イセカマジックストーリー《異世界×オカマ×魔法》

毛玉毛糸

1-2決断

「ん、んん…眩しい…」

もちろん願いなど叶うはずもなく、カーテンの隙間から射し込む光がベッドに寝る俺の顔を照らしていた。

「はぁ、今日もダメだったかぁ…少しくらい、俺にも面白いこと起こらないかな…?」

こうして毎朝の日課になってしまった落胆を終え、準備をして家を出た。

「あ…!」

自転車の鍵を部屋に忘れたことに気付いたが、まぁ早く行っても疲れるだけだし、歩くことにした。



いつもより少し遅く学校に着く。

「はぁ…」

やはりこの教室の前に来ると溜め息が出てしまう。今からまた地獄が始まるかと思うと仕方ないのだが。

ガラガラガラ

扉を開けると、ホームルーム開始時間5分前だというのに何故か既に担任が来ており、何やら神妙な面持ちで教卓にいる。

「これで、全員揃ったな…?山本、早く席につけ。」

どうしたのだろうか。いつになくローテンションだ。

「あ、はい」

俺が席につくと、担任の重い口がようやく開いた。

「とても、悲しい知らせがある。じ、実は昨夜、根室が車に跳ねられた。跳ねた車の運転手が急いで病院に連れていったらしいが…残念なことに、亡くなった。」

クラスがざわつく。突然そんなことを言われたら驚くのも無理はないが。

ざわついたまま、ホームルームは終わった。

「アイツ死んだって、まじぃ?ウケんだけどー!いらなかったし死んで当然!クラスがきれいになったわぁ」

根室をいじめていた奴らだ。

クラスメイトが死んで、そのテンションとはクレイジーだな。

「でも残念…根室は結構いじめやすかったんだけどなぁ。ねえ!今度は誰やる?」

うわ、もう次のターゲットの話かよ。たしかに交通事故なら責任も何も感じないか…

「俺が死んでも、そんな感じなのかな…?」

無意識に声が出てしまった。誰かに聞かれてはないだろうか?

そんなこんなで授業は始まった。




キーンコーンカーンコーン



昼休みだ。今日も赤井がいない。授業サボって飯でも食べているのだろうか?まぁ、どーだっていいんだが。

「屋上で食べるか…」

基本は使われていない屋上だが、鍵はかかっていないため出入りは自由だ。

弁当を持ち、階段を上る。このまま飛び降り自殺でもしようか、と考えながら。

屋上には先客はいなかった。自殺するにはいいかもしれない。下を見下ろす。

この高さから落ちたら、まぁ助からないだろう。都合もいい。死ぬか。俺の代わりなんていくらでもいるんだし。

フェンスなどはないため、なんの手間もいらなかった。青空を見上げ、笑顔で空へ一歩踏み出す。バランスをとれなくなった体は回転を始めて落ちた。

地面が近付いてくる。
怖い、固そう、痛そう!

し、死ぬ!

地面に着いた瞬間はとてもとても長く感じた。スローに見えたという方が正確だろう。
その分、痛みもじわじわきた。

気付くと自分の血が地面を濡らしていた。

まじか、即死じゃねえのか…

意識が遠くなる。寝る瞬間のように。

「どうか、俺を…異…世界…へ…」

何を言っているんだ。死ぬっていうときに、なんで祈ってんだよ。
自分の能天気さに呆れた。そして、瞼を閉じた。

その時にはもう、俺の中に生命はなかった。

「イセカマジックストーリー《異世界×オカマ×魔法》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く