イセカマジックストーリー《異世界×オカマ×魔法》

毛玉毛糸

17ダンジョン

ダンジョンの中はゴツゴツした岩場のような感じで、戦闘には不向きなステージだ。だが、入ってから10匹は魔物を倒しただろう。ネロの言ったとおりA級魔法なら属性関係なく一撃で倒せるようだ。不安はもうない。

「ネロ。このダンジョンって階層みたいなものはあるの?」

「ええ。あるみたいよ。でもどこまで潜っても魔物はそこまで強くならないわ。3階層までしかないみたいだし、初心者の狩り場みたいな所だから。」

少し物足りない気もするが、今のレベルでも十分戦えるなら問題ない。

「お!噂をすれば、エリア移動階段があるわ。行ってみましょう。」

2層目か。そこまで敵のレベルは変わらないだろう。気楽にいこうじゃないか!

階段を降りるとさっきまでとは随分かわって氷ステージのようだ。赤属性が輝くときだな。

そんなことを考えていると、魔物が飛び出してきた。
雪だるまのような感じのやつだ。牙や爪などは無いように見える。

「根性焼き魔法がやっと役立つ笑」

やっときた感で思わず呟いた。小声だったため二人には聞こえていないようだ。

「ネロ、ウィル。ここは私に任せて。」

「え?まあいいけど。」

「僕サラの本気見たい!」

反応はそれぞれのようだ。とりあえず、根性焼きをやってみよう。

雪だるまが近付いてくる。それの手には雪玉が握られている。射程圏内に入ると、その雪玉を投げつけてきた。

とりあえず、この雪玉で試してみるか。

右手の平を前に出し、雪玉がぶつかるのを待つ。炎を撃つイメージをしながら。

雪玉はそれなりのスピードが出ていたのか、当たった瞬間は少し重く感じた。しかし、その時にはもう雪玉はなかった。

おお!なんか強キャラっぽい!

調子に乗って思いっきり雪だるまを平手打ちした。すると雪だるまは一瞬で弾けてなくなった。倒したときにはこのようなエフェクトになるらしい。

こんな感じで第2層は難なくクリアした。

「イセカマジックストーリー《異世界×オカマ×魔法》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く