邪神と一緒にVRMMO 〜邪神と自由に生きていく〜

クロシヲ

第十二話 最後のボスと従魔の焦り

1章 始まりと邪神


つぎのひ

今日で始まりの草原のボスの最後の一体を倒す予定である。
草原では薬草なんかの採取ポイントもたくさん見つかったらしいので、そろそろ調薬をすすめていきたい。

このフィールドのボスは体力が減れば減るほど強くなるそうである。
今回はレベル上げも兼ねて従魔に倒してもらうこととして、草原へと進んでいった。

フィーと因幡、岩鉄、雲耀を呼び出し話しかける。

「今日はボスを君達だけで倒してもらいます。」

「「「わかりました」」」
「…」

「じゃあボス見つけたら教えてあげるからあとは自分でやってみてください」

数時間後

連携の練習などをしながらレベル上げをしていたのだが、流石にもうレベルアップはあまりしない様である。
寄ってきて倒したモンスターも10数匹程度である。もはやモンスターが従魔を避ける様になっていた。

とそんな事を考えていると地響きのような何かが走る音がすごい速度で近づいて来る。

「来ましたよ!」

即座に従魔たちは反応し、すぐに岩鉄を前衛にくかべとする陣形フォーメーションを組む。

  レッドブル 

赤い体毛を持つ牛、気性が荒く、何でも見境なく襲う、瀕死になると身体能力が上昇する

翼を授けてくれそうだが違う

スキル 突進 持久力 狂暴バーサーク

(説明文の最後ふざけてるでしょう。いや、私も某翼を授けるのやつかと思いましたけど運営が認めていいんですか…)

閑話休題それはそれとして 

ボスは突進を繰り返し、従魔は岩鉄でそれを防ぐ、もちろん岩鉄もダメージを食らってはいますがすぐにフィーが回復させている。
そしてそこに遊撃役のウサギ二匹が攻撃してHPを削っていく。

そのうちにレッドブルも自分の突進が効かないことに腹を立てたのか攻撃がさらに苛烈になって来ている。第2段階といったところだろうか。


因幡は怒っていた。無論、シグレにではない。主人にここまでの醜態を晒している自分にである。
 主人は自分たちを信頼しているからこそ厳しいことを言ったのだ。
なのに何だこの体たらくは!
主人なら苦にもしない敵に対して数十分もかかるとは!
別段被害を受けているわけでもないが、雲耀と二匹ふたりで攻撃してもほとんどダメージを与えられないとは!
そうして時間は過ぎていく 


一時間後

だいたい削るペースが10分でHP1割だったが、2割を切ったところからレッドブルがし暴れだバーサークしたことであまり削れなくなった。

「総員退避!」

「了解!」

コマンダーじみた声で従魔も全員引いたのを確認し、シグレは静かに刀を構えた。


レッドブルは怒っていた、彼はこの草原で生まれてから負けたことなどなく、彼の突進を受け止めたものもいなかった。
それがどうだ、ただ一体ひとりの相手に何回も自分の誇りである突進が止められているではないか。
しかも周りでは二匹のウサギがチクチクとダメージを与えてくるのも彼の怒りを後押ししていた。
他を狙うも全てあの石兵ゴーレムに止められてしまう
そして自身のHPが2割を切った頃、彼の怒りは有頂天に達した。
なりふり構わず自身の全力を解放し、反動のひどいバーサークさえ使った。これで奴らを殺せる。そう思っていると、奴らが全員後ろへ引いて、最初から見ていた男が自分に立ちはだかった。

彼は男のことを自分が戦えないから奴らに全てを任せているのだろう。最後にゆっくりと殺せばいい、と思っていた。

彼は知らない、それが間違いであることを
彼が見くびっていたものが、彼など圧倒できる切り札ジョーカーであることを

そしてシグレに突っ込んで行った彼は光る一筋の光を見て、何かを考える間も無く消えて行った。


レッドブルの鬼気迫る突進がシグレに迫る。

それに合わせて、シグレは刀を振り抜く。

ドサッ

何かが落ちる音

落ちたのはレッドブルの頭であり、おたまを失ってなお猛進する胴体であった。

ーシグレの種族レベルがアップしましたー
ーシグレのジョブレベルがアップしましたー
ーシグレの心器が覚醒しましたー
ー従魔「フィー」がレベルアップしましたー
ー従魔「フィー」がレベルアップしましたー
ー従魔「因幡」がレベルアップしましたー
ー従魔「因幡」がレベルアップしましたー
ー従魔「因幡」がレベルアップしましたー
ー従魔「岩鉄」がレベルアップしましたー
ー従魔「岩鉄」がレベルアップしましたー
ー従魔「岩鉄」がレベルアップしましたー
ー従魔「岩鉄」がレベルアップしましたー
ー従魔「雲耀」がレベルアップしましたー
ー従魔「雲耀」がレベルアップしましたー
ー従魔「雲耀」がレベルアップしましたー
ー従魔「雲耀」がレベルアップしましたー
ー《始まりの制圧者 初》を取得しましたー
ー《初心器覚醒者》を取得しましたー

〖プレイヤーの皆様にお知らせします。
始まりの草原 北のフィールドボス 「レッドブル」を「シグレ」様が討伐しました。これにより、北方面のマップを解放致します。〗           

〖プレイヤーの皆様にお知らせします。
「シグレ」様が初めて心器を覚醒させました〗

初討伐報酬 暴走赤牛の突撃槍

ソロ討伐報酬 魔石

そして、シグレは静かにログアウトした。


1章 始まりと邪神 fin


一章終了です。

基本的に章は短めになると思います

説明
              
 ソロ討伐報酬の魔石はゴーレムドロップより品質が良いものです

マップの解放はどのフィールドボスでもあるわけではないです   

次の章からはイベント編かな? 

誤字脱字や間違い等ございましたらコメントしていただければ幸いです

「邪神と一緒にVRMMO 〜邪神と自由に生きていく〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

  • ノベルユーザー126556

    一帯→一体

    1
  • レイ・ブラドル・ドラニス

    そう言えばメンテ中にログインしてるとアカウント抹消されるんだったっけ?怖ぇ、ログインしてあっ、今メンテ中か……って良くなる俺のアカウントは……

    4
コメントを書く