話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

1話 転生その一

目を開けるとそこには美しい女性が俺のことを睨んでいた。


「お目覚めですか」

「はい、死後の世界ってあるんですね」

死後の世界は誰もが気にすることだろうがまさか本当にあるとは思わなかっただろう。
辺り一面が殺風景な黒で、俺と目の前の女性しかここにはない。
 
「ええ、ちなみに神様もいますよ」


「へぇ、キリスト教徒とかが喜びそうだな」


「ちなみに私はエリスという女神です」

薄々気付いてはいたがやっぱり女神なんだな、やっぱりここは敬語の方がいいのだろうか?

「女神様直々ってことはこれから俺は天国か?


「それはないですね」



「んじゃ地獄か?」



「あなたたち人間は勘違いしているかも知れませんが、天国も地獄も存在しません。
その人のレベルに合わせて人生の難易度を設定し、命を与えるのが私の仕事です。」


「へぇ、てっきり俺は地獄行きを覚悟してたんだがな」

「私たちはあなた方に罰の与えなければ報酬も与えません」

「ところで....」

女神様は眉を寄せて問いかけてきた。

「あなたはなにをやったか分かっているんですか?」



「盛大に自殺しただけですが?」



「自殺は絶対にダメです!!殺人の方がまだマシです!!」

おいおい、殺人の方がマシってどうゆう事だよ

「自殺なんてしたらまたゼウス様に怒られて...ああもう!考えただけで嫌になってくる!しかも他の人も巻き込んで自殺なんて頭おかしいんじゃないですか!?」


なんだかんだ言ってるが結局保身が一番の駄女神様じゃねぇか

「まぁ、巻き込んじゃった人には悪いとは思ってますね」

これは本音だ。俺の悲劇をよりインパクト大にするためだけに犠牲にしたのだ。後は野となれ山となれと言った感じだがさすがに気が重い。

「はぁ...まぁいいや」

あ、いいんだラッキー


「んで転生する世界ですけどどうしますか?」



「あぁファンタジー感満載の世界でお願いします」



「わかりました。んじゃ転生の準備しますね」
 


「あのー...」


「何でしょう?」


「転生したらやっぱり...赤ちゃんから...」


「それは寿命で死亡した場合のみですね、余った命がもったいないので残りの寿命を消費するまで赤ちゃんに戻れることはないと思ってください」


「なるほど...」

命も無限にあるわけではないのだろうか?または女神様がめんどくさいだけなのか?
おそらく後者だろうと予想する。

「あと、この世界について色々説明しますね」



_____________________________________________________

思ったより長くなってしまったので次に回します。
すみませんm(_ _)m

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 鬼怒川 ますず

    1話の展開はどこでも見受けられますが、2話からの物語構成は良い。もう少し内容を捻って欲しいのが私としての感想

    6
コメントを書く