話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

貴族冒険者〜貰ったスキルが最強でした!?〜

百合さん

2話 〜ステータス〜

教会といっても、キリスト教ではない。この世界での宗教は日本の神道に近い。すべての現象に神様が関わっていて元素に関しては、精霊神が関わっているなど、科学とファンタジーが混ざったような感じである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
二人が教会に入ると一人の神父と二人のシスターがやってきた。
「これはこれは、カリウス様ようこそ教会に。して今日はどのような用で?」

「長男が10歳になったのでな、ステータスとスキルを授かりにきました。」
「こんにちは、神父様。レイア・マテリアと申します。」

「ほっ、これはこれは、レイア様。私はこの教会の神父、シープスと申します。」

「シープス殿、覚醒の儀式をお願いします。どれ位で準備ができますか?」

「それでしたらすでに準備できております。どうぞこちらに。」

シープスに連れられ教会の奥の祭壇まできた。すると眼を瞑り祈るように言われた。

「世界の神々よ、この新しく成長する者に祝福と覚醒を与え給え。」

シープスがそう唱えるとレイアを光がつつみステータスが現れた。


ステータス
レイア・マテリア 10歳 男  人#
レベル1
HP500/500
MP30000/30000
力:E  守:B 体力:E 速:C+ 魔力:SSS+ 
〜スキル〜
剣術:C(制) 体術:C(制) 全属性魔法:EX
隠蔽:EX 隠密:EX 創造:EX
神壁:― 神域:― 神眼:― 神装:―
神食:― 神得:― 神界:― 永遠の愛:―
(制:成長すると開放される)
〜称号〜
リウラス王国ナリウス領辺境伯長男
##の血を受け継ぐ者
##に愛されし者
〜加護〜
##の加護
創造神の加護
隠遁神の加護
魔神の加護
恋愛神の加護


「どうだった?」
「(なんだこれ?取りあえずあとででいいや)内緒です。今日の夕食のときに教えるです。なのでいまは見せないのです。」

「そうか、夕食がたのしみだな。」


「貴族冒険者〜貰ったスキルが最強でした!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キルヒアイス

    頑張って更新して下さいね。

    4
コメントを書く