話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

合宿⑦

降谷に勝ち、秋風はベスト4入りした

ベスト4は、秋風、優樹菜、仁、そして、アリスのメンバーになった

組み合わせは、秋風と優樹菜、アリスと仁だ

まずは、アリスと仁の戦闘からだ

両者位置について、戦闘が始まった

仁は、普段は荒々しく、うるさいが、試合になると、植物を自在に扱う、繊細な魔法士だ

アリスは相変わらず、素晴らしい剣さばきだ

最終的な勝者はアリスだった

おそらく、仁の敗因の大きな理由は

攻めさせてもらえず、防戦一方だったからだ

次は俺の番だ、絶対に勝つ!

優樹菜は、身体能力×5   という固有魔法だ

剣などは一切使わない、バリバリの武闘派だ

今回は日本刀一本で行こうか

「それでは、両者位置につけ」

「バトルスタート」

まず、合図と同時に飛び出したのは、優樹菜だ

半端じゃないスピードで拳をふるってくる

秋風は、それを冷静に力を逃してさばく

「氷よ・・・・」

魔力を剣に集中させる

優樹菜は危機を感じたのか、バックステップで一旦引いた

だが、秋風はその隙を見逃さない

秋風は、地を蹴り空中を飛び

何もないところを斬り裂いた

その刹那

秋風が斬り裂いた直線上が全て凍りついた

ただ、凍りついたならまだいいが

巨大な岩のような氷が何重にも連なっているのだ

「氷斬・・・」

その光景に優樹菜も驚きを隠せない

「終わりだ、優樹菜!」

喉に剣を突きつける

「降参よ」

「勝者、東山 秋風 」

会場がどよめく

これで、アリスと再戦できる

「優樹菜、ありがとう」

「やっぱ、さすがね秋風くん」

「決勝も頑張って」

「おう」

決勝は今から10分後だ

時刻はもう6時をまわっている

よし、次はあの剣を使って勝つ!



秋風が決勝に上がってくるのは、大方予想通りだ

アリスは深呼吸をした

あれを使うしかないわ

そういって、アリスはそれを取り出した



10分なんて、あっという間だった

もう、決勝が始まる

「アリス、リベンジさせてもらう」

「いえ、次も私が勝つわ」

会場は盛り上がっている

「位置につきなさい、決勝戦を行います」

会場が一瞬で静かになる

「それでは・・・・・・・・・」

「バトルスタート!」

その瞬間、秋風は剣を2本出現させた

そう、炎一郎からもらった

蒼紅二対の剣だ

蒼の剣が『蒼凍(そうとう)』

紅の剣が『紅炎(こうえん)』だ

それに対してアリスは・・・・


「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く