異世界破壊のファートゥム

蒼葉 悠人

26話 啓吾と晋次

鍵をもらいリッカの家で一日を過ごした俊哉はその日の異世界生活も同時に終わらせていた。

 「なあ、キテラ…」

 「なに?俊哉くん。」

悲しみに染まった顔で俊哉が聞く。

 「リカ、あの子がどうなったかってわかるの?」

キテラが呆れた顔で答える。

 「わかるよ。」

その言葉に俊哉が食い付く。

 「なぁ、教えてくれよ。リカのことを。」

 「それは無理。」

俊哉が不思議そうな顔をして訪ねる。

 「何で?何で教えてくるないの?」

 「じゃあ、聞くね。それを知ってどうするの?興味本意で人の事を聞くのは時に失礼にあたるよ?」

キテラの質問に何も答えることができなかった。 何故なら、聞いたところで何かできるわけでもなく、変わるわけでもない。それに興味本意でって言うのも間違いでは無かったからだ。

 「ごめん。ただこれだけ教えてくれないかな?リカは最後喜んでたかな?」

 「死者の声を聞く事のできる者が異世界にはいる。当然それも能力者だけど。」

 「能力なら、いい。探す必要なんてない。原理を教えてくれ。そうしたら俺が直接聞ける。」

その言葉にキテラが怒る。

 「あんたねー。何でもかんでも聞こうとしないで少しは自分の力で頑張って見なさいよ!もういい。今日は話す気失せた。」

そういい俊哉を強制的に現実世界に戻す。


目が覚めるとよく知っている俊哉の部屋だった。朝食を食べ学校に向かう。

 「憂鬱だな今日も。」

 「勝手に俺の心をアテレコすんな。」

その声は啓吾だった。

 「やぁやぁ、俊哉くん。」

 「お前はいつも元気だな。」

途中で会った啓吾と学校に向かう。授業を四時間終え昼食の時間になる。

 「幽霊の声を話せる人間なんていないだろ?」

 「だよな〜。」

 「いいや、一人いるよ。」

そう言って現れたのは信次だった。

 「だ、誰なんだよ。」

 「啓吾。」

俊哉は意味がわからなくてフリーズした。

 「啓吾?どうして?」

 「啓吾の能力だよ。死んだ能力者の召喚。そして使役する。」

 「は?」

何言ってるの?こいつ。という顔をする俊哉に衝撃な事実が告げられる。

 「なんだよ。あっちの世界で言うんじゃねえのかよ。」

 「でも、俊哉が困ってるし。」

二人で会話を進められて追い付いていけない俊哉。

 「え、結局どういうこと?」

 「要はだ、俺らも異世界に行ってるってこと。能力者狩りの一件が終わった後会おうと思ってたのに、なかなか会えなかったから。」

 「ちなみにピュートーンを倒したのは俺らだよ。」

 「あいつは弱かったよな。」

二人で盛上る晋次と啓吾。

 「あー、そうだった。能力者の召喚だよな。」

 「また異世界に行ったときな。」 

そういい帰っていく二人を見つめていた。

 「俊哉くん、今日も行ってらっしゃい。」

キテラのいつもの台詞で異世界生活が始まる。

 「俊哉さん。」

目の前には優花がいた。
(今日はお花畑からのスタートかよ。嬉しいなー。おい!)

 「リカちゃんのことで1つ聞きたいことが。」

優花にリカから貰った鍵の事を聞かた。

 「その鍵、見せてもらってもいいですか?」

優花に見せるとジロジロとその鍵を見て独り言をブツブツと言った後返してくれた。

 「この鍵がどうかしたの?」

 「いえ、特に何もないです。今日はこと後ご予定とか有りますか?よかったら私と」

せっかくの優花からの誘いを断る俊哉。

 「ごめん。今日はこと後行くところがあって。」

 「そうなんですか。それは仕方ないですよね。」

そういい残念そうにしている優花と別れる。
俊哉は優花と別れた後バグローズに向かった。啓吾と晋次を探すために。

 「カリーナ。」

お花畑にリーゴがやってくる。

 「あの鍵は?」

 「間違いない。あの鍵はパンドラの箱の鍵だよ。」

 「ノア様には?」

 「いや、告げなくていい。」


バグローズでウロウロしていると後ろから知った声が聞こえてくる。

 「俊哉ー。」
 「俊哉くん。」

啓吾と晋次と合流することができた。

 「じゃあ、場所を変えて早速始めようか?」

啓吾に言われるがまま王都から少し離れた森に向かう。 

 「ここなら邪魔は入らないはず。」

 「呼び出したいその子の名前は?」

 「リカだ。」

 「オーケー。じゃあ始めるよ。」

啓吾が早速始める。

 「俊哉。」

少したち啓吾が真剣な顔をしてこちらを見る。

 「どうしたんだよ?」

 「その女の子の名前本当にリカであってる?」

絶望に染まる俊哉。

 「俺その子の本当の名前知らないんだよ。」

 「なら無理だね。名前を知らないと呼び出せないから。」


 「もー、バグローズって遠いから嫌いなのよ。何でもっと近くにいないわけ? 」

 「そんなにイライラするなよ。だから、もう少し後でもいいんじゃないかって言ったんだよ。」

 「うるわいわねー。いいでしょ。これ以上待つと運命が変わっちゃうの。」

 「鈴華が言うと重さが違うね。さすが運命のアルカナ所持者だよ。」

 「そんなに誉めなくても何も出ないよ。海斗。」

 2人の少年と少女が話ながら山道を歩く。

 「なんかあったら守ってよね。」

 「もちろんだよ。この塔のアルカナにかけて。」

「異世界破壊のファートゥム」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く