話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

入寮初日②

え?

ドアを開いて、すぐ前にある扉を開いた時それは起こった

そう、裸の金髪碧眼の少女  アリス・イルバーナが部屋にいたのだ

お互い何が起こったのかわからなく立ち尽くしていた

そして、ようやく置かれた状況に気づいたのか

アリスは右手に、光の剣をつくりだした

「今から殺すけど、最後に言うことはある?」

「ええええ、あの、ごめんなさい、
   最後に言うことは・・・・・・・・」

「素晴らしいです。
   ごちそうさまでした」

アリスは頬を赤くして

「・・・死ね・・・・」

「ちょちょちょ、ごめんなさいごめんなさい
   謝りますから、土下座しますからー」

「問答無用」

「あーーー・・・・」

その瞬間俺は意識を失った

起きた、記憶は・・・・ある

残っている、あの素晴らしいボディが!

ああ、素晴らしい大きさだったなぁ

しばらくはあの映像だけで・・・・・

「起きたようね」

そこには、しっかり服を着たアリスがいた

「ごめんなさい、ごめんなさい、変なこと想像してごめんなさい」

「え?何を想像していたのかなぁ?」

また、光の剣がつくりだされた

「いえ、なんでもありません・・・・」

「そう」

「それより、なんで俺の部屋にいるんだ?」

「あなた、私にやられて頭おかしくなったの?」

いや、記憶は鮮明にございます・・・・うふ

「ここは、330室、私の部屋よ?」

へ?確かここは318号室だったはず

「とぼけてるのはお前だろ、ここは318号室だ」

「何言ってるの?ここは330号室よ」

「いや、318号室だ」

「それなら、部屋から出て確かめればいいじゃない」

「いいぜ、やってやるよ」

部屋から急いで出て行く2人

「ほら見ろ」

「ここは318号室だろ」

「なっ!そんなはずないわ」

「だって私は確かに330号室から入ったはず・・・」

「ちゃんと部屋にお戻りください、お嬢様」

アリスは頬を赤く染めて部屋に戻って行った

「さて、俺も戻るか・・・」

そして、さっきの新鮮な映像で・・・・・

「なんで、お前がいる、アリス・イルバーナ」

「なんでってこっちのセリフよ」

もしかして・・・・

「な、なんで、このドア繋がってるのよ」

「やっぱりか」

そう、アリスよ部屋のドアと俺の部屋がなぜか繋がっていたのだ

アリスの部屋と俺の部屋あわせて1LDKでできていた

その時電話がかかってきた、

「未登録の電話番号?」

「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く