勇者召喚のち魔神転生

水夢ーー

仲間集め その4 〜仮なかま〜

「誰も仲間になってくれねぇって何でわかるんだよ?お前らエルフって基本、どの種族にも中立何じゃねぇの?」

「まぁ、基本はね。人間には逆らえないのよ。今の私達じゃ。アンタも見たでしょ?王宮にいたエルフ。」

うん?王宮にいたエルフ………?あー…?何かいたなぁー。そんなやつ?ハイエルフだっけか?

「ベル様は私達エルフ族の長老家第一席の長女だ。そんなこんなで人間には手を出せん。他にも色々世話になってるからな。」

???

「一つ言っておくぞ?あいつらが誰かの世話をするなんてことは絶対にありえない。いいか絶対にだ。大体なにを世話してもらうことがあるってんだよ。お前らが人間如きに劣るとは思わねぇけど?」

「………。オーガだよ。この森の近くにオーガの里がある。近年、理由はわかっていないが…。オーガたちが理性を失ってそこらかしこを破壊しだしている。この森も例外じゃない。」


オーガ
正式名称を『鬼人』
高い身体能力、知力をもちドワーフには劣るものの鍛冶を行う文化ももつ。
生殖能力が著しく低く、現在いると推定される個体数は300程度。
寿命はとてつもなくながい。
伝承に残っている限りでは一番若い個体のオーガで400を超えたという種族。


「は?オーガが凶暴化?馬鹿じゃねぇの?本当そうだとして人間にそんなもんの相手ができっかよ?」

「それは私も不思議には思っているが…。あやつらが協力してからはこの森は襲われていない。」

この森は・・・・か。他の場所は襲われてるってことか?そうゆうニュアンスに聞こえたんだが?」

「………。」

ここにきてダンマリかよ。まぁ今までがペラペラとしゃべくり過ぎてただけか。

「で?具体的にどうやってそのオーガ達を止めてんだ?」

「魔道具だそうだ。それでなんとか破壊の行き先をコントロールしているらしい。」

十中八九それが原因な気がするんだけど…!?絶対コイツラ利用されてんじゃん…。

「じゃあそれについては俺がなんとかする。だから俺達と来てくれ。ここはお前にとっていい場所じゃないんだろ?」

「………!?そんなことはないっ…!!私の故郷はここだけだ!妹のためにも!私はエルフであるしかないんだ!」

………!!急にどしたんだ〜??言っちゃいけないことだったか…。

「妹がなんだ?お前を守って死んだか?灰被りなんかじゃないってか?姉様はエルフだってか?そんな事を言って仲間にでも消されたか?あ?」

さぁてどう転びますかな…。
頼むからいい方向に…!!

「……!!何故それを!……私はエルフなんだ!エルフは森を抜けることを良しとしない!私は外にはいけない!」

「はっ!笑わせんな!灰被りだの何だの言われて哀れな奴かと思えば!結局自分を一番認めてねぇのはてめぇじゃねえか?」

「……っ!」

「いいか?お前はダークエルフだ。それがなんた?お前はお前で、それ以外の何でもねぇ。こんな縛られたところが良いのか?」

「…………。」

お?なんかいけそうじゃない??えぇ?いいんでない??

「一度外に出てみろ。お前が信じた者が何なのか自分で見てみろよ?それでも嫌だってんならまたここにお前を戻しにきてやるよ…。」




長い沈黙が続く。

「一度だけだ…。それきりだ…。」

「はいよ…。」

やべっ!なんか、うまく行った!ふぇ〜地味ーズの俺がこんなに饒舌になるとわ…。

「あ、んで名前は?そういやきいてn」
「フィウィスプ…。」

返答はやっ!!

「呼びにきぃから…。フィーでいい?」

「……好きにすればいい。」


こうして優たちはフィーさんを仮メンバーとして仲間にしましたとか。


※マジで更新遅くてすみません…!これから最後の大会に向けて…。そして受験へと向かわなくては行けなくて…。またボチボチ更新するのでよろしくです。


「勇者召喚のち魔神転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く