イセカマジックストーリー《異世界×オカマ×魔法》

毛玉毛糸

33トラウマ

「っ!」

一人の男がベッドから跳ね起きた。その額には汗が滲み、顔色も悪い。
男は荒い呼吸を整えようと、一度深呼吸をする。

夢を見た。かつて愛し、尽くした女性が無惨にも殺される夢だ。

否、それは夢ではない。かつて起きた悲しむべき現実である。しかし同時に、断ち切るべき想いでもある。

それは当人が一番理解しているだろう。受け止め、振り返らず、前に進むべきであり、それはかつての想い人さえも願っている事だと分かってはいる。
だが、それは同時に彼女を忘れることなのではないか。
そんな思いを今まで何度したか分からない。

きっとその思いは、果たされるべき復讐が存在する限り残るのだろう。

コンコン

ドアがノックされ、男の声が外から聞こえてくる。

「グレン、入るぞ。」

グレンがノックに対する返事をする間もなく、男は部屋に入ってきた。

「なんだ?」

不機嫌そうにグレンは同僚を見た。

「うわ、お前顔色悪いな。風邪でも引いたんじゃないか?」

同僚の言葉に、グレンは深い溜め息をつく。

「誰のせいだと思ってる?お前が昨日何も言わなければ…。まぁいい。で、用は?」

「ペリギア支部から連絡が入った。金髪の少女、紫がかった髪の少女、黒髪の少年、ローブに身を包み、フードを被ったオッドアイ。昨夜、そんな奴らがペリギアの宿に泊まったらしい。」

それを聞くと、グレンは目を見開いた。
額には、引いたはずの汗が再び滲み始める。

「まさか!ネロちゃんやウィル君も一緒なのか!それに、ローブのオッドアイって…」

「あぁ、多分別の班が追っている竜族だろう。そっちは早く捕まえて殺さないと、国民が危険だ。」

「今すぐペリギアに向かうぞ!」

そう言ってグレンはベッドから降りて軍服に着替え始める。
そんな様子に同僚は落ち着けと合図するが、グレンには見えていないらしい。


「行くぞ、二人の人間の命が危険だ。」

「はぁ。俺、もう死にかけるのは御免なんだけどな。」

同僚は冗談っぽく、やれやれと言いたげに首を振った。

「いいから!」

グレンは昨夜まとめておいた荷物を持ち、急ぎ足で部屋を出た。

一人部屋に残された同僚は、どうしてか何かを悟ったような顔をして、口角を少し上げた。

「あくまでも彼女は『魔女』なんだね。その思考が仇とならないことを願っているよ。」

「早く!」

部屋を出たグレンの声が、微かに部屋に届く。
それに反応して、はいはーいと言う同僚の顔は、いつもの彼の楽観的な表情に戻っていた。




33話目にして、ついにネロとウィルの外見が決まるという何とも無計画な物語。
我ながら驚きです。
(ごめんなさい、ふざけてないです、ごめんなさい。)

「イセカマジックストーリー《異世界×オカマ×魔法》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く