勇者召喚のち魔神転生

水夢ーー

勇者の失墜 その1 〜暴挙〜

勇が迷宮に逃げ込んでから二ヶ月が過ぎた。
この王宮では勇に対する指名手配と早急に迷宮を攻略するようにとの命令が下っている。急激な戦闘力の上昇が求められたため、ついてこれなかった者とのステータス差は激しい。

「…おい。チンタラ歩いてんじゃねぇぞ…?勇をとっ捕まえる気あんのか??まだ攻略の2/1も攻略できてねぇんだぞ!?」

そう。勇者たちは現在迷宮を攻略中である。
既に攻略をすすめてから2週間。家庭系のスキルを持っているものの戦闘系ではない者たちは早々に離脱している。

つまりここにいるいわゆる攻略組は簡易的な食料と魔法による最低限の水の確保で攻略を進めている状態だ。

「しかし、成瀬。いくら攻略組といっても疲弊の色は明らかだ。いい加減に地上への引き上げを始めるべきだ。」

数日前から成瀬の急ぎすぎた攻略に異を唱えているのが、覇月零王はづき れおである。異世界に来る前までは学級の副委員長を努めていた。正面で目立つことはせず、しかし影から支える者としての信頼は絶大だ。

「ぁあ??ここまで攻略してきて勇の姿は発見できてねぇ!?つまりだ!俺らより下にいる可能性がでけぇってことだ!死体もみつかっえねぇ!それでいいのか!?」

「流石にこれ以上は俺らもキツイ。成瀬の指示には従いかねるな。撤退させてもらう。指揮は覇月きまかせる。」

攻略組の一員の海道も撤退を要求。撤退を認めない成瀬に変わって覇月に指揮をとるように要請した。

「まて海道!勝手な行動を…」

「了解。ここからは俺が指揮をとる。成瀬とまだ攻略を続けたいと言うものがいるなら俺は止めはしない。続けたい者は成瀬につけ。」 

場が静まりかえる。覇月も攻略を続けると思われる仲間がいないとの判断からこのようなことをいったのだろう。

「誰もお前についていく気は無いみたいだが?一人で攻略を続けるつもりか…?駄々をこねてないで地上に帰還するぞ。」

「…せぇ。」

「……??」

「うるせぇ!?俺に命令してんじゃねぇ!こちとら王女様からも任されてんだ!いきなり指示とばされても困んだよ!どうしても勝手にしたいなら俺に勝ってからにしろ!?」

成瀬がキレる。この所様子が変なのは他の生徒も気づいていたが、攻略による疲弊でそれどころでは無かった。しかしここまで明らかにおかしな行動をとれば、誰でも気づく。
成瀬は“常軌を逸脱している”

「流石におかしいぞ…。成瀬。いくら疲れているからも言ってもだな。………。おい南俺達全員に何らかの魔法、呪術の類がかかってないか調べてくれ。」

南楓みなみ かえで。魔術、呪術の類のものを看破することを得意とする生徒。いわいる感知系。

「わかった…。………。………!?うそ…!?若干だけど私達全員に何らかの呪術がかかってる!?けど…。私の能力じゃ何の能力かはわからない…。あと成瀬君だけ“強力”に呪術がかけられてる…。」

(………!?!?!!?)

クラスの全員が驚愕の表情を浮かべる。成瀬も例外ではない。聖剣を握ってからおかしくなったことは明らかだが。それが呪術と関係しているなど当の本人も気づいていないのだ。いや気にも止めなかったというほうが正しい。

「やはりな…。このところ何かおかしいとは思っていた。王宮が何かしらの術で俺たちを操ろうとしているということだ。」

「なるほどな…。勇は何らかの事実を知ったってことか…。」

「……??なぜそう思う。魔壁が罪を逃れる材料には直結しないと思うのだが?」

「いや。なんでもない。ただ先に戻った連中にしても成瀬みてぇに呪術をかけられてっかもしれねぇ。俺たちも若干だかかかってるってことは油断出来ねぇ。なんにせよ、王宮にもどるのも安全じゃないかもしれないってことは頭に入れといたほうがいい。」


覇月と海道が少しづつ状況を理解しつつある。

「勇者召喚のち魔神転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く