話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

お見舞い ①

アリス対 血原の試合は血原の勝利で幕を閉じた

そして翌日行われた決勝では、最上が圧勝した

3位決定戦は、秋風の負傷により行われず

アリスが不戦勝となり、3位となった



「秋風、入るぞ」

仁が入ってきた

「ノックぐらいしろよ、病人だぞ」

すまんすまんと笑いながら言う

「いや、まさか入院するとはな」

まだ、仁は笑っている

「笑い事じゃねぇーよ」

「肋骨3本、左腕、左脚、そして指、全て骨折したんだぞ」

そう、最上との試合の後秋風は病院に運ばれ

診断した結果、入院することになった

全治1ヶ月だ

今の最新の技術をもってしても、これだけかかる

「ほい、エナジードリンク」

仁がエナジードリンクを投げて渡す

「サンキュー」

秋風はエナジードリンクを空けて飲み始める

「で、どうだったんだ、序列1位は」

「あれは最強だ」

「魔力がないからこそ、あれだけの技を連発できる」

「しかも、それに耐えれるだけの肉体がある」

「今回は惜敗だ」

後少しのところで、魔力が完全に空になってしまったしな

「そうか・・・」

「まぁ、騎士王戦 でリベンジだな」

「ああ、そうだな」

騎士王戦 の本戦は 3月に行われる

なんでこんな期間が空いているのかは謎だ

コンコン

ドアがノックされた

「秋風、入るわよ」

入ってきたのは、アリスと優樹菜だ

「よう、2人とも」

「  よう  じゃないわよ、 よう  じゃ」

「大丈夫なの身体は」

「見ての通りさ」

秋風は全身包帯グルグル巻きだ

「花置いとくわね」

やっぱ女子たちは、仁とは違うな

「ありがとう」

「綺麗だな」

優樹菜がにやける

「そうでしょ、そうでしょ」

「なんてったって、アリスが必死に選んだからね」

「ちょ、ちょっと優樹菜〜」

アリスは恥ずかしそうだ

アリスが選んでくれたのか、一生の宝物だな、枯れるけど

「ちょっと、仁」

優樹菜は、仁を手招きする

こそこそ何か話し合っている

そして、話し合いが終わると

「ちょっと俺たち用を思い出したわ」

「てことで、お先」

2人は病室を出て行った

あいつら、やりやがったな

「・・・・」

静寂がうまれる

「秋風、3位決定戦なんだけど」

「秋風が退院したらやらない?」

えっ?

ここで、その話がくるとは思わなかった

「え、いいけど」

「けど、俺が勝つけどいいの?」

アリスをからかってみる

「いや、私が勝つもん」

アリスが反抗してくる

めっちゃ、可愛い

「俺は本当に、こんな可愛い彼女を持って幸せ者だな」

アリスの顔が赤くなる

「今言わなくてもいいじゃない」

アリスがそう言った

本当に可愛いな

秋風は、アリスを抱きしめる

アリスもそれに応えて、手を秋風の腰にまわす

そして、2人は濃厚なキスを交わす

舌どうしがからまりあい、2人がつながったように感じる

そして、秋風とアリスがキスしている時

ガラッ

病室のドアが開いた



「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く