話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

4話 勇者ならずして邪神

なんということでしょう、イケメン男がたった剣一振で跡形もなく消えてしまいました。

口を開けて呆然としている少女たち、さて気になるステータス見ましょう。

ステータスオープン!

前に浮かび上がったステータスを見て絶句した。

名前:カミジョウ カズト
年齢:16歳
性別:男
種族:魔族
職業:邪神
身長:172.4cm
体重:65.8㎏

LvMAX+999

体力:MAX+999/MAX+999
攻撃:MAX+999
防御:MAX+999
すばやさ:測定不能
魔力:MAX+999/MAX+999

使用可能魔法:全魔法可能(火・水・草・雷・風・土・聖・闇※全属性)

固有スキル:超隠蔽、スキル創作、邪王真眼、究極光属性キラー、底なし魔力、邪神の加護、主人公補正

称号:邪神様、転生者、災厄の神、魔族の神、滅びの神、歪んだ心、勇者殺し、救世主

説明:地球からの転生者。心がとてつもなく病んでいるが根は優しい

わーエグいそしてツッコミどころ満載すぎ

まず、邪神?どゆこと、ちょっと理解できない、てかしたくない。
次にステータス、女神様同様全てカンスト...神と同じ
_____________________________________________________

作者によるステータスの説明

99999999を超えるとMAXになり、さらにステータスが+999になるとカンストになるという設定にしました。

※2月5日に読者の要望により変更した内容です

_____________________________________________________

なるほどどこからともなくきた説明でひとまず納得、次に使用可能魔法....。いや、完璧に全部使えるのかよ、しかも闇属性って女神様でも使えなかったよね?

次に固有スキル、超隠蔽ってなに?


A:相手のステータスを勝手に見れる固有スキル魔眼、超魔眼のスキルを無効化できます。

うわっ!誰!?
いや、びっくりしたわ直接俺の脳内から女性の声が聞こえてきたよ

A:私は人口サーポートAIのGREEです、作者から自分のかわりにマスターの質問への応答およびヘルプを担当します。

....作者適当すぎない?


A:仕方ありません


なるほど脳内で考えたこと全てに反応してしまうのか...便利だがちょっとキツいな

A:コマンド制にして、普段はでないようにすることをオススメします。

おっ!そんなことできるのか

A:はい、マスターがもし私を使いたい場合は心の中で『ヘルプGREE』と言ってください、オフにしたい場合は『休んでいいよGREE』と言ってください。
 
ほうほう、とても使えそうだぜよろしくなGREE


A:はい、よろしくお願いします


さて次行こうか、魔法創作って?


A:言葉通り、魔法を想像のまま自由に作成できるスキルです。
すでに存在しているスキルでもマスターが習得済みでは無い限り習得可能です。


薄々気付いてはいたがこれは環境ぶっ壊れだな、いやこれさえあれば俺最強じゃね?


A:そうですね、神にも匹敵するでしょう。さすが邪神といったところですね


おそらくスキル創作というスキルも魔法創作と似たようにスキルを自由に作れるだろう...。


Aはい、マスターのおしゃった通りです

次にウグッ邪、邪王真眼だと!?

A:このスキルは見たい時いつでも全てのものを見ることができるスキルです。魔眼類のなかで最も強いスキルですね


生前俺の周りで流行っていたアニメの中二病ヒロインが使っていた邪王真眼というものがあって...。
たまたま右眼に眼帯付けて隠しているのが被って俺の仇名が邪王真眼になった。
まさか、ここででてくるとは...
あっ!そいえば右眼が見える!?



A:邪王真眼が右眼に宿ったことにより右眼が修復したようです。ただし邪王真眼は右眼しか使えません。

「ッッッッィィィィイイイイヨッシャアアアアァァァァ!!!!」

「「「「「「「ビクッ!!」」」」」」」
おっといけない

7人の少女が身震いしてる

あとはもう面倒臭いからいいや、いやまて勇者殺しってなんだ?いやまさか...


A:はい、マスターが先程消滅させた人がこの世界の勇者でもっとも強いとされていた人です

......................なんてこったい

_____________________________________________________
今回は少し長くなりました。_:(    _ ́ω`):_疲れたぁ
次回少女たちの正体があきらかn⊂⌒~⊃_Д_)⊃スヤァ...

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • メイプル

    …はい?

    2
コメントを書く