話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

忍者修行は楽じゃない?!〜普通ライフを送るために修行せざるを得ませんでした〜

フユヤマ

29話 俺の本当の気持ち

 

   「どりゃどりゃどりゃどりゃどりゃぁああ!」
   『ぐぬぬっ!?』

   俺は悪魔に近寄られないように刀を振りまくり、風を巻き起こした。

   『それなら……!』

   手のひらを前にだし、何かを呟いた途端にズカズカと俺の方に近づいてきた。

   『バリア張ればいいだけじゃねぇか』
   「くっ……!」

   俺は剣術をまだ師匠から習ってない……!だから接近戦に持ち込まれたら大分不利になってしまう。
   ……そうだ!だったら!
   俺は刀を鞘に納め、足元に置き、

   「3人とも!来いっ!」

   そう叫ぶと、俺の前にマシロ、ノノ、アマの3人が瞬時に現れる。

   「「「お呼びですか?」」」
   「あぁ……そいつを全力で足止めしてほしい!」
   「マスターにそう言われちゃあ、やるしかない……でしょ!!」

   マシロが地面に触れながら、力むように言うと悪魔の足元の周辺はもちろん、悪魔の足全体を凍らせて動けないようにしていた。

   『なんだ、これは…?!…氷?!』
   「ナイス、マシロ!これなら……どうだ!?」

   俺は足にマナを集中させ、動けなくなってる悪魔の後ろに瞬時に回り込み、拳にマナをエンチャントさせ、殴ろうとした。
   剣術が駄目なら素手でやれば良いだけのことだ…!

  「ぐはっ!?」
   
   しかし、再び腹部に鈍い衝撃が加わる……

   『本当に学習能力がないん……なに…?』
   
   悪魔は俺の腹にバリアをねじ込むことができたように思ったのだろう。
   しかし、再び腹部に鈍い衝撃が加わる、直前で俺はもう片方にエンチャントしていた手で最初から予測していた腹部への攻撃を受け止めた。
   この一瞬を俺は逃さない…!
   
   「なぁんちゃって!…ノノ、頼んだ!」
   「ま、まかせて!せいっ!」
   『ガハッ?!』

   ノノは火を纏わせた拳で悪魔の頬に正拳突きを1発かますと、凍って動けなかったはずの悪魔は凍っていた足がもげ、遥か後方へ吹き飛ばされていた。

   「まじかよ、ノノ…!」
   こんな小柄な少女の姿から想像できない超パワーを目の前にして俺は驚いていた。

   「う、うん、私いっつも、あの大きくて重い瓢箪持ってるから力がついっちゃって…それで……!」
   「さっすが、ノノちゃん!」
   「見事ですよ」
   
   た、確かにマシロよりも大きいしな、あの瓢箪……。

   『まじで痛ぇじゃねぇかよぉ…!』
  
   悪魔は頬を手でさすりながらこちらに歩いてくる。
   足はすぐに再生されていた。
   頬からは紫色の血が垂れている。相当のダメージだったようだ。しかし、

   『なぁんちゃって…!』

   手を離すと頬の傷は完全に治っていた。

   『てめぇらの攻撃なんざ喰らっても再生しちまうから意味ねぇんだよぉ!』
   「くっ……!」

     ……いや待てよ?それはおかしい!ならなんで俺の攻撃をガードする必要がある…?

   今までの悪魔の行動を整理するか。
   まず、師匠のクナイは腕でガードした。これは悪魔が言っていた再生のおかげで元通り。
   そして、俺がマナ放出で悪魔を狙ったがこれは食われてしまった。
   次に師匠の刀の攻撃をバリアでガード。これは師匠を殴り飛ばすためにしたこと。
   次に俺が刀で攻撃しようとしたが、バリアでガードされた。しかし、そのままバリアで顔面に攻撃された。
   そして、また俺がマナ放出をするがこれも食われてしまった。
   それで、マシロたちを呼んで、足を凍らせて殴ろうとしたら、またバリアでガードされたが、俺に気をとられてノノのパンチをもろに食らってがこれも再生。

   俺の攻撃が何一つ当たってない……!確かにマナ放出は仕方ない。あいつのマナは俺のマナだ。それは吸収されて当然だ。だったら何故、俺のただのパンチに気をとられる必要がある…?確実にノノの火の正拳突きの方が危険だろう。……つまり!俺があいつに触れちゃあいけない理由があるということだ。

   ………そうか、そういうことか!なんでこんな簡単な事に気付かなかったんだ、俺?!

