異世界破壊のファートゥム

蒼葉 悠人

12話 要塞攻略 Ⅲ

 「一人目〜。次はお前だよ?」

その言葉、その表情、その瞬間すべてに対して恐怖心が生まれる。
 (恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い)
一歩一歩近づいてくる恐怖。絶対的な力の差。俊哉は諦めていた。
紅林が俊哉を殺そうと拳に力を入れ殴ろうとした時、廊下の方からナイフが跳んできた。

 「何勝手に死んだことにしてんだよ。」

廊下から、吹き飛ばされたはずのあきが戻ってきた。

 「あれ〜、あの蹴りで死ななかったんだ〜。」

 「昔とやり方が変わってないおかげでなんとか無傷ですんだよ。」

あきは紅林の蹴りが当たる前に剣を作り盾として使っていたので大きな攻撃にはならなかったらしい。

 「俊哉、あんたは手を出すなよ。こいつは私が殺す。」

  「お前に俺が殺せるとでも〜。いいから二人でこいよ。じゃないと死ぬぞ。あの間抜けな王と同じようにね〜。」

 「てめー。殺す。今すぐ殺す。」

高笑いをする紅林に怒りで我を忘れ感情的に切りかかる。

 「あきさん!それだとだめだ!もっと感情をおさえて。相手の思うツボだよ。」

感情的に切りかかりにいくあきをとっさに止めにいく俊哉にあきがさらにイラ立つ。

 「邪魔なんだよカスが!引っ込んでろ!」

そう言って俊哉を押し飛ばし再びイルマにへと斬りかかりにいく。

「視力強化」
 
「瞬発力強化」

紅林が呟きながらあきの攻撃をヒラヒラと交わしていく。

 「なんで当たんねえ!」

 「お前には無理だよ。」

あきが大きく斬りかかる。それを交わす紅林。大きく切りかかった後にできる少しの無防備な時間そこに

 「脚力強化」

強力な蹴りを一発あきに当てる。とっさに剣を作り盾にするあき。しかしフェイントをかけられ横腹に蹴りが当たる。体が空中でくるくると回りながら蹴り飛ばされる。

 「あきさん!」

すぐに回復に行かないと!ととっさに動き出す俊哉。

 「なに?戦う勇気でも出てきたの〜。」

そういうとすごい早さで俊哉の方に向かってくる。ほんの一秒もしない間に目の前までくる紅林。

バーーーーーーン!

一瞬だった。目の前に紅林が、と思った瞬間世界がすごい早さで回り、気づいたら壁に叩きつけられていて左のあばらが全て砕けて激痛を走らせていた。

 「ぎぃあゃーーーーーーーー!」

今で発したことの無いような声が出る。急いで治癒能力で治す。

 「みんな弱いね〜。
なんでそんな力でここに攻めてこられたのか〜。
とくに、あきだっけ〜?
君は親父の敵討ちをしに来たんでしょ〜?
ならもっと頑張らないと〜。」

ボロボロになった体を起こして紅林にもう一度立ち向かうあき。

 「親父と全く同じだね〜。
学ばない一家だ。弱いくせにでしゃばるから〜。」

 「私は弱くはない。前とは違うんだ。」

 「手も足も出ない状況は変わらないけどね〜。」

 「腕力強化」

そう言って軽くあきを殴るとあきの首を掴み俊哉の方に投げ飛ばす。

 「そいつも治してやれ。つまんね〜から。
そもそも肉体強化の能力者に一人ずつ来んなよ。二人で仲良く来い。
そろそろ飽きてきたし殺しちゃうかな。」

そう言い猛スピードで接近してくる紅林はその勢いに腕力強化を加え、俊哉の頭蓋骨を砕こうと殴る。

その時「フッ!」と言う笑い声が聞こえた。

血が勢いよく出てくる。

 「ちょっとヤバいこれ。細胞強化」

綺麗に切れた紅林の右腕が飛んでいきく。急いで細胞の働きを強化し止血をする。

 「何しやがった!てめぇ。」

そこには不気味に笑う俊哉の顔があった。

 (な、言っただろ?)

俊哉は紅林の攻撃を受ける瞬間心の中から、顔を少し横にずらしあきの持っている刀を取れ。そのあと顔をずらした方向と逆の方向におもいっきり剣を振り上げろ。と言う声を聞いていた。

 「くそが!まぁいい。腕の一本くらい。」

紅林が止血をしている間にあきの治療を終わらせた俊哉。

 「あきさん!」

 「言いたいことはわかってる。悔しいが私一人では無理だ。戦えるんだろうな。」

 「もうびびったりしません。ちゃんと戦えます。」

 「そうか、なら、準備しろ俊哉」

あきの言葉で渇をもらう俊哉。
俊哉とあきの二人は剣を作り戦闘体制へと入る。

 「行くぞ、俊哉!」

やる気注入の、ため叫ぶ俊哉。

 「反撃開始だ!」

「異世界破壊のファートゥム」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く