貴族冒険者〜貰ったスキルが最強でした!?〜

百合さん

9話 〜素材採取ーー裏庭編ーー〜

 
「先生!」 

「先生?」

「はい!いろいろと教えてもらうので先生と呼ぼうと思って!」

「うんうん!いいね!これからは先生と呼びなさい。」
「はい!先生。」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二人は裏庭に来ていた。裏庭には始めて来たが特に何もなくただ一つ古い井戸があるだけだった。覗いてみるとまだ水は枯れておらずキレイな水だった。鑑定眼でも飲水にできると出ていたので恐らくは緊急事態や何か問題があるときに使うものだと推測した。

「先生、採取を教えてもらうのになぜ裏庭なのですか?」

「うむ。まず、採取が冒険者に必要な理由から教えよう。たぶんそれを聞けばなぜ裏庭に来たのかわかるはずさ。」

先生が言うにはまず冒険者になると受けられる依頼がお使いと呼ばれるものから始まるらしい。Dランクになるまでは討伐依頼は受けられないからだ。お使い依頼のなかでもポーションなどの素材になる薬草採取などの素材採取依頼はなかなか報酬がいいらしい。しかも薬草の知識がない人の方が多いため先輩冒険者やギルド員に聞くしかないがあまり詳しくは教えてくれないらしい。

「ここまではわかったかな?」
「はい!」
「よろしい!鑑定が使えるならここに生えている草を鑑定して見るといいよ。」

名前:回薬草
状態:良好
効果:HP回復ポーションの素材。


名前:マナ草
状態:良好
効果:MP回復ポーションの素材。


名前:傷薬草
状態:良好
効果:傷薬、ポーションの素材。

「先生!回薬草とマナ草と傷薬草を見つけましまた!」

「そうかい!回薬草はHPを回復させるHP回復ポーションの素材で、マナ草はMPを回復させるMP回復ポーションの素材で、傷薬草は傷を治す傷薬と傷をすぐに治して回復させるポーションの素材になるんだ。」

「HP回復ポーションとの違いってなんですか?」

「HP回復ポーションはHPしか回復しないんだよ。たがら傷までは治せない。ポーションは傷を治すけどHPは回復できないんだよ。だから冒険者は基本この2本とMP回復ポーションを持っているよ。ちなみに、これがHP回復ポーションとポーションだよ。冒険者ギルドで買えるやつさ。」


名前:HP回復ポーション
等級:普通
能力値: 回復:C
耐久値:98/100
劣化速度:1日に耐久値2減少
効果:HPを50~150回復させる。回復量は耐久値により左右する。


名前:ポーション
等級:普通
能力値: 治癒:C
耐久値:96/100
劣化速度:1日に耐久値4減少
効果:傷を治療する。治せる傷は耐久値により変化。最大は刃物による切り傷。最小で擦傷。

「先生、これじゃ余り効果が無いきがするのですが?」

先生のHPは760000ある。自分はHP500しかないので、効果があるが先生に関してはあまり必要がないきがする。

「そうだね、このポーションは駆け出し冒険者が使う一番安いポーションさ。銅貨2枚で買える。ぼくや、ランクが高い冒険者は薬師ギルドや、薬師から直接別のポーションを買う。薬師ギルドか薬師しか冒険者ギルドにあるポーション以上の物を売ってないからね。錬金術ギルドや錬金術師も作ることができるけどあまり作ってないね。ちなみにこれがハイポーションだよ。」

名前:ハイポーション
等級:希少
能力値: 回復:A 治癒:B
耐久値:148/160
劣化速度:1日に耐久値2減少
効果:HPを2000~6000回復させ傷を治療する。回復量と治せる傷は耐久値により変化。

「HP回復ポーションとポーション、2つの効果をもつポーションさ。ポーションと違い治せる傷は範囲が広いから書いてないけど、流石に部位破損は治せないよ。」

「すごいですね。これらを作るために採取は大事ですね。」

「そうだよ。じゃあ採取を教えていくよ。ナイフ持ってる?」

「一応、採取ように持ってきました。」

「うん、それでいいよ。採取の仕方がわからず手で引っこ抜いて持ってくるやつがいるからさ。」

「よし、まぁ採取といっても根本を切るだけなんだけどね。切るときは地面から2cmくらいのところから切る。そうすれば一週間後にはまた、採取できるからね。やってごらん。」

「こうですか?」

「そうだよ、上手じゃないか。」

こんなかんじに採取を続け採取を獲得した。

「貴族冒険者〜貰ったスキルが最強でした!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 神威/カムイ

    更新待ってます。

    0
  • 帆楼

    最新はやくぅ〜

    1
  • ノベルバユーザー280334

    ファイト

    1
コメントを書く