   「アマ、少し頼みたいことがあるんだけど……」
   「はい…」

   俺はアマにそっと話しかける。

   『何、こそこそとやってんだぁぁあ?!!』

   とそこで悪魔がさっきクナイで倒した木をぶん投げてきた。

   「行くよ、ノノちゃん!」
   「う、うん!」

   マシロは地面に触れ、地面と共に飛んでくる木には氷の柱のようなものをつくり凍らせ、、悪魔の足には先ほどと同じように凍らせ、動きを止める。そこに両足に火を纏わせたノノが、回転しながら凍らせた木のところまで飛び……ってこれって…

   「ファイアトル◯ード!」
   「いや、それは色々と駄目だろぉぉおお!」

   凍らせた木を蹴り飛ばし、悪魔はそれをもろに食らった。
   こんな状況でもツッコミを入れてしまうとは、ムードも糞もありゃしない。これはツッコミ症候群と名付けておこう……うん。

   『これで終わりかぁ?』

   悪魔はまたすぐに再生していた。これで確信に近づいた。いやほぼもう確定だろう。

   「アマ、やれるか?」
   「はい、あと一回だけなら…」
   「わかった。元々、チャンスは一回だけだからな」

   この作戦を実行するのは良いんだが、やる事によって相手に確実に作戦内容がわかってしまうということだ。要するに失敗は許されない。チャンスは1度のみ。もうやるしかない……!

   『何企んでるか知らねぇがよぉ?!お前らの攻撃は意味ねぇんだぜ?もう諦めて……」
   「マシロぉ!やり過ぎていい!だけど俺らに影響を与えない程度にあいつを凍らせて!」
   『死ねぇぇ!!』
   
   悪魔は俺らに向かって襲いかかってくる。

   「よい……しょぉ!」

   ここでマシロがまた悪魔の足を凍らし、動きを封じる。

   『くそっ!スピードが速い!』
   「マスター!できたよ!」
   「よし!それじゃあ……!」

   俺は左手を悪魔に向け、マナ放出の準備をする。
   くっ…!マナの量が少ない…!これは本当に一発勝負ときたな……!
   俺は守りたいんだろ?紗由理を……俺は助けたいんだろ?師匠を……!これは自己防衛なんかじゃない!俺の本当の気持ちだ!だったら、このチャンスを逃しちゃ駄目だ!高島浩介!

   「マナの力よ!目の前のモノを粒子残らず吹き飛ばせ!!」

   俺はさっきよりも大きく、なるべく相手の吸収に時間がかかるように大きくマナを溜めて、放出した。

   『ゲハハハぁっ!いただきぃぃ!!』

   悪魔はそのマナを食った。が、さっきよりも長い吸収だった。この瞬間を狙っていたんだ俺は!
   俺はマナ放出をした瞬間にマナを足に集中させ、全力で自分で放ったマナを追うようにダッシュした。それでも悪魔との距離は意外と長かった。だから、俺は、

   「アマッ!風を!」
   「はいっ!」
   
   俺はアマの起こした風にのり、さらに加速した。
   悪魔は俺のマナのせいで俺の姿を感知できていない。吸収した頃には俺は悪魔との距離はほんの数メートルだった。

   『なにっ?!バリアを張…!』
   「遅い!」

   俺は風にのりながら、今度は拳にエンチャントをし、悪魔の出来損ないの薄いバリアをバリンッ!と割り、

   「やぁぁああ!」
   『ぐはっ?!』

   悪魔のマナをすべて吸収した俺は、悪魔の胸を貫いていた。

「忍者修行は楽じゃない?!〜普通ライフを送るために修行せざるを得ませんでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く