勇者召喚のち魔神転生

水夢ーー

仲間集め その5 〜オーガの村〜

「で…。連れ出すって言ったけど…。どこに連れ出そうか。」

((決めとけや))

ギルとアズたんの気持ちが一致した気がする。

「ん〜。フィーはどこに行きたい?俺的にはそのオーガの村見みたいんだが。」 

「……。貴方達が行ったところで死ぬだけよ。」

ん?なんて?俺達がただやられて死ぬだけって言われたような気がするんだけど?

「まぁ確かにねぇ…。軽ぅいノリで行くような所でもないかー。」

え?なんでギルまで納得してんの?

「おいおいギルさん?俺達が行って死ぬだけとか絶対ないじやん?」

「そーとも言い切れないよー?だって……」

ギル曰く、オーガはエグいくらい強いらしい。具体的に言うと…。

オーガ>魔族>エルフ=ドワーフ≧獣人族≧人族
となるらしい…。龍人族はまぁ伝説的すぎてわかんないらしい…。

てか?え?なに魔族よりオーガのほうが強いの?えぇ?

勢力的には魔族のほうが圧倒的らしいが個体的にはそ~言うことらしい…。大体オーガって勢力分布にもないじゃん!?オーガの繁殖力低くて助かったぁ…。

「そんなのが暴走してるとなるとねぇ…。どんぐらい強いかわかんないw」

wって何だぁ!!!?笑い事じゃねぇ!!

「けどまぁ…。私達、幹部だし?あんた神だし?大丈夫でしょ?」

アズたんの(?)が気になりすぎるよ!!

「案内してほしいなら行くかどうか早く決めてほしい…。」

「ぅ、うん!!とりあえず行きますか!!?」
 

……………………………………………数分後


「いやさ。近すぎん??」

ちょっと走ったら着いたやん。てかさフィーの足くそ早いんだけど?一応ステータス最強クラス何だけど?油断してると置いてかれるってぐらい速かったんだが!?この子何者!?

「………。ここがオーガの村よ。正確にはだった…だろうが。」

いやヒデぇな。なんかね。物々しい感じだよ。どっかから攫ってきたっぽい種族の残骸がいっぱい転がってるし?なんか魔物の死骸とかも転がってるし…。

「うーん。まぁなんとかなるでしょ。魔道具の存在は簡単に探知出来たし。」

「「「えっ!?」」」

「え?わかんない?あのでっかい家の中に変な魔力反応があるじゃん?その魔力がオーガさん達に纏わりつく感じ?わかんない?」

「わからない!!」

ふーん。俺だけかわかんのは。とりあえずあれ壊せば何とかなりそうだけど…。あれの周りにいるオーガの数がなぁ…。
あとなんか肌にビリビリくる感じ…。超強いやつがいる気がするんだよなぁー。


「よしっ!作戦会議!俺が色んなオーガを引きつけてるから!ギルとアズたんで魔道具ぶっ壊してきて〜。」

「簡単にいうねぇ…。けど確かに優じゃないとこの気配を出してるやつと殺り合うのは危険かもねぇ…。」

「魔道具壊すのくらい大丈夫でしょ〜?たかだか人間が作った魔道具すら壊せないんじゃ幹部はつとまらないっしょー。」

「ムカつくわね…。」

ってことでオーガを何とかしてみようと思います!はいっ!

「勇者召喚のち魔神転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く