話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

10話 侵略☆邪神様その三

俺は風呂から上がってタオルを手に取り身体を拭いた。

そいえば服作んなきゃな...「『想像召喚』魔法の服・ズボン・靴!」

A:デザインを決めてください。

何百通りものデザインがあり、どれにしようか迷ったが黒のローブと黒のズボンに黒い靴 (いずれも魔法の物)

名前:ダークエンペラーローブ
種類:〖服〗・[ローブ]・魔法のローブ
総合評価:SSS
レア度
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
素材:不明
サイズ:自動調整
定価:不明
耐久性:SSS
着心地:SSS
説明:邪神の『想像召喚』によって創られた魔法のローブ。どんな魔法も攻撃を食らっても傷つかない。

名前:ダークエンペラーズボン
種類:〖服〗・[ズボン]・魔法のズボン
総合評価:SSS
レア度
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
素材:不明
サイズ:自動調整
定価:不明
耐久性:SSS
履き心地:SSS
説明:邪神の『想像召喚』によって創られた魔法のズボン。どんな魔法も攻撃を食らっても傷つかない。

ダークエンペラーシューズ
種類:〖靴〗・[スニーカー]・魔法の靴
総合評価:SSS
レア度
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
素材:不明
サイズ:自動調整
定価:不明
耐久性:SSS
履き心地:SSS
説明:邪神の『想像召喚』によって創られた魔法の靴。どんなに足場が悪くても素足感覚で歩ける。耐久性も申し分ない。

ちなみに全部色は黒だ。これは中二心が踊りますねぇ。

全員上がったあと、リビングに長テーブルを置き、昼食の準備を進めた。

「みんな何が食べたい?」

「カルェイが食べたいです」

「私はルァーメン」

「私はースパッゲッティでー」

「マアボードーフお願い」

「ファンバアグくださーい」

「ピイザで」

「サラダ十分です」
『ヘルプGREE』サラダ以外なにを欲してるか分からない...。

A:何となく察せると思いますが...。
上からカレー、ラーメン、スパゲティ、麻婆豆腐、ハンバーグ、ピザですね。

か、確認だし...。

A:.............

よし、じゃあとりあえず....(食べ物を召喚)

「わぁ、美味しそうです!」

「「「「「「「いただきます!」」」」」」」

「ん~美味しい」

「なかなかの味モグモグ」

あれ?そいえば...

「ダフネちゃんサラダだけでいいの?一応...暴食なんだし...」

「大丈夫ですよ、確かに私は無限に食べれますが、食べた分だけ栄養を蓄えれます。裏山に逃げ込む前に食べた分の栄養がまだ残ってるので食べる必要がないのです。」

なるほど...結構便利だな

「ん〜うめぇ!」

俺はこんなにうまい飯を食ったのは生まれて初めてかもしれない。うん、初めてだ。なにせ施設の料理はコップ1杯の水と白米だけ。

いやぁうまい本当に涙が出てきそう

昼食を取り終わった俺らは今後の対策を考えることにした。

「まず、奴らが攻めてこないように守りが必要だな」

「私たち魔族は魔物を召喚することが可能ですが召喚魔法は普通の魔法より魔力を多く消費します。
問題は私たちはかずとさんを召喚する際に魔力をゼロ近くまで使い果たしました。今では半分近くまで回復しましたが、召喚できるのは中級ドラゴン1、2体か、リザードマンなどの下級魔物を体力に出す程度でそれでは守りにはちょっと不安です」

なるほど...。魔力の回復は体力の回復より遅いのか...。なんか魔力回復のポーションとかないものか...。

A:『ヘルプGREE』魔力回復できるポーションとかない?

A:魔力回復ドリンクがありますよ。

「『想像召喚』魔力回復ドリンク×7本」

なんかリポビ○ンDみたいなビンが召喚されました。
見る限り液体は青く、とても飲めるのか心配です...。

「来ましたね....」

「みんな、覚悟は出来てるわよね」

「う、うん」

「だいじょーぶ...かなぁ」

「気合いっすね」

「いやいや、みんなそこまで無理しなくても...」

「大丈夫です、身体には問題ありません...ありませんが...」

そんなに不味いの?俺はよくわからんが

少女達はそれぞれ一本づつビンをとり栓を抜く。みんなこれから戦場にでも行くような顔をしている。

「みんな...生きて帰りましょう」
無言で頷くみんな、目配せして同時に飲んだ。

すると顔を真っ青にしてぶっ倒れた。『ヘルプGREE』何これ本当に飲ませて大丈夫だったの?...。

A:成分的には問題ありません

なるほど...味に問題があり過ぎるということか...。

しばらくしてみんな復活したが、まだ呻いてる。魔力は大事に使おう...そう心に決めた俺だった。いや、まてよ俺の固有スキルに底なし魔力ってあったような...。

何だかんだでダフネちゃんたちの魔力は全回復したようです。

「とりあえず私はワイバーン15体とアサルトワイバーン5体とリザードマン30体」

「私は爆発トラップ50個」

「わたしはーシャドードラゴンだすねー」

「わ、私は水竜を出します!かずとさんならもっといいの出せるんでしょうけど...い、いえ何でもありません!」

「私はこの屋敷にシールドを仕掛けて置く」

「私はオーク30体とスケルトン30体とアサシン」

「私は100メートル範囲レーダーを付けます。これで敵が来た時に警報がなります」

「『スキル創作』マップ、危険察知、気配察知、気配消去」

さて、これで準備は完了だ。あとはゆっくりするか、少女達が愉快に遊んでいる光景が見えてとてもほのぼのしている。けして、そうゆういやらしいことじゃないぞ。

~その夜~
「なぁみんな朝俺が言ったこと覚えてるよな?」

「「「「「「「「あっ....」」」」」」」

「かずとさん...考え直してくれませんか?」

「ダメ」   

「そんなぁ...」
まだ何もしてないのに泣きそうな顔されると困るんだけど...。

その後一人一人呼んでお仕置きをした。お仕置きの内容はふっとあの駄女神様を思い出したのでお尻ペンペンにすることにした。

ダフネちゃんをベッドで四つん這いをさせ、左手で抱え込む。そして右手でスカートをめくりスナップを効かせて思いっきり叩く。
バシッ
「ひゃんっ!」
バシッ
「あぁん」
バシッ
「ゆ、ゆるしてくださ..」
バシッ
「ひいっ!」
バシッ
「痛いよー」
バシッ
「ンヒィ」

けしていやらしくないよ、うん、ただのお仕置きだからうん。
ほらそこロリコンとか言わない。

一通り終わったあと俺は独りでいろいろ考えてみる。手が痛い、さすがに一人百回はやり過ぎたか...。
明日やることはただ一つ、領土奪還だ。一週間ぐらいしか経っていないから建築物はないだろう仮にあったとしても破壊するのだが...。

「ふぁあー」
とりあえず昨日あんまり寝れなかったから寝不足だ。今は睡眠こそ正義。

_____________________________________________________

まぁ、今回は際どかったですねーはい(笑)

友達が見てくれたらしく今日学校でキツい感想を頂きました(泣)
それがこちら
「いや、進みが遅すぎ...。なんか4話ぐらいまで全部プロローグのようなもんじゃん。それにステータスの999999999999999999999999999999999×ZZZとか幼稚すぎ」

※ステータスに関しては2月5日に修正致しました

……(o_ _)o パタッ





※真面目な謝罪その三
ダフネたちのステータス紹介の際、体力と魔力がMAXになっていたのを修正しました。すみません

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー204569

    んー、進みは確かにおそいな

    2
コメントを書く