勇者召喚のち魔神転生

水夢ーー

仲間集め  その1 〜旅だち〜

最果ての迷宮から帰還して翌日。
俺はリアスの所に帰還の報告をしにきていた。

「とりあえず21階層まで攻略してきた。もう少し行こうとしたんだけどローウェンたちに止められたからね。」

「報告ありがとうございます。21階層まで一気に進むとは…。流石ですね。あのー。よかったらステータスを見せてもらえませんか?」

「ん?いいけど。」

人にステータスを見せるのはいつぶりだろうか。抵抗があるわじゃないから素直にみせた。

「!!!!!………勇。この魔力のステータスに+がついたのはいつからですか?」

「んー??いつからっていってもなぁ…。多分16階層のボスを倒したあたりかなぁ…。+ついてからはステータスのびてないだよねぇ。もしかして頭打ち???」

え??なに?やばいの??

「いえ…。頭打ちと言う訳ではないのですが…。この状態は領域外イレギュラーと言いまして。いわゆる常識では測れない存在のことを指します。」

「へぇ。いいじゃん。強くなったってことじゃん!」

「まぁそうなんですが…。気をつけてくださいね。領域外は自身でも扱いに注意がいります。力に溺れないでください。」

「うん。わかった。あぁ…。それとなんだけど次の迷宮攻略の前に仲間を集めたいんだよね。いいかな?」

「あぁ。勇には真の統率のスキルがありますものね。スキルを有効に使わなければですし。今なら勇さんの元に付きたい人もいるでしょうし。」

「ありがとう。じゃあ明日からいってくる。」

ということで仲間を集めることになった。
そして旅だち…。ひとまずエルフの里に行くつもり。そりゃいくよね!エルフが仲間とかもえるじゃん!

「おーい!俺らも連れてってくれよ!」
「わ…私もついていってあげる!」

「ギル!アズたん!でもいいのか?魔王軍の幹部だろ?」

「あー。良いらしいよ?なんか魔王様に勇の話すると真っ赤でさぁ。何でもかんでも「うんうん。」「そうですね。」しか言わなくなんのさ。ゆぅう〜〜??何かしたでしょう〜(ニヤニヤ)」

「やめい!詮索はやめい!つか何もしてねぇし!してねぇかんな!俺は知らねぇかんなぁ!!?」

「あせってるじゃん」

「アズたんは知らなくていーのだ!子供にはまだ早ぁい!」 

「アズたんっていうなぁ!!?子供扱いするなぁ!!」


とまぁドタバタしているメンバーだがこの三人で仲間を探しにエルフの里をめざすことになった。

「勇者召喚のち魔神転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く