話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

実家挨拶③

真涼さんから、いろいろと聞いた

秋風が酔っ払った私をここまで運んでくれたこと

その途中で、魔人から私を守ってくれたこと

そして何よりも恥ずかしかったのは

手を繋いでほしいとか、抱っこしてほしいと
秋風に頼んだことだ

顔が一気に赤くなった

てか、なんであいつそんなこと報告してるのよ

「ひとまずご飯にしましょ」

「はい」

秋風の家はかなり豪邸だ、

やはりWKUのトップランカーの給料はダテじゃない

「あの、今何時ですか?」

「6時30分よ」

「朝のシャワー浴びたいんですけど」

「わかったわ、そこを曲がって奥にあるわ」

「ありがとうございます」

昨日は寝たっきりだから、お風呂に入ってない

ありがたい

「ここかな?」

ガラッと扉を開ける

お風呂も広いわね

服、下着と脱いでいく

そして、そのままお風呂の扉を開けた

「は?」

「え?」

またもや、しばし固まる

目の前には、裸の秋風が立っていた

はぁ、またか

多分お互いがそう思っただろう

「あ、アリスおはよう。昨日はよく眠れた?」

「そうね、あなたも今からよく眠るわ」

まじかよ、そっちが急に入って来たのに

アリスはまた光の剣を取り出した

「それじゃあ、Rest in peace 」

ああ、終わった。

そう思った時、

コンコン、誰かが扉をノックした

「アリスちゃん、入るわよ」

まずい、この状況を母さんに見られ父さんに報告されたら、今度こそ灰になる

「アリスこっち」

「え?」

そのままアリスをお風呂の中に引き寄せた

ガラッと扉を開く音がした

「ごめんね、替えの下着とシャツ持ってないでしょ」

「私のやつがあるから、使ってね」

「は、はい。わかりました」

やばいやばいやばいやばい

素肌が触れ合って・・・・

「アリスちゃん?大丈夫?」

母さんがさらに近くまで来た

さらにアリスが身体を寄せてくる

あぁ、ここは天国なのか?

湯気でうっすらとしか見えないが

アリスの豊満な胸が見える

しかも、その豊満な胸があたっているのだ

まずい、意識が飛ぶ・・・

「ま、真涼さん、本当に大丈夫ですから」

「あらそう、ならいいわ」

バタっとドアが閉じられた

な、なんとか意識が飛ばなくて済んだ

「あ、あの、アリス、離れてくれないと動けないんだけど」

はっと、アリスが思い出したかのように、動いた

「ま、まぁ、今回は私が悪かったわ」

「アリス前を隠してくれ」

アリスがまた頬を赤らめる

「早く出てってよ!」

「ご、ごめん」

今回は素晴らしい収穫だったなぁ

と思いながら、服を着て、リビングに向かった

「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く