話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

14話 旅立ちその一


ふぅ...ちょっと油断してしまった。いくら最強でも油断しちゃダメだよなぁ...。

さっきの戦闘は流石に相手をなめすぎた。それに傷は治るとはいえ、あの痛みは結構キツかった。


「おかえりなさいかずとさん...ねぇ、かずとさん戦ってきましたよね?」


「え、そ、そんなことないよ」


「服が破れていてとぼけられても反応に困るんだけど...」



「あ....」


斬られた時服破けちゃったんだぁぁぁ


「そ、それよりもう暗いし夕飯にでもしようか!」


「....誤魔化さないでください」


「すみません....」


「だいたいなんで私たちに禁止しといて自分は戦ってるんですか!....」


ダフネちゃんたちの説教は一時間ぐらい続いた。


とりあえず説教が終わったあと俺は頃合を見てみんなに伝えようと思った。


「なぁ...みんなちょっと話があるんだが」


「何ですか?」


「明日から俺旅に出ようと思う」


「「「「「「「ええっ!?」」」」」」」


「でも何で...」


「俺はこの世界のことよく知らない、それにこの世界をすみずみまで見てみたいんだ」


「でも私たちどうすれば...」


「これを持っていて」


ダフネちゃんに魔法陣が描いてある石を渡す。これでダフネちゃんたちがピンチの時に俺を呼び出せる。無論この案はGREEが提案した案なのだが...。



「これは一体?」


「この石を持っていればいつでも俺を呼び出せるから」


「なるほど...でも寂しいです」


「大丈夫、俺も呼び出すからその時はよろしく」


「はい!というか一時間に一回呼んでください」


それは多すぎるかなぁ


「あと、散々助けて貰っていてなんですが、お願いしてもよろしいでしょうか?」


「うん、いいよ」


「魔王...いやレムリアお姉ちゃんを助けてください!」


魔王の娘...いや、現魔王レムリア、たしかダフネたちを守るために人質になったはずだ...。


「でも、多分もう...」


「そんなことはないわ!」


「レムリアねぇはー自分以外のー魔族が全員殺されない限りー絶対に殺されないんだよー」


なるほど...なら助けるしかないな


「ちなみに何処にいるか分かる?」


「すみません...分かりません」


旅の理由が一つ増えたな...。


「旅をしながら探してみるよ」


「本当になにから何までありがとうございます!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~その夜~
やっぱりみんな連れていこうかなぁ...いや、魔界に魔族が常に一人もいないというのは流石にダメだ。
そんなことを考えながら布団に潜る。
なかなか寝付けない....
その時ドアが開いたと思ったら少女7人が全裸で俺に突撃してきた。その後のことは語るつもりはない。ちなみに名誉よ為に言っておくが、決して中学上がりたての少女を欲情に負けてゲフンゲフンなことしてないからな?ぜっっったいにしてないからな?




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~次の日の朝~
朝起きるとみんなが全裸で俺の布団に倒れていた...。そうだった昨日....。ンア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙こんなことして俺は良かったのだろうか!?
初めてが小学生ぐらいの女の子って俺はロリコンか!?ロリコンなのか!?もう犯罪者予備軍でもなんでもいいや...。


「おはようございますかずとさん。その...昨日は凄かったですね…///」


言っておくが誤解をしないでくれみんな...せいぜいちょっと過激な接吻ぐらいだ。信じてくれ頼む...


「....///」


その後朝食をとってなんだかんだでくだくだしていたら昼になっていたので昼食を取りやっと旅に出ることにした。
本当に大切な人と別れる時ってまた会えるって分かっててもぐたぐたしちゃうよねぇ...。

「そいえばかずとさんって魔族なんですよね?」


「うん、そうだけどどうしたの?」


「かずとさんは知らないかもしれませんが、実は魔族は男の人はなれないんです」


「ええ!?でもじゃあもしかして先代の魔王と七つの大罪って...ダフネちゃんたちのお父さんじゃなくてお母さんなの!?」

マジかよぉぉぉぉお母さんなのかよおお王が男とは限らない当たり無駄に男女平等してんじゃねぇか分かりずらいわ!!

沢山の魔物を召喚しまくったし、最悪俺を呼び出すようにしているし、安全面に関しては問題ゼロと言っても過言ではないだろう。
そしていよいよ別れの時が来た。


「それじゃ行ってくるな」


「お気をつけて!」


「「「「「「「せーの!行ってらっしゃい!!」」」」」」」


「みんな...ありがとう」


あぁ涙ホロり...うん、真面目に泣いてるわ


「かずとさんのバカ...かずとさんが泣いたらヒクッ私たちも泣いちゃいますよ...せっかく笑って見送ろうと思ったのに...グスン」


「すまんな...んじゃ今度こそ行ってくる」


「はい!行ってらっしゃいグスン」


俺は山を降りて、東に向かった。


さて、この世界にやって来てまだ三日しか経っていないのだがいろんなことがあった。

まずは転生して即効でなんか世界最強の勇者倒しちゃうし、いやぁあの勇者さんには悪いんだが名前すら見てないから詳しいことは分からないんだよねぇ


ちなみにあとあとそのせいでめんどくさいことになるのだがそれは置いておこう。

それにしても俺のステータスみてマジでビックリしたなぁ、白○プロジェクトをぶっ壊れチートでプレイするのより酷いよなぁ....スキルも作って増えた事だし、一回確認しておこう。





名前:カミジョウ カズト
年齢:16歳
性別:男
種族:魔族
職業:邪神
身長:172.4cm
体重:65.8㎏

LvMAX+999

体力:MAX+999/MAX+999
攻撃:MAX+999
防御:MAX+999
すばやさ:測定不能
魔力:MAX+999/MAX+999

使用可能魔法:全魔法可能(火・水・草・雷・風・土・聖・闇※全属性)

固有スキル:超隠蔽、スキル創作、邪王真眼、究極光属性キラー、底なし魔力、邪神の加護、主人公補正、超勇者キラー、超騎士キラー、想像召喚、マップ、危険察知、気配察知、気配消去、剣豪キラー、避妊

称号:邪神様、転生者、災厄の神、魔族の神、滅びの神、歪んだ心、勇者殺し、救世主、侵略神、半鬼畜、超剣豪殺し

説明:地球からの転生者。心がとてつもなく病んでいるが根は優しい

うわっ!?エッグ!!そして相変わらずツッコミどころ満載すぎ。


そいえば主人公補正ってなんだ?前は気になんなかったけど..


『そこに真実はぬぁああい!!』


あ、はい良くわかんないけど触れてほしくないみたいなんでほっときます。

_____________________________________________________
グアムのホテルで無料WiFiに繋げたので何とか暇な時間に書くことができました!

いやぁ今時は凄いですねぇ(バリバリ若者なんだけど...)

さて、今回は規制ラインギリギリを攻めてみました(笑)
ちなみに作者はD卒なのかって?(´Д`)ハァ…んなわけないだろバリバリのDT君ですよ、まじかずとくん羨ましいわ

自分の作品の主人公に嫉妬する痛すぎて痛みも感じないDTの姿がそこにはあった。

それは決して俺でないと信じたい...

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • スライム好きなスライム

    そこら辺は時間かかる、ていう設定でしょ

    0
  • リムル様と尚文様は神!!サイタマも!!

    白猫好きなんですね!同じです!後ローブ、ズボン、靴等はSSSで、しかも壊れないのでは?

    2
  • ノベルバユーザー172873

    ローブって切られたりしない設定ではなかったのですか??

    3
コメントを書く