邪神と一緒にVRMMO 〜邪神と自由に生きていく〜

クロシヲ

第四百二話 演説

9章 Grim happy end


中央広場、それは、シグレが情報屋に話を聞いた広場の数十倍の規模を誇る国のメインストリート全てに繋がる広場。

図書館の本にそう刻まれていた広場が、そこにあった。

情報屋に話を聞いた広場でさえ半径50m程の範囲はあったのだ、しかし、この広場は桁が違う。
馬車などが数台並んで通った程度では通行の邪魔にすらならないほどの道の広さ、広場全体はパッと見で半径数百mはあるだろうか。

東京ドーム程の大きさがあると言われても驚かないほどの大きさの広場が今は押し寄せた国民と徴兵令により徴兵された男達により埋め尽くされていた。

そして、広場の中央、本来ならば噴水がある場所に、大きな何かが存在した。

それは、白で染められた木材で組まれた演説台であった。

ともすれば処刑台に見えてしまうその台には金の赤の縁取りを施された絹の布が敷かれ、端から垂れ下がるそれにはでかでかと国の紋章が刻まれていた。

「いつまでこんなことが続くんだ……」
「第二王子様と戦争をするだなんて……以前の王子には考えられないな」

「貴様ら!太陽王様の御成だ!静まれ!」

がやがやと騒ぐ民衆たちに、きらきらと輝く重兵装を着た兵士達が声を荒らげて命令する。

そうして場が静寂に満たされると、唐突に喇叭の音が周囲に響き、演説台の背後より一層きらびやかな衣装を纏い、太陽の意匠を施した王冠を戴く人が現れた。
整った顔に、輝くような金の髪に瞳に身長180cmはあろうかという長身。
完成された美に、人々は息を呑んだ。

「余が、太陽王である」

そうして、演説が始まった。


今回短くなってしまいました……すいません

誤字脱字や作品への意見等ございましたらコメントしていただければ幸いです

(誤字脱字がありましたら、何話かを明記・・・・・・した上で修正点をコメントしていただければ幸いです)

いいね、フォローもお願いします

Twitterのフォローもお願いします
(IDは@kuroshio_novelです)

Fictionalizerに参加したいという方は私のTwitterのDMまでどうぞ。

「邪神と一緒にVRMMO 〜邪神と自由に生きていく〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く