

21話 VS炎龍その一

現在今まで誰も到達したことのないという100層、流石に魔物だけでは厳しい強さになってきていて、しばしば魔法で援護したり、魔物を増やしたりしていた。


「第100層のボスって何でしょうかね?」  


「相当強いはずだけど....」


「また戦わずに逃げちゃったりするのかな?」


「それはないと思うね、ダンジョンの主があっさり最終宝具を譲るわけがないよ、多分....」


「そいえば今何時ですか?」


「太陽が出てないからわからないよ」


「ちょっと待ってなんーと...」


『想像召喚』腕時計


とりあえず金ピカな時計が出てきたので時間を確認する。


「今は深夜二時だな」


「あ...」


「どうしたリアス?」


「そいえば門限8時なんだった...」


「残念、もう遅すぎるというか過ぎてる」


「あはあはははは....」


ガックリと膝を落としてリアスは明らかに絶望顔...自業自得としか言いようがない...


「先に言っておくがダンジョン攻略しよって言ったのお前だからな?...」


「プルプルもうやだよぉグスン」


ダフネちゃんが泣き止んだと思ったらリアスが泣き始めるの繰り返しだ。いい加減ちょっとめんどくさくなってきたのでリアスを引きずりながらボス部屋に向かう


「ほら、リアスボス部屋に着いたぞ、死にたくなかったらちゃんと動け!」


「うぅ...わかったよぉグスン」


なんだかんだでリアスの準備ができた。本当にこのドジっ娘なんとかならないものだろうか?


「よし、みんなくれぐれも気を抜くなよ!」


『はい!』

といい返事が帰ってきたところで俺は扉を開ける。入った途端前回のボス戦(?)と同じく扉が閉まる。


....さてとラスボスは結構厄介なみたいだな


名前:呪いの騎士[炎]
種類:呪縛霊
属性:闇、火
危険度:S
レア度:SS

LvMAX

体力:90000000/90000000
攻撃:MAX+20
防御:MAX+40
すばやさ:最大速度,時速100km
魔力:MAX/MAX

使用可能魔法:全魔法可能(火)、騎士の呪い(闇)

固有スキル:灼熱、打撃無効化、苦痛無し

説明:全ての炎魔法が使える騎士が討死したときに呪いとして転生した鎧。元使用者同様全ての炎魔法が使えて、死を恐れず襲ってくる。


単体はそこまで強くないのだが...


「10体もいます!」


「本当にレア度SSなのか疑わしいわね」


そう、10体居るのだ。これだけの数だと俺もカバーしきれない。


「みんな、一人一体倒せるか?」


『はい!もちろん』


「ってもう来てます!」


騎士の鎧だった癖にどうやら相手は空気が読めないらしい...

まっ、これでウリャッ!


グラムを思いっきり呪いの騎士に向かって振り、呪いの騎士は剣でガードしたもののそのまま壁に叩きつけられた。

だが...明らかに致命傷だったのに全く平気な感じだ。

こいつ...なんなんだ!?

だが答えはステータスに分かりやすく書いてあった。

名前:呪いの騎士[炎]
種類:呪縛霊
属性:闇、火
危険度:S
レア度:SS

LvMAX

体力:90000000/90000000
攻撃:MAX+20
防御:MAX+40
すばやさ:最大速度,時速100km
魔力:MAX/MAX

使用可能魔法:全魔法可能(火)、騎士の呪い(闇)

固有スキル:灼熱、打撃無効化、苦痛無し

説明:全ての炎魔法が使える騎士が討死したときに呪いとして転生した鎧。元使用者同様全ての炎魔法が使えて、死を恐れず襲ってくる。


打撃無効化!?マァジカヨ...



A:勝手に失礼します。炎タイプは水魔法がとても効果的です。今から魔法名を指示するのでそれを言って、放ってください。放ち方はお任せします


サンキューGREE!


A:それでは行きます!まず水の纏いを使ってください


「水の纏い!」


すると身体の周りに水のバリアみたいなのが付いた。


A:アクアショット!


