話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

海合宿①

「おい、アカデミーの海合宿が始まるそうだが、準備はできているのか?」

「はっ、できております」

そう言って出て来たのは、魔人の女だ

「よし、なら8月5日襲撃しろ」

「前のギルダとか言うくそは、使えなかったからな、
今回は期待しているぞ、ミル」

「はっ、期待に応えられるよう頑張ります」

そう言って女は去っていった



舞台は変わり、秋風たちは、合宿所へ向かうため

飛行機に乗っていた

なんでも、今回の合宿の場所は沖縄らしい

いったいどこからそんな金が出てくるのだろうか

アリスは相変わらずの爆睡だ

昨日、血原先輩にいじられすぎて疲れたのだろう

俺も寝よう

秋風はアイマスクをつけて沖縄に着くまで寝ることにした



『・・・・かぜ』

『・・・・あきかぜ』

『とうざんあきかぜ』

声が聞こえる

『誰だ?』

『俺は、レイ、まぁ、昔はドラゴンだった』

『意味がわからん、俺と何の関係がある』

『そのうちわかるさ、それより、俺たちを目覚めさせたいなら、条件がある』

『愛だ、愛の一部を俺たちが喰らい、それを糧として、お前たちの力となろう』

『意味がわからん、ちゃんと説明しろ』

『おい、どこへ行く、待てよ、おい』

そのレイと名乗るやつは去っていった

「・・・かぜ」

「秋風、ついたわよ」

「ああ、すまん」

どうやら夢だったらしい

「早く出ないと、迷惑よ」

「ああ、そうだな」

秋風とアリスは早々に飛行機から出ていった

「アリス、なんかへんな夢見なかった?」

「ああ、そう言えばみたわよ、けど、何だったかしら」

確かにそう言われれだそうだ

「思い出せないな」

「まぁ、いっか、早くタクシー乗らないとな」

「ええ、そうね」

秋風とアリスはタクシーで合宿所まで向かった




「これ、まじで?」

「ええ、ちょっと信じられないわね」

秋風とアリスは合宿所についた時、驚かされた

「豪華すぎだろ」

そう、超豪華なホテルにビーチ、本当に国立は半端じゃない

だが、その一方で・・・

「けど、みんな死んでるわよ」

砂浜の方に目をやると

みんな倒れていた

「おい、この程度か?」

「もっといけるだろ」

シビアに教えているのは水谷先生だ

「あの人本当にやばいわね」

「ああ、超厳しいしな」

「ひとまず、指示を聞きに行こうか」

「そうね」

秋風とアリスは砂浜に行った

「水谷先生、こんにちは」

「おう、お疲れ、会議はどうだったんだ?」

やばい、親睦会みたいなもんだとは言えない

「あ、ああ、いい感じでしたよ」

「そうか、いい親睦会だったんだな」

知っていたのかよ

「まぁ、ひとまず体操着に着替えておりてこい」

そう言って、水谷先生はカードを2人に渡した

「部屋のキーだ、なくすなよ」

「はい」

2人はホテルの部屋に向かった


「・・・・まじかよ」

部屋も超豪華だ

個室だし、綺麗だし、何でも揃っている

しばらく見惚れていた

はっ、まずい早く行かないと

コンコン

「秋風、まだ?」

アリスが来てしまった

「今行くから、少し待って」

秋風は急いで準備をした


「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く