話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

5組

「ここが5組の教室か」

「やっぱ、国立だけあってめっちゃ校舎綺麗だな」

確かに綺麗だ

「入るか」

ドアを開けた途端、教室中が静まった

「おい、あいつって・・・・・」

「ああ、入試の時に教師を一瞬で倒したやつだ」

「同じ、クラスとかすげーな」

「隣のやつは・・・・・誰だ?」

「しらねぇー」



「ひどい言われようだな、仁」

「お前との比較は覚悟していたさ」

えっと、俺の席は・・・・

「ラッキ〜、俺窓際だぜー」

「秋風は俺の後ろかよ」

「いろいろと縁があるな」

席つくか・・・

席に着いたとき、

「ねぇー、君、東山 秋風君でしょ」

「入試の日すごかったね」

「俺、潮見 拓也 よろしく」

「おい、抜け駆けはずるいぞ」

「俺は・・・・・」

うぉ、なんだなんだ

「みんなよろしく、俺のことは仁と呼んでくれ」

「・・・・・・・」

「誰?」

静まり返った

「あははは、こいつも結構強いぜ?なぁ、仁」

「お、おう、当たり前だろ」

「へぇー、東山くんが認めるほどなんだ」

「よろしくな、仁」

「お、おう、よろしく」



「・・・ありがとよ、秋風」

「いいってことよ」

その時、スーっと、ドアが開いた

入ってきた少女は、アリス・イルバーナだ

次はアリスの周りに人が群がる

「お前より人気者だな、秋風」

「さっき助けてやったのは、誰だったっけな?」

「すいません、秋風様」


「おーい、席につけ」

みんな素早く席に着いた

「担任の  水谷 蒼也だ 」

「これから1年間お前たちをみることになった」

「よろしく」

「さぁ、突然で悪いが、まず自己紹介を頼む」

「んじゃ〜、そこの緑のやつ、自己紹介しろ」

指名されたのは緑谷だ

「はい、緑谷 仁です。趣味はゲーム。特技は寝ることです。  うるさい奴ですが、よろしくお願いします。」

「緑谷ね」

「はい次は、東山、自己紹介だ」

「はい・・・」

「東山 秋風です。趣味は、スポーツ。特技は、スポーツです。よろしくお願いします」

「じゃあ次は・・・・」

「あっ、すいません言い忘れてました。
   アリス・イルバーナ、あなたに勝って、
   序列1位も取るんで、そこんとこよろしく」

「なっ・・・・」

「まじかよ、秋風お前なんてことを・・・」

「静かに!」

「どんどん行くぞ、なら次は・・・・」

「先生、私が自己紹介します」

「そうか、じゃあイルバーナ」

そこで手を挙げたのは、アリス・イルバーナだ

「アリス・イルバーナです。イルバーナ帝国から来ました
   趣味は、鍛錬。特技は、鍛錬です。
   よろしくお願いします」

「あっ、言い忘れてました。
   この学園では誰にも負ける気はありません
   東山 秋風  特にあなたには」

この女・・・

「そうか、じゃあ次は、そこの内気そうなの」

「はい・・・・・」




「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く