「アクアショット!」


勢いよく右手から水が放射され、呪いの騎士を吹っ飛ばす。
呻き声をあげ、じたばたしている。今度はかなり効いてそうだ。


A:その調子です!アクアブレード!


すると剣がさっきのバリアみたいな水を纏った。おそらくこれで剣の攻撃に水属性が追加されたのだろう

すると横から呪いの騎士が襲ってきたので剣を払って、胴体を斬る。

斬られた呪いの騎士は血を流さずに倒れそのまま煙になった。


A:アクアスラッシュ


「アクアスラッシュ!」


その名の通り水の刃が呪いの騎士に向かって放たれ、呪いの騎士を斜めに切り裂く


そのまま呪いの騎士は倒れ、煙になった。


さてダフネちゃんたちはサテラちゃん以外水魔法を使える人がいないから苦戦してると思ったのだが...


まず、リアスの風のSランク魔法エアグラビティで炎魔法どと呪いの騎士を吹っ飛ばす。


そして、テュフォンちゃんがスキル堕天の力で見事な堕天の翼を生やし、その羽を飛ばして呪いの騎士にす。
すると一秒でそれぞれの数値が-1000というかなりの速さでみるみるステータスが減っていく。
そしてベルちゃんの土魔法で数体の相手の動きを封じ込め、ダフネちゃんの影が形を変えて動き出し、放たれた炎魔法を一つも残らず食べた。


あれはなんだ?


A:あれはダフネさんのスキル『何でも捕食』そのものです。
あれは超レアな具現化スキルという奴ですね。あれが食べ物以外を全て食いますが、魔力消費はあるみたいです。ですが、そこまで燃費は悪くなく、むしろ魔法を食べたりすることによって魔力が回復するようです。


なるほど、そりゃ凄いな


A:ちなみに私もスキルそのものなんですけどね...ボソッ


ん?なんか言ったか?


A:いえなんでもありません


そして、さらにサテラちゃんの強烈な全体攻撃の水魔法が炸裂する

さらにエキドナちゃんが相手の防御力を無視して、スキル体力吸収でどんどん体力を奪っていく


そして、ミラちゃんの聖魔法により、光の槍が無数に出現し、串刺しにしてトドメを刺す。


「みんな強いな...」


『かずと(さん)ほどではない(です)よ』


「よし、これで全部かな?」


ドラゴニアダンジョンって言うぐらいだから本当はこうゆう時めっちゃ強いドラゴンを期待していたのだが...まぁいいか報酬に期待って宝箱がない!?


すると部屋中に大きな魔法陣が発動されそのまま視界が真っ白になった。


「うう...眩しい......ここはどこだ?」


周りを見てみると今までいた場所とは比べ物にならないほど大きな空間にいた。


...にしても暑い


よく見たら中央からマグマが噴き出していて、いかにもヤバそうな雰囲気だった。


「みんな大丈夫か?」


「うん」


「ここは一体どこなのでしょうか?」


『うーん』


するとマグマの方から声がした。


《誰だ、我の眠りを覚ました奴は》


『!?』


「なぁ...あの中に人でもいるのかな?」


「それはないはずです、いくら強い炎耐性スキルを持っていたとしてもマグマの中に平然としていられる、ましてや眠れるなんて人聞いたことありませんよ!!」



《そりゃあそうさ、我は人ではないからな》


突然マグマが爆発し、煙が晴れるとそこには一体の巨大な赤いドラゴンがいた。



_____________________________________________________

今更なのですがハモりゼリフの時いちいち

「「「「「「「」」」」」」」って感じに打つの面倒臭いので四人以上の時は『』を使おうと思います。



あとこの前ついにフォロワーがイイネの数を超えたとかなんとか言いましたけど、またイイネの数がフォロワーの数を上回りました(笑)
まぁこのことに関しては面倒臭いんで気にしないで置きます。


読者「面倒臭がり過ぎな、あと今回VS炎龍って言うよりもVS呪いの騎士(炎)って感じじゃないか?」


作者「そうなんですけど...題名的に炎龍の方がなんか良いような気がしたんですよ!」


読者「( ³ω³)ファッ!?」



「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 破壊神フラン

    言いたいこと先に書かれてたぁー

    1
コメントを書く