話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

クラス会②

剛力がアリスの部屋に入ってきた

「優樹菜、まってってば」

「わぁ〜、ちょうお嬢様っぽいじゃん」

「ベッドふかふかーー」

「化粧品も高級品ばっか」

「それでは〜、下着はどこかなー?」

「これかー、黒って、アリスっち、エッチだねぇ〜」

ほうほう、黒が好きなのか?

「ピンクも、黄色も、水色も、赤も、紫もあるじゃん」

色とりどりですなぁー

「しかもなんだこのカップの大きさは!」

「これは、このけしからん胸かー」

「きゃっ、ちょっと優樹菜〜」

「やわらか〜い」

やばい、いいぞ、剛力もっとやれ

「ゆ、優樹菜ちゃん、そろそろ、帰らないと・・・・」

「えーまだ全然探検してないよー」

「で、でも・・・」

そう、かよわそうに話しているのは

降谷 真矢だ

剛力たちには、帰って欲しいが、帰って欲しくもない

そんなこと思っていたからだろうか

「こっちの扉はなに?アリスっち」

まずいぞ、やばいぞ、

「優樹菜そっちはあけたらだめよ」

「えー、そんなこと言われたら、開けたく・・・・」

「優樹菜、ダメよ?」

「は、はい」

アリスが相当な殺気を出したのだろうか

剛力は引き下がった

「優樹菜ちゃん、帰ろう」

「そうだね、帰ろうか、真矢」

「じゃあ、また後でね、アリスっち」

「うん、また後で」

パタン、ドアが閉じられた

どうやら助かったみたいだ

「アリス、サンキューな」

「いいわよ、別に」

アリスには貸しをつくってしまった

「ひとまず寝ようかな」

時間まで寝ることにした


時間になった、今は4時だ

「よく寝た〜」

今から着替えて、イノンモールに向かわなければ

「イノンモールまで40分はかかるしな」

早めに着替えて部屋を出た

エレベーターで降りて寮を出ようとすると

「あのー、アカデミーまで行きたいんですけど」

「道わからないんで、教えてもらってもいいですか?」

えっ、アカデミーまでいけないってどゆこと?

「え、あの、今急いでるんですけど」

少女は涙目になった

「わ、わかった、教えるから、泣かないで」

それから五分間アカデミーまでの距離を教えたが

「道わかりました?」

「わかりません」

即答かよ!

クラス会開始まで、50分だ

「わかりました、直接案内しますんで、ついてきてください」

結局案内することになった

「速いですー」

「すいません、こっちもいそいでるんで」

「あと何分かかりますか?」

「もうちょっとですから」

いちいち、うるさい人だ

「あの建物です」

「ありがとう、助かりました」

「それじゃあ、俺はこれで」

「すいません、手間をかけて、また会いましょうね
   東山 秋風君」

えっ?

「君なんで俺の名前を・・・・」

「あれ?」

そこには彼女のすがたはなかった

「やばい時間が、いまから走っても間に合うか?」

秋風は走り出した


「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 真木 輝

    是非読んでください

    2
コメントを書く